アラフォー独身女のわたしが、DIYで空き家をリフォームする

はじめに
この記事は約11分で読めます。

ばあちゃんが 36年間 ひとりで生きてきた家、

この家を受け継ぐことになった

入院ベット

病院の個室で、目も開けられなくなったばあちゃんに

母の顔

「あの家は守るからね」と母が誓った。

その時のことは、はっきり覚えている。

目を閉じたまま、ばあちゃんは静かにうなずいていた。

あれから1年。

母はあの家には住みたくないって Σ(‘◇’*)エェッ!?

母

やっぱり、いまの住み慣れた場所が一番よ。

と。。。

あの誓いは嘘だったの・・・?

それでも、あの家は母が相続することになった。

こんな人におすすめのブログです。

家を相続するってどういうことなのか、よくわからない

  • 親の家を相続してしまったけど、手続きが不安。
  • 相続するか放棄するか、迷っている。
  • 親が亡くなった後のことを考えていない。
  • 実家のリフォームを安くできないか、思案している。
  • 自分でリフォームしてしてみたい!
wata-siro
wata-siro

まったくの素人の私でしたが、DIYでやれることはたくさんあります。




DIY&リフォーム ~わたしの城ができるまで~

DIY&リフォーム ~わたしの城ができるまで
wata-siro
wata-siro

はじめまして。

わたしのブログに訪問していただき、 ありがとうございます。

この記事を書いていますwata-siroです。

新築の家を買えるお金もないし、結婚もしていない独身のアラフォー女です。

心穏やかに暮らせる私の居場所をずっと探し求めています。

何が幸せなのかは、自分が感じることです。

私の場合、いつの日かわたしの理想の城ができたらいいなぁと、夢見ています。

古い家なのですが、DIYでリフォームして理想の家を目指しています。

リフォームに興味がある方に役立てるような、DIYブログを発信していきたいと思っています。

1-1.親の家を相続しても住まない選択なら『売却すべき』

家

わたしの母が相続した家は、祖母が建てた小さな一軒家です。

当時65歳を超えた高齢者の母には、突然家を相続したところでどうにも出来ません。

空き家になってしまった家をどうすればいいのか、悩んでいる人は多いと思います。

実際は相続する人ではなく、私のような40~50代の世代の問題でもあります。

現に家の手続きから遺品整理までの厄介な問題は、高齢者には無理な課題だからです。

家に住まないのであれば、すぐ売却したほうがいい

断言します。

親の死後は決断力に欠けてしまって、とりあえず空き家のままになってしまいます。

そのうち、

  • 庭が荒れ放題で手入れが出来ない
  • 家の老朽化が加速して、危険なので補修しなければいけない
  • 定期的な換気が出来なくなってきた
  • 無駄な維持費を払い続けなければいけない

こんな悩みが増えてくるのです。

全国で、空き家が社会問題になっています。

なぜ空き家問題が止まらないのかというと、高齢者になって直面する問題なので、すぐに判断ができない、解決できないのです。

どんどん出費は増えていく一方で、不動産の価値は下がり、家の老朽化が加速し、何も手を付けられなくなり、目をそむけて放置されてしまうのです。

先祖に申し訳ないとか、親戚や近所の目があるとか、余計なことは一切捨てましょう。

周りの目を気にする習慣があるのは、実はあなた自身の意識の問題かもしれません。

どうせ5年後も同じ悩みをもっているはずです。

家に住まないのであれば、すぐ売却したほうがいいです。

\ 時間が経過すると、買い手がぐんと減ってきます /

『 無料査定 』してみませんか?  家を売却するか迷っているなら、おすすめします。

1-2.売却する前にすべきこと

相続した場合は、すぐに不動産登記をしておきましょう。

建物や土地の所有者をはっきりさせるために、登記は必要だからです。

不動産の権利のない人に、そもそも売却はできません。

登記をしないまま何年何十年とそのままにしておくと、いざ登記が必要になったときに大変な苦労をしなければならなくなります。

これは経験したらわかることですが、先送りにするほど不可能なことが発生してしまいます。

権利のある人が亡くなると権利者が変化して複雑化するので、手続きが難しくなるのです。

面倒でも早めに手続きをしておきましょう!

専門家に依頼すると、高額な出費になります。

可能なら自分でもできるので、準備しておくとその後の手続きが楽です。

相続は、あなたが思っているほど容易ではありません。

お金や権利が絡むと、人は変わります。

親が生きているうちに、家族で話し合いをする機会をつくることがとても大事だと思います。

1-3.遺品は捨てるか売るかどちらかにする

相続しても、今すぐ引っ越して住むことは不可能です。

なぜなら、何十年も生きてきた人の家財が、家の中で半世紀以上もの間、眠り続けているからです。

今までは目を背けてきた見たこともないくらいのモノが、山積みされているでしょう。

まずは、遺品整理をしなければなりません。

そこにはお宝は眠っていません。

とにかく古いものはカビやダニの温床となるので、ためらわずに処分してください。

『取り敢えず(とっておこう)…』は結局何度も何度も整理して、モノが減らない羽目に遭います。

親の思い出は、段ボール1箱と決めておきましょう。

業者に頼めば、数十万円支払って遺品整理をしてくれます。

何も手に入らないのにそんなに払うの?と思いませんでしたか?

自分でやらなければならないことを、他人が代わりにやってくれることは当たり前ではないです。

遺品整理は思った以上に健康被害があり、心の罪悪感も長引いてしまうので、お金で解決できるなら業者に頼むほうが前に進みやすいです。

実際に大量の遺品整理をしてみて、2度とあんな大変なことはしたくないと、痛切に感じました。

遺品整理で不用品が山ほど出ました!
【体験談】費用32,495円|自分で処分する遺品整理の節約方法
遺品整理は、自分ですると費用が抑えられるのでかなり節約になります。 でも、実際やってみるとかなり重労働で時間も消耗して、体力が回復するのにも時間が掛かります。 すべて自分でやろうとせず、業者依頼する範囲を決めて行うことが重要です。

この家の遺品整理をする前に、近所の親戚がお金を払って生前整理と家の売却をしたことを聞いていました。

同じくらいの時期に建てられた家だったのですが、やはり大変だったと。

最初は個人で処分・整理していたけど、途中からは業者に頼んで処分(ちなみに費用は30万円)したようです。

やったことがある人にしかわかりませんが、想像を超えるほど大変なので、その選択は賢明だったと思います。

まずは業者に査定してもらうことも、検討してみてください。

使わないものは処分しましょう!

遺品整理と言っても、実際は使えないモノばかりなので、不用品を捨て続けることになります。

不用品の処分は自分でやると、お金と時間がかかります。

先ほどもいいましたが、古い家の遺品はカビやダニの温床になっている場合が多いため、ホコリやダニアレルギーの人や免疫力の低い人は出来るだけ避けたほうが良いです。

【 関連記事 】
\ こちらの記事も参考にしてみてくださいね! /
梅雨対策!畳に潜むカビやダニが健康被害に!?思い切って畳を撤去処分する
体調不良は古い畳のカビやダニのせいかもしれません! 梅雨の時期が来ると、なんだかジメジメした空気から体調を崩していました。 部屋の湿度計には、カビ・ダニ注意報のマークが点いていませんか?思い切って畳を処分して、悪の根源を断つことが大事です。
\ ホコリ・ダニのアレルギーがある人は参考にしてください /
https://watasinosiro.red/elife/allergy.html

手間をかけたくない場合や病気が悪化しないようするには、お金をかけてでも業者に頼んだ方がいいです。

本当にお宝が眠っているかもなどと期待したところで、出てくることはありません(笑)

残酷に聞こえると思いますが、思い出だからといって取っておいても実際は使いません。

余計なことは考えず、処分したほうがいいです。

何度でも言います。処分してください。

中には、どうやって処分していいのか分からないモノもあります。

例えば、祖母が海外旅行で購入してきた古酒は、未開封でしたが中のお酒を出して捨てようと考えていました。

でも、ある時期に出品すれば、あっという間に売れてしまいました。

古酒は売れる時期と売れない時期がある
【古酒の処分方法】メルカリで出品したらあっという間に全部売れた理由
長い間食器棚の中で眠っていた古酒の処分に困っていましたが、驚いたことにメルカリで全部売ることができました。 メルカリで古酒を出品する場合、出品する時期があります。年末の出品は売れるのでオススメ!です。割れ物なので、事前に梱包材の準備が必要です。

着物がたくさんあるけど、どうすればいいのか悩んでいる人も多いと思います。

着物買取で有名な「バイセル」で査定してもらいました。

この記事を参考にしてみてください。

売れない着物ばかりでも、売れる方法もあります!
404 NOT FOUND | DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
同い年の古い平屋にゆっくりだけど心穏やかに生きていくためDIYでリフォームしています

今はメルカリやフリマなどのサービスがあるので、利用すれば需要があり売れます。

その他にも、祖母が趣味で使っていたもので、既に壊れてしまった「楽器」も売却しました。

三味線や大正琴ですが、購入してくれた人から安く手に入れられて嬉しいと喜ばれました。

梱包や発送などに手間は多少かかりますが、少しでもゴミの処分費に充てたいと思うなら、頑張ってみる価値はあるはずです。

 売れるもの  売れないもの
 ・貴金属 ・紙類・木材
 ・楽器 ・陶器類
 ・古酒 ・一般的な家具(棚、机、椅子)
 ・着物(綺麗) ・土

古い家に住むなら、自分でリフォームする

リフォーム

祖母は、36年間ずっと一人暮らしでした。

生前に色々と業者に頼んでリフォームしていたようですが、それでも家の中は結構ボロボロです。

昭和53年に建てた家なのですが、壁や床下に断熱材がなく隙間だらけなので、夏は暑く冬は寒い家です。

外からの騒音でなんとなく落ち着かないし、テレビや電話の声も内から外に漏れているのですが、高齢になると気が付かないものです。

あちこち床がへこむので、いつか足が落ちてしまうんじゃないかといつも心配でした。

こんな家だと安心して住むことは出来るわけない!と、わたしは一大決心をします。

家の老朽化は一部だけじゃないので、古い家のリフォームには相当な費用がかかってしまいます。

wata-siro
wata-siro

だったら、自分でリフォームしよう!

2-1.知識が無くてもDIYでリフォームは出来る

そもそも家のリフォーム経験や知識なんて無い私でしたが、資格がなくても気軽に始められます。

DIYが楽しくできるのは、便利な工具があるからです。

女性でも電動工具があれば、ネジ締めや木をカットするなんて難しくないし、数秒で完了してしまいます。

初心者におすすめです!
【DIY電動工具】迷わずコレ!DIY初心者が失敗しない電動工具
DIYでリフォームするためには、必要な道具があります。 中でも電動の道具を使えば、労力はかなり軽減するし仕事が格段に捗はかどることは間違いありません。力のない女性でさえも、電動工具を使えば軽々と木材をカットすることが可能になります。自分がどんな電動工具を買えばいいのか悩んでいる場合は、ぜひ参考にしてみてください。

作業を始めていくと悩んだり疑問がたくさん出てくるのですが、その時に調べれば答えは出ます。

始める前から資格が必要だとか、勉強してから始めようとか、そんな必要は全くないです。

やりたいと思い立った時、始めればいいのです。

2-2.おすすめのDIY

①給湯器

給湯器

祖母が生前に使っていた給湯器は、石油(灯油)給湯器を使用していました。

時代の流れで、灯油が値上がり毎回配達してもらうことは、割高になってしまいました。

都市ガスも同時利用していましたので、ガス給湯器を新たな場所に設置することにしました。

ガス給湯器本体はそこまで価格が高くないのに、取り付けの工賃込みで出費が大きいと感じました。

そこで、色々な法律・資格・条件なども踏まえ、自分でできることをやってみることにしました。

給湯器を新規設置するのにかかった費用は、合計 43,615 円でした。

詳しく解説していますので、興味ある方はぜひ給湯器の記事を最初からご覧ください。

②水道配管

水道配管

日本の水道水は、上下水道の管理がされており安全に飲める飲料水です。

ですが、水が流れる水道管が錆びて赤い水が流れてきたら、それはもう安全ではありません。

家全体の老朽化とともに、水道配管の劣化が進行していました。

他のリフォームはともかく、赤い水を飲む勇気はありません。

予定になかった、水道配管のDIYリフォームが始まりました。

業者に頼むとかなりの高額請求になるようなので、この際屋内の水道配管を新設することにしました。

給湯器の給水と接続する必要がありましたので、素人なりにがんばって配管のノウハウを習得しました。

失敗もありましたが、結果的には大きな財産になったと思っています。

③駐車場

祖母は車の免許がなく、この家には駐車場がありませんでした。

どこを見渡しても塀で囲まれた家だったので、クルマが入る場所などありません。

一時は、この年でバイク生活をしなければならないと覚悟を決めて、教習所にも通いました。

➜アラフォー女が小型自動二輪(MT)125cc免許を取得【総費用と内容】

駐車場をつくるための業者見積もりをすると50万円以上かかるというので、完全に諦めていました。

ところが、ある業者が5万円以下で外壁の撤去をしてくれたので、念願の駐車場が誕生したのです。

庭に設置されていた物置を撤去したり、コンクリート敷設など細かいこともDIYしています。

④防音対策

防音対策

屋外の騒音は古い家ならではの、「切実な悩み」でした。

断熱材が入っていない薄い壁と隙間だらけの薄い窓のせいで、音が筒抜けの家でした。

祖母はかなり耳が遠かったので、テレビの音量は外まで聞こえるほど大音量でした。

屋外から聞こえてくる音は、早朝からバイクや車の リモコン音と走行音、人の話し声など身近に聞こえてきました。

古い家の「防音対策」をいろいろと考えて、実行しています。

一番効果があったことは、内窓(二重窓)です。

内窓を付けて既存の窓との間に厚い壁を設けることによって、防音だけでなく断熱効果もありました。

音で悩んでいる人は、自宅で穏やかに過ごせていますか?

いつも音に我慢していないで、行動したら効果があるのでぜひ試してみて下さい。

まとめ アラフォー独身女のわたしが、DIYで空き家をリフォームする

wata-siro
wata-siro

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

私の夢は、この家で心穏やかに生きていくことです。

いつになるか私にもわかりませんが、そんな日が来るようにDIY&リフォームを続けていきたいと思います。

これからブログとTwitter で、DIY&リフォームをどんどん発信していきます。

このブログを読んでくださっている方の、生活+αになる記事になれば嬉しいです。 

このブログの全体の記事一覧を見る

サイトマップ
...