【床造り】和室B(床の間)・和室C を畳からフローリングにDIY!

和室B(床の間) 和室C

和室A(寝室)での『 畳からフローリングへDIY 』と同様に、和室B(床の間)・和室Cも同じく畳からフローリングへと生まれ変わらせる。

 

和室B・和室Cはそれぞれ6畳間なので、合計12畳の広さ

今回は和室A(6畳間)の倍の広さになるけど、基本的には同じ作業をすればよいのだから、要領を得れば効率も上がる。

 

和室Aのリフォーム記事

梅雨対策!畳に潜むカビやダニが健康被害に!?思い切って畳を撤去処分する
思い切って畳を処分する!体調不良は古い畳のカビやダニのせいかも!? 梅雨の時期が来ると、なんだかジメジメした空気から体調を崩してしまう。 部屋の湿度計をみると、カビ・ダニ注意報のマークが点いていた。 ...

 

劣化した古い壁を漆喰で塗装したら、明るい部屋に生まれ変わった!
古い家の壁は砂壁で、触っただけでボロボロと砂が落ちてくる状態。 壁の色は暗い上にひび割れもしているので、壁を塗装して明るい部屋に生まれ変わらせたい。 この記事のポイント  壁の塗装は、自然素材の漆喰を使う。 壁の色が変わ...

 

畳からフローリングへDIY、湿気・通気・害虫対策で床下のメンテナンスをする
≪床下の構造≫ 床下を開放したら、家を守るために害虫予防や湿気対策をしよう! 前回の記事 作業手順 ① 床下を綺麗に掃除する。           ← 今回はココ ② その上に強力防湿シー...

 

【床造り】畳をフローリングにするため、床下地を構築する
≪床づくり≫ 畳をフローリングにするため、床下地をつくる 前回の記事 作業手順 ① 床下を綺麗に掃除する。 ② その上に強力防湿シートをまんべんなく敷く。 ③ 更...

 

【床造り・番外編】部屋にコンセントを増やしたい!そんな場合の応急処置法!
【番外編】古い家には部屋にコンセントがたったの一つだけ!?床下に延長コードを通して部屋にコンセントを増やす! 家電製品が増えて、部屋のコンセントの数が足りない! 一般的な家のコンセントは、一部屋に最低2か...

 

この記事のポイント 
 和室Aと同様に、和室B・C(合計12畳)の床下地を作っていく







和室B・Cの床下を綺麗にしていく

 

和室Bと和室C の作業を開始(・◇・)ゞ

この部屋は、単に襖で仕切られているだけの2部屋。

 

 

和室Aの時と同様に、何十年と畳替えは行われていない模様。

和室Aと同様に、床下から綺麗にする。

 

1-1. やっかいなアレを退治する!

 

以前、和室B・Cの不用品の回収業者に引き取ってもらっていた。

 

畳の撤去・処分 
 大量の畳を処分する場合は、手間・時間・労力・健康被害を考えて、業者に依頼する方が良い。

 

梅雨対策!畳に潜むカビやダニが健康被害に!?思い切って畳を撤去処分する
思い切って畳を処分する!体調不良は古い畳のカビやダニのせいかも!? 梅雨の時期が来ると、なんだかジメジメした空気から体調を崩してしまう。 部屋の湿度計をみると、カビ・ダニ注意報のマークが点いていた。 ...

 

畳の下の荒材を一旦取り外し、床下を開口する。

思った通り、カビや湿気で、どんよりとしている。(; ̄Д ̄)。。。

 

まずは、バルサンを焚いてダニ退治。

 

想像しただけで痒くなる程、虫嫌いなワタシ

何十年も住み着いた虫達を退治すべく、こちらも容赦しないヾ( ̄0 ̄;ノ マケナイ!

 

天気の良い日を選んで、二日にわたってバルサンを焚いた。

各部屋に1個づつ、計4個使用。

 

 

 バルサンの使い方

使用前の準備

  1. 部屋(窓や換気口など)を閉め切り、害虫の隠れ場所となる戸棚、引き出し、押入れなどを開放する。
    なお、食品、食器、おもちゃ、寝具、衣類、仏壇仏具などは直接煙が触れないように、ビニールシートや新聞紙でカバーをするか、部屋の外に出す。
  2. 煙が触れないようにテレビ、パソコン、オーディオ製品などの精密機器やピアノなどの楽器にはカバーをする。ディスクやテープ類は付属のケースに入れる。
  3. ペット類や観賞魚、植物などは部屋の外に出す。
  4. 煙を感知する火災警報器、微粒子を感知するガス警報器は反応することがあるので、袋などで覆う。

 

バルサンの使い方|ゴキブリ退治、駆除、対策ならバルサン
バルサンの使い方をご案内しています。簡単ムービーガイドの他、使用前の準備、始動方法、使用後の注意点、火災警報器の対処方法について。ゴキブリをはじめとする害虫の駆除、退治や対策ならバルサンにおまかせください!

 

 バルサンの安全性

バルサン(くん煙剤)は、使用方法に従って正しく使用していただければ、人体やペット、電化製品などに害を及ぼすことはありません。

 

バルサンの安全性|ゴキブリ退治、駆除、対策ならバルサン
バルサンを安心してお使いいただくために、安全性に関するよくある質問をご紹介しています。ゴキブリ駆除、退治や対策ならバルサンにおまかせください!

バルサンHPより

 

 煙タイプ

 

 水タイプ

 

 霧タイプ

 

バルサンを焚いた後は、充分換気をする。

部屋がスッキリした。

これで、とりあえず 一安心。。。(^_^)

床下を綺麗にすると、家が生き返る話

 

床下の木材を点検してみた。。。( ・Д・)

大引きや根太は、今のところはしっかりしているみたい。

これといった危険な割れは見当たらない。

 

あれっ???

1ヶ所だけ、隅のほうで気になる部分があった。

木が痩せて折れている。

念のため、そこだけは新しい木材に変えておこう!

 

全体的にシロアリにやられている様子はなく、一安心(*´ -`)(´- `*)

和室Aと同様に、床下に防湿シートを敷き、その上に床下さらり(調湿材)を撒く。

根太は、既存の根太の横に追加して、強度UP

 

畳からフローリングへDIY、湿気・通気・害虫対策で床下のメンテナンスをする
≪床下の構造≫ 床下を開放したら、家を守るために害虫予防や湿気対策をしよう! 前回の記事 作業手順 ① 床下を綺麗に掃除する。           ← 今回はココ ② その上に強力防湿シー...

 

 

2-1. コンセントが足りない部屋

 

相変わらず、各部屋には1ヵ所しかコンセントが無くて・・・全然足りない。

 

【床造り・番外編】部屋にコンセントを増やしたい!そんな場合の応急処置法!
【番外編】古い家には部屋にコンセントがたったの一つだけ!?床下に延長コードを通して部屋にコンセントを増やす! 家電製品が増えて、部屋のコンセントの数が足りない! 一般的な家のコンセントは、一部屋に最低2か...

 

床下が空いているうちに、既存のコンセントから延長してVVFケーブルを配線しておくことにした。 (●´ω`●)

 

壁の裏からVVFケーブルの配線を通すため、壁に穴を開ける

壁穴のサイズ
 縦95mm×横50mm

 

この穴には、コンセントを設置する予定。

 

壁は石膏ボードで、その上に壁材(砂壁)を塗っているようだった。

この砂壁はちょっと触っただけで、砂がザラザラ落ちてくる。。。(; ̄Д ̄)

かなり劣化しているようで、そのうち壁もやり変えよう・・・

配線するために、既存の邪魔になる根太をカットした。

壁の裏側から配線を穴に通すために、根太の一部をカットしなければならなかった。

隣に追加した根太があるから、強度に問題はない。。。

 

 

カットした根太の隅の部分は、宙ぶらりん状態。

ちょうど、その下に火打梁(地震等による建物の変形を防ぐ部材)があったので、
ビス止めして補強しておいた。

 

火打梁(ひうちばり)・火打土台

木造で床組や小屋組の変形を防止するために設ける斜材。

1階の床に設けるものを「火打土台」、2階などの床や小屋組に設けるものを「火打梁」と言う。

最近では鋼製でできた既製品の「火打金物」を使うことも多くなってきた。-住宅建築専門用語辞典より引用-

 

その後、コンセント設置。

 

 

 

2-2. 床下換気口の大きな穴を網で塞ぐ

 

それから、床下を閉じる前にすること。

各部屋の床下換気口の穴が大きいので、これを塞いでおく。

こんなに穴が大きかったら、虫もいっぱい入ってくる。

 

 

こんな感じで、網を貼る。

この2部屋には全部で3ヵ所の床下換気口があり、すべてにこの網を貼った。

 

床下の構造 その3(換気口編)

畳からフローリングへDIY、湿気・通気・害虫対策で床下のメンテナンスをする
≪床下の構造≫ 床下を開放したら、家を守るために害虫予防や湿気対策をしよう! 前回の記事 作業手順 ① 床下を綺麗に掃除する。           ← 今回はココ ② その上に強力防湿シー...

 

床下の作業は、とっても地味で時間もかかる。

 

恐ろしいブラック虫の死骸がたくさんあった。

それに、まだ新しい蛇の抜け殻もあった・・・ ε=ε=(;´Д`)ヒィ~怖い。

もう、虫が入って来ません様に。。。

 

でも、

床下を綺麗にすると、家がちょっと生き返って見えた。 (* ̄∇ ̄*)ナワケナイカ・・・

 

見えないところをきれいにすると、見えるところが光りだす。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜松下 幸之助 さんの名言 ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

 

バリアフリーを目標に、床を造る

 

床下の作業が完了したので、次はを造っていく。

元々あった畳の淵(ふち)に合わせて、敷居がある。

 段差が出来ないように、床と敷居の高さが同じになるようにしたい。

 

畳60mm(厚)≒フローリング15mm+合板②12mm+根太②30mm ((合計57mm))

 

 

和室Aと同様、2重床にしていく。

 

理想はバリアフリー(・◇・)ゞ

段差の無い部屋にしたい。。。(・∀・)

 

床下の構造 その2(計画編)

畳からフローリングへDIY、湿気・通気・害虫対策で床下のメンテナンスをする
≪床下の構造≫ 床下を開放したら、家を守るために害虫予防や湿気対策をしよう! 前回の記事 作業手順 ① 床下を綺麗に掃除する。           ← 今回はココ ② その上に強力防湿シー...

 

3-1. 下地材を並べて、根太と固定する

 

畳の下にあった下地板は、まだ充分使えるしっかりした木材。

もちろん、再利用する。

 

 

この下地板、バラバラにならない様に、番号を振っておいた。

木の曲がりがあるので順番通りじゃないと、この部屋に収まらなくなる・・・(*^・ェ・)

 

以前は、ただ置いているだけだった、下地板。。。

今回は、下の根太に合わせて墨出しする。

そして、下地板と根太をしっかりビス止めをする。

 

この作業が地味で、とても手間がかかるΣ(・ω・ノ)ノ

 

抜かりなく ビス止め終了~~~。( -д-)ノふぅっ

 

3-2. 根太を新設する

 

続いて、下地板の上に新たな根太を設置

根太は30mm×45mm角×部屋の長さに合わせてカット。

303mmの等間隔に並べる。

 

 

床造り その2

【床造り】畳をフローリングにするため、床下地を構築する
≪床づくり≫ 畳をフローリングにするため、床下地をつくる 前回の記事 作業手順 ① 床下を綺麗に掃除する。 ② その上に強力防湿シートをまんべんなく敷く。 ③ 更...

 

 

ネットで調べたら、接着剤を使うって書いてあるけど・・・

私は使わない。

 

 

やり直しが効かないから。。。自信ないし・・・(; ̄Д ̄)

その分、しっかりビスで止めていく。

 

2部屋分、なんとか無事に済んだ~。( ̄∇ ̄) ヨシッ !

それにしても、腕がパンパン。

イタタタッ・・・ 背中がつった。。。(´д`;)

 

3-3. 材料の調達

 

ここらで、材料調達。。。

 

和室B・C(12畳分)に使った木材(根太と合板)は、近くの材木店でまとめて購入し、配達してもらった。

 

配達当日

 

同世代くらいの、とても体格の良いお兄さんで・・・材木店の店主らしい。

ひとりであっという間に、合板と根太用の木材を全部家の中まで運んでくれた。 (*゚∀゚)スゴイ

 

ちょうど押入れの床下が空いていて、防湿シートを敷き、調湿材(床下さらり)を撒いている状態だった。

家の中をぐるりと見渡して、床下を覗くと・・・

 

作業員
店主

これって、どこの業者がやったんですか?

 

wata-siro
wata-siro

あぁ、これ自分でやったんですよ。。。

 

 

作業員
作業員

それならいいんですけど、悪徳業者がいますからね・・・ 気をつけてください。

 

そして、ぐるりと木を見渡して・・・

 

作業員
作業員

シロアリ大丈夫そうですね。ほらココ!駆除剤が塗られているみたいですよ。

 

作業員
作業員

床開けたら、シロアリにやられている現場、たくさん見てますから・・・よかったですね~。

 

そう言われると、安心した。(*’-‘*)

 

そこまでは、良かったんだけど・・・

何も聞いていないのに、店主の話が止まらなくて・・・ (・ε・)ペラペラ

最初は、「なるほど~そうですか。」と、聞いていた私。

 

とうとう帰るのかと、外に出たついでに家の外壁やら屋根を見て、あれやこれやと言い始めた。

近所に聞こえる大きな声で喋るので、とにかく何を言っていたか良く覚えていない・・・(; ̄Д ̄)

 

そして、ようやくお帰りに。。。(。・ω・)ノ゙(。・ω・)ノ゙ ドウモ~

癖のある店主だったなぁ~。

 

これで、床造りに必要な材料が揃った。

 

断熱材(スタイロフォームIB)針葉樹合板

6畳×2部屋(12畳分)なので、それぞれ12枚必要。

 

 

根太用の杉材も3mと4mをまとめて購入。

 

部屋が狭いので、

準備が整ったら、断熱材を敷き詰めてイキマス。ε=ε=(((( ・◇・)))

 

3-4. 辛いビス止めの末、出来上がった頑丈な床

 

断熱材(スタイロフォームIB)、根太の高さに合わせて30mm厚を使う。

使うのはコレ  F☆☆☆☆

 

断熱材

隙間なく、敷き詰めていく・・・

 


30mm厚とはいえ、カット作業は力仕事。

2部屋分もすれば、手馴れてきマス。(・∀・)

 

合板

次に、根太と断熱材の上に合板を並べる。

 

合板同士はぴったりつけないようにしているのだけど(音鳴り防止)。

部屋のサイズが少し大きいせいか、どうしても広い隙間が出来てしまう・・・

 

 

その隙間を埋める。。。

ホームセンターで、ちょうどよさそうな板を購入。

厚みが合板と同じでなければならない。

 

合板と同じ12mm厚の板。1m40円だった。

合板900mmに合わせて、この板もカットして隙間を埋めた。

 

墨付け

墨付けは、200mmピッチで丁寧につけていく。

 

ビス止め

全面、ビスで打ち付けていく。

12畳分のビス止め作業。

下穴開けビス止めの繰り返し。(((( ;゚д゚))) ジゴク

 

無言で、ひたすら・・・・・・打ち続ける。

 

無心になりながら、大工さんが使う 『 ビス打機 』 という工具がまた欲しくなる。

パンパンパンッ!って簡単にビス打ち出来て、驚きの早さのやつ。

 

あれ、欲しかったなぁ~~~( -д-)

 

ホームセンターで下見した時・・・

(値札見て)アレッ!? 桁がひとつ多くない???

それに、100V電源じゃないし。。。

動力はエアーなんだ (゚∇゚ )

エアコンプレッサーも要るってことか。!?

 

我に返った私。(もう諦めよう・・・)

 

地味にやるしかないっ(ρ゚∩゚)

 

そして・・・

完成した頃には、もうクタクタで言葉も出ない。( ´_ゝ`) ムゴン

 

でも、頑張った甲斐あって、床がとっても頑丈になった!!!

なんていうか、床の上を歩いてみたらどっしりとして、安定感がある。

 

それに、部屋中が木の香りでスッキリ。

もう、以前のカビ臭い部屋じゃなくなった。(* ̄∇ ̄*)

 

和室B・Cでかかった費用

 

こんな素人の私にも、木材を使ってみて気がつくことがある。

この木いいな~(香りがいい木目が綺麗触り心地が良い反りがない)、

これは、失敗だった(ボロボロしてる強度がない変形している)・・・とか。

 

なかなか普段から手に入れることに慣れていない材料は、使ってみて経験してみることが必要なのかもしれない。

 

木が家を支えてくれているんだって思うと、やっぱり良い木に出会いたいと思う。。。

加工された木よりも、無垢の味わいのある木がやっぱり好きだ。

 

家に帰った時に木の匂いが、心を癒(いや)してくれる。

そんな家が、私の理想。

 

【 和 室 B ・C (12畳分)でかかった費用 】

材料 サイズ(mm) @単価 数量 金額(円)
●杉材3m 30×45×3,000 250 25本 6250
●杉材4m 30×45×4,000 300 30本 9000
●針葉樹合板 910×1,820×12 1050 12枚 12600
●断熱材スタイロフォームIB 910×1,820×30 1296 6枚 7776
●隙間用木材 100×60×12 40 4本 160
●コーススレッド 4.2×75 358 2箱 716
●BOSCH ドリルビット 3.4 513 1本 513
●調湿材(床下さらり) 1坪分10kg 1200 12袋 14400
○配達料金 0
小   計 51,415
8% 4,113
合   計 55,528

 

合計 55,528円(税込)

※仕上げ床(フローリングなど)は、含まず。

 

次回の記事
 完成した床の上に、ヒノキのフローリング材を貼る。

 

おすすめ>>>

  「床造り」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

煙タイプ

水タイプ

霧タイプ

 

 

 アマゾンで買い物するならギフト券のチャージがお買い得!!

 チャージするたびに最大2.5%のポイントバック!プライム会員はお得。

 オススメ① 支払いは現金派の方
 オススメ② 予算管理をしたい方
 オススメ③ デジタルコンテンツの利用が多い方に

 

和室B(床の間) 和室C












wata-siroをフォローする
DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
タイトルとURLをコピーしました