床材をネット購入し施工するポイント!洗面所DIYで照明コンセント&スイッチ公開!

洗面脱衣所

 

前回の記事

水廻りのリフォームで湿気対策と動線をスムーズにする!
前回の記事 洗面所の排水管を新しく交換して、床下が剥き出しになっているところ。 このままでは危ないので、まずは床をつくって洗面所を完成させていく。 この記事のポイント 水廻りの洗面所では、湿...

 

この記事のポイント 
洗面所の床下地が完成したので、ネット購入した床材でフローリング貼りを進めていく。
新たな壁に、オリジナルのコンセントスイッチを設置する。







洗面所にフローリングを貼る

洗面所に1坪(2畳)分のスペースが出来たら、無垢のフローリングを早く貼りたくなった。

無垢のフローリング材が届いているので、早く貼りたい気持ちになる。(*゚∀゚)っワクワク

ここにはアンティーク風・西南桜のフローリング材を貼っていく。

 

1-1. 床材をネット注文するときのポイント

 

フローリング材は、ホームセンターに行くといくつか展示している。

箱に梱包されているので、店員を呼べば見せてくれることもある。

ただ、種類が少ないことや、気に入った素材・色など見つけることは難しい。

 

その点、インターネットで検索すれば、希望に近いの商品が見つかる可能性が高い。

イメージ画像などが紹介されているので、自分の部屋のイメージも膨らんでくる。

 

ネットで探した床材専門店 

アンティーク系のフローリング|無垢フローリング床材の専門店キャスオンラインショップ
アンティーク系のフローリング床材の専門店キャスオンラインショップではこだわりの品揃えと大量仕入れによる低価格でご希望に合った床材がきっと見つかります!送料無料・サンプル無料!アンティーク系の無垢フローリング、床材の通販ならキャスオンラインショップ

 

ネット購入のメリット

 種類が多いので、希望した商品を見つけやすい。
 店頭に並んでいるものより、良いものを安価に購入しやすい。
 サンプル品で確認して、注文することが可能。

 

ネット購入のデメリット

 注文してから届くまでに、一定の時間がかかる場合が多い。
 マンション等高層の家の場合は、玄関まで宅配してもらえないことがある。
 注文ミスや返品などの手間がかかる。

 

洗面所に必要な床材は、2ケース。

足りない場合は追加注文することになる。

私が購入したネットの店は、1ケースでも2ケースでも送料無料。

だから、今回は多めに購入する必要は無し。

« 床材の準備 »
 カット調整に失敗したり材料の欠損など稀にあるので、多めに準備しておく。

 

床材を注文するときに、注意するポイントがある。

サイズ選びの基本は、長さ厚みを見る。

 

床材を選ぶポイント

 部屋の広さを測定して、どれだけ床材が必要か綿密に計算する。
 厚みを選ぶときは、敷居の高さ(段差)など考慮に入れる。
 幅が広いと、貼る回数の手間が減る。
 貼る場所が水廻りの時は、その素材を考える。

 

ざっと仮置きしてみた。

アンティーク風・西南桜のフローリング材が、とても高級材に見えてしまった。

錯覚かな・・・!?(・◇・)ゞ

 

早速、貼っていくことにする。(*゚∀゚)っ

1-2. フローリング貼り開始

 

フローリングを貼る場合、床用接着剤を使う。

ぴったりと接着していれば、音鳴り防止にもなる。

 

 

通常は接着剤を添付するらしいのだけど、私は接着剤は使わない

なぜなら、失敗が怖いから・・・(ρ゚∩゚) ヘヘン

 

何かのフローリング施工の記事を読んだ時、

‘‘ 素人は接着剤を使わないのが賢明だ ‘‘ と書いてあったので、その通りにしようと思った。

 

その代わり、このミニビスを使ってしっかり根太に打ち付けていく。

 

ちょうど根太の位置に合わせて、フローリング用のミニビス38mmを打ち込んでいく。

 長すぎて折れやすかったので、38mm →32mmに変更。

 

ドライバーに装着するビットも、小さいものに交換。

ドライバー1番を使用。

狭い場所になると長いと使いにくいので、同じ1番の長さ違いを持っていたら便利だった。

 

斜め45度を目標に、ミニビスを根太に打つ。

最初は細いビスだからか、グラグラして不安定だった。

電動ドリルの使い方
 利き手はグリップハンドルを持ち、もう一方の手は本体の背を支えて進行方向に力を加えていく。
 両手を使うことで安定性が増し、ミスが減る。

だんだんコツを掴んできて、ビス打ちが捗(はかど)ってきた!

 

下地の合板には、根太のある位置に墨つぼでラインを引いておいた。

根太ラインに沿って、ビスを打っていく。

 

 

風呂場側のほうも、綺麗に揃って貼る事が出来た! (‘▽’*)イイカンジ♪

 

フローリングを貼っただけで、

以前の古臭い洗面所がアンティーク風・古民家になったでは! v( ̄∇ ̄)v

 

ここまで出来たら、楽ちんだ-(・∀・) なんて思っていたけど。。。

フローリングの施工で一番難しいのは、最後のほう・・・

 

 

フローリング材に、給水と排水の穴を開けなければいけない。

 無垢材なので木が硬くて、穴あけは容易ではない。

 

あれっ??? なんかクラクラしてきた(((( ;゚д゚)))アレレ

室内で気温34℃は危険、エアコンを入れた。

あ~ぁ、もっと早めにエアコン入れておくべきだったなぁ-。Σ(´д`;)アブナイトコダッタ

 

夢中になると、ナカナカ作業の手を止められなくて・・・

体力も尽きてきたので、失敗する前に作業をやめることに。

1-3. フローリング貼り エンド処理


15mm厚のフローリング材に、配管などを通すための穴開け加工をしていく。

給水用のポリ管(13A)を通すための穴は、木工用ボアビット30㎜を使って電動ドリルで開けた。

 

この木工用ボアビットを使えば、綺麗な穴が開く。

でも、ちょっとギリギリのサイズかなぁ-( ・Д・)キュウクツ

出来ればもう少しゆとりをもって、32mmサイズで穴を開けるといいのかも・・・。

 

洗面所用と洗濯用排水口の穴

 電動ジグソーを使って、なんとか穴を開けた。

 

電動ジグソーでは、綺麗な円にはならないので、切り口をヤスリで磨いておく。

 

 木工用のサークルカッターは、自在錐を使うと綺麗な円を開けることが可能

 

 電動ジグソーよりも自在錐を準備したほうが、作業は楽だったのかもしれない。

 

洗面所の排水口&給水穴

 

洗濯用の排水口穴

うまく出来たように見えるけど、実は・・・

穴を開けたフローリング材を、前列の溝にはめ込むのがキツクてうまくいかない。

無理に入れ込むと、木が曲がったり盛り上がったりして折れてしまいそう。

 

そこで、1枚の板を2分割にカットすることにした。

 

そうすると、ぴったりはめ込むことが出来た。 ( ̄0 ̄;)ヤッタ!

1-4. 洗面所のフローリング貼り 完成

 

Σヾ( ̄0 ̄;ノ エッ!?

この時点で、1枚だけフローリング材が余っているのだけど・・・

実は、ここから壁をつくる。

どうしても、昭和時代を想わせる水色のタイル壁は隠したかった・・・(‘▽’*)♪

 

仮置きした石膏ボード

 

フローリング材1枚分の奥行きの分少だけ、狭くなるのは覚悟の上で、壁をつくる。

ちょうどポリ管が剥き出しになるので、それも隠す事が出来る

 

上部の白壁もかなり汚れてて なんとかしたいけど、どうしたらいいか構想中。

結構、行き当たりばったりなところがあって・・・。φ(.. )(カンガエチュウ・・・)

 

取り敢えず、洗面所はこれで一旦休止。( ̄▽ ̄;)マサカ、アトマワシ?!

出来るところから、一歩ずつ。 (* ̄∇ ̄*)アハ

洗面所の壁にオリジナルスイッチを設置する

 

次は、洗面所のスイッチを取付けていく。

洗面所に、どうしても取り付けたいスイッチがある。( -д-)

それは・・・

2-1. 熱線センサ・自動スイッチ

 

コスモシリーズ ワイド21 明るさセンサ・手動スイッチ付き
WTP1811WP

  
表面           調整パネルの中

 

 

熱線センサ・自動スイッチ
 人の動き(温度変化)を感知して点灯・消灯してくれる、いわゆる人感センサー

特 徴

 手動でスイッチを押す必要がない。
 電気の消し忘れがない。

とても便利な優れもの。Σヾ( ̄0 ̄;ノ オススメ

 

15年以上も前から、この旧式人感センサーを愛用している。

まったく故障がない。Σ(=゚ω゚=;)スバラシイ

  
表面            調整パネルの中

 

Panasonicのスイッチは、故障したことが無いので信頼している。

新しく住む家にも、洗面所には人感センサーのスイッチを取付けておきたい。

人感センサーを取り付ける場所

 

人感センサーが不向きな場所

 トイレや風呂など、静止する場所・湯気がでる場所には向いていない。

じっとしている時に、真っ暗になってしまうから。

それと、風呂の湯気にもセンサーが働いてしまう。

ここは手動でOK!(☆゚∀゚)

 

人感センサーを取り付ける場所

 人を感知するためには、部屋に入ってすぐの場所にスイッチを設置する。

 

今までスイッチがあった場所は、部屋に入る前台所側

同じ場所にスイッチを取付けた場合、台所にいるだけで常に感知して洗面所はいつも点灯してしまう。

なので、洗面所入ってすぐの壁にスイッチを取付けなければならない。

 

 この壁に、スイッチとコンセントを並べて、2連の枠で取付けていく。

2-2. 照明用スイッチの組み合わせ

 

スイッチに準備するもの  <Panasonic コスモシリーズ ワイド21>

  1. 洗面所の照明スイッチ WTP1811W
  2. 風呂場の照明スイッチ WT50519(ホタルスイッチB/片切)
  3. ②のスイッチカバー  WT3033W(トリプルスイッチハンドル)

 

 

取付け手順

WTP1811WPに付属していたブランクチップ(WT3020K)は、ここでは不要なので取り外しておく。

そして、別途購入したWT50519(ホタルスイッチB/片切)を取付ける。

 

ホタルスイッチとは
 コスモシリーズワイド21 スイッチの場合は「切」の時、緑色のランプが点灯するスイッチです。
 フルカラースイッチの場合は「切」の時、橙色のランプが点灯するスイッチです。       -Panasonic HPより引用-

 

« WTP1811WP »と« WTP1811W » の違い
WTP1811WP・・・純正パッケージ品。セットなので、一式揃っている。
WTP1811W  ・・・本体と枠があるが、プレートは別売り。
※今回は、2連枠を使用するためプレートが不要。WTP1811Wを使用。

2-3. コンセントの組み合わせ

 

コンセントに準備するもの  <Panasonic コスモシリーズ ワイド21>

  1. 取付け枠(2連用)スイッチプレート(2連用) ホワイト WTC7102W
  2. 2連用のコンセント WTF10025W
  3. 埋込スイッチボックス 2個用 B-793W

 

取付け手順

コンセントは2口用なので、空いたところはブランクチップ(WT3020K) を取付ける。

本来なら、組み合わせでスイッチをつけるところ。

今回は、既に用意しているスイッチがあるので、必要ない。

 

なんてバカな私。

WTP1811WPに付属していたブランクチップ(WT3020K)を、取付ける際に破損してしてしまい・・・(; ̄Д ̄)アーァ

結局、別途購入する羽目になってしまった。

意外と脆(もろ)いので・・・ワレチャッタ

 

ブランクチップを取付けると、こんな感じ。

 
表面          裏面

 

コンセントの裏は、写真のように黒・白の渡り線が付いている状態で届く。

2連用枠に取り付けられないコンセント

« 注 意 »

 以下の型番商品は、コスモシリーズ・ワイド21の2連用で使用したい場合には取付け不可なので注意が必要。2連用の取付け枠には合わない

 

 WTP1502WKP

 WTF13523WK

 

 2口のコンセントにも種類があり、2連用の取付枠を使用したい場合はWTF10025Wを使用する。

 

通常のコンセントのみで使う場合に適している。

2-4. コンセント・スイッチの完成

 

床面から1200mmを目安に取付けてみた。

そして、取付け完成! (*’-‘*)

 

照明用スイッチの取付け高さは、床面より1100~1200mmが適している。

 

照明用スイッチの設置位置と高さ 

照明用スイッチの設置位置と高さ - 公益社団法人 全関東電気工事協会|お客様に電気の安心と技術をお届けします
照明用スイッチの設置位置と高さ - お客様に電気の安心と技術をお届けします

 

コンセントは、ドライヤーや掃除機などコードが差しやすい位置にある。

設置高さは、使いやすい高さになった。

 

センサー調節機能

  1. 動作保持時間(10秒~30分の間)や明るさセンサ(明るめ~暗め)は、調節つまみで切り替え。
  2. センサースイッチ切り替え ( 手動で点灯 ⇔ 自動 ⇔ センサー切り )
  3. センサー反応(感知)位置の調整

洗面所に入ってから人感センサーが反応し、照明が点灯する。

 

まだ壁紙も貼っていないので無機質な感じだけど、とりあえず完成!

イイカンジ。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

コンセント・スイッチにかかった費用

 

商品名 型番 金額(税込)
1 明るさセンサ・手動スイッチ付き WTP1811W ***
2 ホタルスイッチB片切 WT50519 ****
3 トリプルスイッチハンドル WT3033W ****
4 ブランクチップ WT3020K ****
5 スイッチプレート2連用 WTC7102W ****
6 埋込スイッチボックス2個用 B-793W ****
合計 5,439円

最後に・・・

 自宅の屋内配線工事をするためには、電気工事士の資格が必要になります。

 

関連記事>>>

家のリフォームのために、独学で第二種電気工事士の免許を取得!一発合格できた勉強法と費用を公開!
wata-siro わたしのブログに訪問していただき、 ありがとうございます。 この記事を書いていますwata-siroです。 第二種電気工事士の資格を目指している人は、電気工事士を未...

 

まとめ

 古い家にフローリングを貼ったら、雰囲気が一新した。
 床材をネット購入する場合は、メリット&デメリットを確認して注文すること。
 洗面所に人感センサースイッチを設置すれば、消し忘れがなくなり便利。

 

おすすめ>>>

  フローリング貼りDIY!にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

 

 

おすすめ>>>  

スイッチ・コンセントに興味のあるあなたに『おすすめアイテム』です。

 

 

洗面所・関連記事>>>

その 1   古い家の洗面所の悪臭原因は?床下を開けて、劣化した配管を新しくする!
その2    水廻りのリフォームで湿気対策と動線をスムーズにする!
本記事
 床材をネット購入し施工するポイント!洗面所DIYで照明コンセント&スイッチ公開!
タイトルとURLをコピーしました