完成!台所のフローリング貼り

 

真冬の作業

 

現場(家だけど・・・)に到着すると、体が震えあがった。

室温は、なんんと 5℃ !? ォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ

前回来たときは 9℃ だったのに、さらに下がっている。。。

さ、さ、さむすぎる・・・!!!ヾ(。>﹏<。)ノ

急いでストーブに火をつける。

誰も住んでいない家は、こんなに寒く感じるものなのかなぁー。

ただ、いつもの冬と違う!と体感していることがあった。

それは、床温度

この家の床は本当に冷たくて、厚手の靴下を履いていても つま先で歩いていたことをこの間のことのように覚えている。

それが今は、フローリング材を貼っているところを歩いてみたら、明らかに床温度が違うと感じた。

床暖房ではないので、冷たいのは間違いないのだけど・・・苦労してやってきた甲斐があったなぁ-と、一人で嬉しさを噛みしめていた。(*´▽`*)ヨカッタ-

( それでも、やっぱりスリッパは必要。。。 )

 

台所の障害物

 

台所は水回りがある場所なので、排水管給水・給湯管が飛び出ていて、フローリング貼りの障害物となる。

シンク下の見えない場所に配置するものだからと、適当にやりすぎてしまった・・・(つд・)ミタクナイ

ガタガタの切り口。

全然納得していないのに、何度も修正して時間ばかりが過ぎていくので仕方なく妥協してしまった。

2枚のフローリング材を跨(また)ぐ場合って、穴を開けるのは難しいなぁ-    (´・ω・`)ウマクデキナイ

これを教訓に、次はこんな風にしてみた。

  

はじめから 丸(まる)を求めない。角「かく」でいこうと。

こっちのほうが、シンプルで簡単だった。

フローリングは、サネで繋(つな)がっているのでその部分だけやり直すってこと・・・無理ではないけど、出来ることならやりたくない。

だって、フローリング材に余計な傷をつけてしまうから。。。

とりあえず、座金(ざがね)で隠すしかないかな。

 

スリムビス

 

あと少し!というところで力尽きてしまうフローリング貼り。

地味な作業の連続で、疲れてくると失敗する。

私が使っている長さ38㎜スリムビスが、時々折れてしまうことがある。

名前の通り細いビスなので、電動ドリルが真っ直ぐに刺さっていないときはポキッと折れてしまう。

ああー--ぁ(ガックリ)(_ _|||)

そうなると、ビス抜きに時間が掛かるし、抜けないこともあったり・・・

 

フローリング貼り、最終列

 

やっと、最終列まできた。\(^o^)/

残りの幅は一枚分(90㎜幅)のフローリング材が入らない。半端(はんぱ)な幅なので、実測してカットする。

洗面脱衣所への入口の境目は、見える場所なので綺麗に貼りたい。

隙間が出来ないように、ギリギリまで調整して貼った。o(*・ロ・*)oヨシッ

以前、台所から洗面脱衣所へ行く際、無意味な40㎜段差があったのだけど、遂にこの場所も バリアフリー化 成功!

これで、長かった台所のフローリング作業は終わり。

 

廊下や洗面脱衣所、そして台所用に購入したトータル14箱のフローリング材は、最終的に1箱10枚入りのうち9枚だけ残った。

残った9枚も、きっと何かの必要な材料にしよう。 ゚+.(・∀・).+゚

 

1/11