DIY水道配管、モルタル壁にビスが打てるか確かめる

水道配管 アンカー編 水道配管
この記事は約7分で読めます。

前回の記事 

DIY水道配管、試しに配管してみる
...

 

この記事のポイント 
 モルタル外壁に水道配管を固定する方法!壁穴にビスを打ち込む前にプラグを入れる。




モルタル壁にノンプラビスを打ち込んでみる!

ノンプラビス

 

コンクリートやモルタル壁にビスを打ち込むとき、使用する木ネジではビスがかない。

すっぽりと抜けてしまう。

そんな場合に、コンクリートに下穴を開けて普通にネジを締める、専用のネジがある。

普通のビスと見た目は変わらないが、直接コンクリートにねじ込んで使うノンプラビスというものがある。

 

ノンプラビス

 

ノンプラビスは、プラグ類は一切不要。

 コンクリート、ブロック、レンガ用に施工可能。

ノンプラビス

 

ノンプラビス|アンカー|製品紹介|ユニカ株式会社 [UNIKA CO., LTD.]

 

 

 

よく見ると、モルタル壁用とはどこにも書いていない・・・ (見落としていた。)(゚∇゚ ;)アレッ!?

試しに、ノンプラビスでネジ締めしてみた。

 

 

しっかりとネジが締まる時と、全然ビスが利いていない時があった。

このように不安定だと、あの重い水道配管をしっかり支えられるか不安・・・(´・ω・`)

 

コンクリートなどにネジ止めする方法は、もう一つある。

コンクリートプラグを使う。

モルタル壁にコンクリートプラグを入れてビスを打ち込んでみる

プラグ

 

今度はコンクリートプラグというものを使ってみる。

ホームセンターに行ってみると、プラスチック製のものがたくさん並んでいた。

 

 

中でも、片隅に置いてあった鉛製のコンクリートプラグ(カールプラグ)を選択することにした。

 

カールプラグ(鉛製プラグ)

・カールプラグは鉛製の軽量取付けプラグの一般品です。
・コンクリート・ALC・ブロック・大理石・タイルなどに使用できます。
・材質は鉛が主成分の特殊合金のため、耐酸性に優れ、永久的に錆びません。
・使用木ねじはサイズに応じて材質、形状選択できます。
・配線、配管、ガス水道工事、ダクト工事等に使用されています。

 

1箱100本入り 494円(税込)

100本も使うことないけど・・・小分けした商品が割高だったので、この商品を購入した。

 

課題

 あの家のモルタル壁に、T足が取付けられるのか(固定できるか)?
 あの重い水道配管を、耐えられる強度はあるのか?

 

カールプラグの効果を確かめてみることにした。(。・ω・)ノ゙ヤッテミヨウ

2-1. モルタル壁にカールプラグを入れてビス止めする

 

作業手順
  • STEP 1
    ①モルタル壁に穴を開ける
    電動ドリルにドリルビット5.0mmを装着して、穴を開ける。
  • STEP 2
    ②カールプラグを挿入する
    カールプラグの先端が引っ掛かる所まで、挿入する。
  • STEP 3
    ③シリコンシーラントを挿入する
    屋外の場合はひと手間掛けて、防水処理をしておく。
  • STEP 4
    ④T足を取付ける
    カールプラグより長いビスを使って、T足を設置する。

 

①モルタル壁に穴を開ける

商品のパッケージに、ドリルサイズ4.8mmと記載がある。

持っているドリルビット5.0mmを使う。

 

 電動ドリルの背を押しつけながら、ゆっくり穴を開けていく。

穴が開いたら、その中のほこりをフゥ-と吹いて、粉塵等を取り除いておく。

 

 

②カールプラグを挿入する

カールプラグを入れようとするけど、穴の途中までしか挿入できない。

そこで、ゴムハンマーで軽くたたくとピッタリ挿入出来る。

 

 カールプラグの頭は出っ張りがあって、壁に引っ掛かるようになっている。

下穴が少しくらい誤差があっても、カールプラグが中に入っていくことはない。

 

 

③シリコンを注入する

シリコンシーラントですき間を埋める。

ビス穴から雨水が染み入ることが無いように、少しの手間をかける。

ここはテラスの中なので、雨水が入る場所ではないのだけど・・・念のため。(やってみたくて)

 屋外で壁に穴を開けた場合は、シーラントで防水処理をやっておく。

 

④T足を取付ける

商品のパッケージに、木ネジサイズ3.8~4.1mmと記載がある。

カールプラグの長さは25mmなので、それ以上の長さのビスを準備する。

ビスが4.0×32mmなのでこれを使う。

4.0×32mmビスとは

 ネジの頭のサイズ 4.0mm
 ネジの長さ    32mm

 

T足を取付けてみる。

 プラスドライバーで手締めする。

電動ドリルを使うと締めすぎて穴が壊れることがあるので、手締めをする。

 

ビスがカールプラグに食いついて、締まっていく感じがする。

グラつくことなく、T足をしっかり壁に固定する事が出来た。

 

 

 モルタル壁でコンクリートビスを使うよりは、プラグを使用したほうが安定して施工できた。

 

ここまでは下準備、完了!(・∀・)ヨカッタ-

次は、あの重い水道配管を取付けてみる。(*^・ェ・)ノ

 

次回の記事 

404 NOT FOUND | DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
同い年の古い平屋に ゆっくりゆっくりだけど心穏やかに生きていく為 自分でリフォームしています

 

おすすめ>>>

  「DIY水道配管」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました