劣化した古い壁を漆喰で塗装したら、明るい部屋に生まれ変わった!

和室A(寝室)

古い家の壁は砂壁で、触っただけでボロボロと砂が落ちてくる状態。

壁の色は暗い上にひび割れもしているので、壁を塗装して明るい部屋に生まれ変わらせたい。

 

この記事のポイント 
壁の塗装は、自然素材の漆喰を使う。
壁の色が変わればとても明るい部屋になり、部屋の空気も新鮮に生まれ変わった。

 







古くて暗い和室の壁を、DIYで生まれ変わらせる方法

 

この部屋にあった家財道具を全部出した時、びっくりしたこと。

壁がひび割れていた。

 

それに、暗いと感じていた原因のひとつが壁の色

濃い緑?(;゚д゚) 暗い・・・

今までは家具で大部分が隠れていたから、そこまで気にしたことが無かった。

 

あまり見たくない (>д<)

 

砂壁みたいで、手で少し触れただけでザラザラと粉が落ちてくる・・・

このままじゃ、ダメだ (*´>д<)

 

ということで、壁を塗り替えることに!

どんな風にすれば良いか調べた結果・・・

天然素材の漆喰が良いらしい。

 

1-1. 壁の塗装に天然素材の漆喰を使う

 

この商品に決定!

 

小分け用 4kg/袋×1袋

 

【 商品説明 】

 高級材と言われる”漆喰塗り”が自分でできる!”漆喰塗り革命”初心者の女性から、プロ職人にまでオススメ!
 水不要のペースト状 らくらく壁や天井に塗れるねり済み”しっくい”
 下地処理不要! ビニールクロス コンクリート木 ブロック レンガ タイル 土壁にもそのまま塗れる!
 漆喰は、抗菌性、防カビ性、防火性、消臭、ホルムアルデヒドの吸着分解、吸放出性のある天然素材

 

1-2. 漆喰塗装の前に下地処理塗装(=壁おさえ)で壁面を補強する

 

 

【 商品説明 】

「アサヒペン せんい壁・砂壁おさえ 4L」は、せんい壁・砂壁のはがれ落ちを防ぎカベ紙が貼れる下地調整用塗料。

 材質 合成樹脂(アクリル樹脂)・水

 用途 せんい壁・砂壁などに壁紙を貼る時の下地調整用塗料。

 機能 せんい壁・砂壁などに、カベ紙を貼る時の下地調整用塗料で、壁面を補強してはがれ落ちを防ぎ、カベ紙との密着を強化。水性なので取り扱いが簡単。

仕様
● 内容量: 4L
● 使用面積: タタミ約12枚分

 

砂壁でボロボロと落ちていた砂を、軽くホウキなどで落とした後に、このシーラーで下地処理塗装を塗っておく。

2度塗りして充分に乾くと、壁がカチカチに強固される。

ほんのり臭いはするけど、嫌な臭いではなく あまり気にならない。

 

 この下地処理を面倒だからと省くと、仕上がりに差が出る。

壁にヒビがある場合や、砂壁の場合はこのひと手間が重要になる。

 

1-3. 必要な道具を揃えて準備する

 

①マスキングテープ 6mm幅

作業性を追求した使いやすいテープ。

直線を貼りやすく、見切りもキレイなので、マスキング作業がスピードアップ!

②ローラーバケット



この道具は下地処理用に必須。

シーラーは水性の液体なので、ローラーで塗装する。

ないと、仕事がハカドリマセン (゚∀゚)ノ

 

また、こちらのセット商品は、お得で持ち運びも出来るし使いやすい。

バケット型万能用ローラーバケセット5点セット

【 セット内容 】
・バケット型トレイ180mm
・しごきネット180mm
・スリムローラーハンドル
・ローラーバケスペアスリム万能用150mm 2本

 

③ゴムべら

 

漆喰はどろどろとしたものなので、左官道具のコテを使うより

ゴムべらが最高に塗りやすかった。 (*^ー゚)b

 

④養生用布テープ

塗装した時の垂れや跳ねが必ずと言っていいほどあるので、ビニールで床下を養生しておく。

これがとても役に立つので是非オススメ。

 

1-4. 壁の漆喰塗装をする

 

柱に漆喰が着かないように、マスキングテープを貼る。

始めるまでの準備が結構めんどくさい(*´>д<)

綺麗に仕上げるためには、必要な作業。

 

 

準備が整ったら、いよいよ漆喰を塗る。

袋から取り出すとすぐに使えるタイプの商品。

商品アピール 

 壁材の革命品!既に水を加え、練りこんだ状態で袋詰めした漆喰です。
 袋から出し、コテで壁や天井に塗るだけなので、DIYで簡単に漆喰壁を作ることが可能!特殊繊維を含んでいるため、ひび割れず、有害物質を吸収するほか、石灰質の特徴で、カビも防ぎます。
 ビニールクロスで結露やカビに悩まれる方、休日を使って、天然素材の壁に替えてみませんか?

 

今回使用する漆喰は、強い臭いはない。

ただし、

 塗装中は換気をしながら作業を進めていく。

 

液体はどろどろとした柔らかいもので、塗布する場合はコテ・ゴムべら・スポンジ等を使う。

最初、左官道具のコテを使っていたけど、うまくいかなかった (*ノД`)

ゴムべらは、漆喰を壁に塗るのに使いやすく終始これを使った。

 

もともと壁が均一になっていなかった(デコボコしている)ので、微調整をしながら塗っていく。

途中、エアコン部分に苦戦 (>Д<)

細かい部分が塗りにくい・・・

 

 

一回目漆喰を塗り終えて乾いたところで、所々にムラが残り、薄く下地の緑色が見えていた。

そこで、部屋中の壁を二度塗りする。

コツを掴んできたので、二度目は少し早くなっていた。

 

乾いたら、部屋全体がスッキリ綺麗な壁に!

わおぉ ヾ(・∀・)ノ スッキリ

 

ホワイトベージュの2色を混ぜたので、自然な白壁になった。

混ぜる手間がかかるので、次に別の部屋で使う時はクリーム色を購入しよう。

 

時間が経って、壁に馴染んできたら不思議と部屋の空気もスッキリなっていた。

今までが古くて暗い壁だったから、ビフォー&アフターの変化がはっきりわかった。

 

初めての壁の漆喰塗装は、成功デシタ! (*・∀・*)ヤッタネ

 

漆喰のメリット&デメリット

古い家の壁は、長年の湿気やカビで劣化している。それが、健康にも悪影響を及ぼしていることがあるそう。

実際に、漆喰を塗ってから部屋のカビ臭は無くなったし、空気が綺麗に生まれ変わった。

アレルギー体質の私は、鼻が敏感に反応するのでその変化を実感している。

漆喰は壁紙などのクロス材よりも割高になってしまうけれど、ほこりやゴミなどが付着しにくいメリットがある。

また、燃えにくい素材(=不燃材料)であり、防火対策として貢献する。

今のところ、デメリットといっても思い当たるのは・・・準備に手間がかかることくらい。

もし、自宅の壁が古くなったり家族の健康に気を使うようになった時は、家の壁を漆喰で綺麗にしてみるといいかも。

 壁漆喰にかかった費用

 

材料 型番 金額
ロイヤル通販 練り漆喰 ホワイト 20kg ※※※※
ロイヤル通販 練り漆喰 ベージュ 4kg ※※※※
セメダイン カベパテ 白色 HC-121 300g ※※※
コロナマスカー 1100mm×25m ※※※
3M 建築塗装用 マスキングテープ No.777 ※※※
アサヒペン センイ壁おさえシーラー 4L ※※※※
ゴムべら ※※※
小 計 14,710
8% 1,176
合 計 15,886

 

まとめ

 漆喰は部屋を明るくなるだけじゃなく、カビの臭いも消えて空気も新鮮に生まれ変わる。
 仕上がりに差が出るので、下準備は面倒でも必ずやる事。 ①シーラーで下地処理をする ②マスキングテープや養生テープで養生する

 

おすすめ>>>  

「部屋の塗装」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

 

 アマゾンで買い物するならギフト券のチャージがお買い得!!

 チャージするたびに最大2.5%のポイントバック!プライム会員はお得。

 オススメ① 支払いは現金派の方
 オススメ② 予算管理をしたい方
 オススメ③ デジタルコンテンツの利用が多い方に

 

和室A(寝室)












wata-siroをフォローする
DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
タイトルとURLをコピーしました