修復DIY!床下の大引きの割れを発見!?DIYで簡単に補修する方法

台所

【修復DIY】床下を開口すると、隠れていた欠陥を発見することが出来る!手遅れになる前にDIY修復する。

前回の記事

使い古された水廻りの台所を、清潔な空間へとリフォームする
水廻りの台所は湿気が多く、劣化の激しい部屋のひとつ。 床もブワブワとしていて、歩くことさえ危険なこの台所を生まれ変わらせたい! キッチンは綺麗に使い続けたとしても、20年もすればガタがきてしまう。 ...

 

参考記事 

床の構造・工法・材質について|ちょっと本格的なDIY講座|100%自然素材主義
DIY講座「床の構造・工法・材質について」をご紹介しています!「100%自然素材主義」は他にも色々な角度から自然素材を紹介していくポータルサイトです!

 







床下の根太を支えている大引きが割れている!?

 

大引きの割れを発見してしまった!

床下の木材を点検していたら、異変に気が付いた。

アッ!?

これって、大引きが割れてるんじゃない???

 

 束と大引きの境目から木材が割れている。

 

確かにこの位置は、一番負荷がかかっていた場所。

ちょうど、台所から和室Aへの入り口付近でもあったし、重たい物が積まれていた場所でもある。

 

木材が黒ぽいのは、防腐剤を塗ってあるからだとわかった。

素人だからはっきりはわからないけど、なんとなく虫食いではない感じだった。

セーフ!? そう思いたかった・・・( ̄0 ̄;)

 

それにしても、

 大引きの割れは重大問題なのでは!? φ(.. ) ?

 

「大引き」とは

木造の床組の部材で、根太を支えるための横材。

一般的には9~12cm角程度の角材が使用され、90cm間隔程度で土台などに架け渡される。  -リフォーム用語集より引用-

 

大引きは大きな角材だから、容易に折れてしまうことはない。

でも、小さな欠陥が浸食され続ければ、いつかは完全に折れてしまうだろう。

だから、床下を開口して発見できたことは良かった。

 

でも、これからどうしようか・・・  (-ω-`;)ゞ

大引きの割れをDIYで修復する簡単な方法

 

大引きの割れをこのまま放置することは出来ない!

 大引きごと取り替えることが、正解だとわかっている。

 

だけど、簡単じゃない・・・(ノω<;)

 

大引きを交換するってことは、

  1. その上に掛かっている根太を、全部取り外さなければならない。
  2. 根太は太い釘で打ち付けられていて、経年劣化した錆びた釘を抜くことは難しい。

 

釘は錆びているから、どうしても抜くときに折れてしまう・・・(≧ヘ≦) ムリダヨ ワタシニハ。。。

そのうち、貴重な材木を無駄にしかねない。

想像しただけで、非力な私には無理な作業だ。

 

サンドイッチ工法で大引きの割れを保護する

 

なにかいい方法がないか、ネットで探していた。

参考になったのは、ウッドデッキをDIYで作る時の工法。

 サンドイッチ工法

 

 2本の根太材を束に挟むという方法で、大引きの代わりとなる根太材を挟み込み、ビスで固定する。

 

ウッドデッキを作ったことがないので知らなかったけど、多くのDIYユーザーにとっては馴染みの工法らしい。

将来、ウッドデッキ製作に取り掛かることがあれば、大変参考になる。

 

これを、台所の大引きにも応用する。

 割れた大引きの側面に、根太材(SPF材)を挟む。

 

用意する材料

SPF材 1×4 6フィート  (サイズ:約19×89×1829mm)・・・4本使用
コーススレッドビス(4.2Φ×75mm)
カスガイ

 

施工方法

① 大引きの両側から1×4材 (6フィート)を挟み込む。

② 長さ75mmのコーススレッドビスで大引きに打ち込み(300mmピッチで)固定する。

③ SPF材と束をカスガイで固定する。

 

 

大引きの上部は全く損傷はなかったし、補修すればまだ活きる木材だと思う。d(゚∀゚d) ダイジョウブ

 根太を支える面が太くなり、頑丈な大引きに修復できた。

 

 

これで大引きを取り外さなくても、しっかり床を支えてくれそう。

修復の目途がたった。ヽ(^∀^*)ヤッタ♪

 

まとめ

 大引きの割れや破損に気が付いたら、放置せずに早めに修復する。
 重症ではない場合、サンドイッチ工法で簡単に補修可能。

 

おすすめ>>>

  「修復DIY」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

 

 

 

 アマゾンで買い物するならギフト券のチャージがお買い得!!

 チャージするたびに最大2.5%のポイントバック!プライム会員はお得。

 オススメ① 支払いは現金派の方
 オススメ② 予算管理をしたい方
 オススメ③ デジタルコンテンツの利用が多い方に

 

台所












wata-siroをフォローする
DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
タイトルとURLをコピーしました