【一発合格】独学!第二種電気工事士 受験にかかった総費用を公開!

技能試験
この記事は約10分で読めます。
wata-siro
wata-siro

独学で資格を取得するために使った費用を、算出してみました!

wata-siroです。

第二種電気工事士の資格を取得するまでに、かかった総費用は36,196円でした。

受験費用や工具・材料費、免状交付の費用などすべて。

最低限必要なものは何かが分かります。

参考書はあれこれ揃えなくても、大丈夫でした。

むしろ、このテキストだけと割り切って勉強したので、効率が良かったと思います。

ぜひ参考にしてみてください。




第二種電気工事士の受験にかかった総費用

申し込み

第二種電気工事士の免状を手に入れるまでに、必要なものは次の通りです。

第二種電気工事士を取得するまでの費用
  • STEP 1
    申し込み
    ・インターネット申し込み  9,300円
    ・書面による申し込み    9,600円
  • STEP 2
    テキスト3冊
    ・ぜんぶ絵で見て覚える|第二種電気工事士 筆記試験 すい~っと合格
    ・ぜんぶ解くべし!|第二種電気工事士 筆記過去問 すい~っと合格赤のハンディ
    ・ぜんぶ絵で見て覚える|第二種電気工事士 技能試験 すい~っと合格

  • STEP 3
    工具と材料
  • STEP 4
    免状申請
    ・領収証紙       
    ・簡易書留       
    ・住民票        

  • STEP 5
    総費用
    36,196円

1-1.申し込みとテキストの費用

インターネット申し込み
wata-siro
wata-siro

インターネット申し込みのほうが安いです。

受験料
・インターネット申し込み  9,300円

・書面による申し込み    9,600円

申し込みや試験概要はコチラで確認できます。

一般財団法人 電気技術者試験センター

筆記試験

● 参考書 ●
・ぜんぶ絵で見て覚える 第二種電気工事士 筆記試験 すい~っと合格
・ぜんぶ解くべし!第二種電気工事士 筆記過去問(すい~っと合格赤のハンディ)

技能試験

● 参考書 ●
・ぜんぶ絵で見て覚える 第二種電気工事士 技能試験 すい~っと合格

・受験料:9300円
・テキスト代合計:5,162円
合計 14,462円

1-2.工具と材料の費用

● 工具 ●

工具型番金額
フジ矢 電工ペンチ 175mm 2,163
ロブテックス ミニ圧着工具(E)用AK17MA23,160
ホーザン VVFストリッパーP-9582,711
ベッセル ボールグリップドライバー プラス2×100 No.220369
ベッセル ボールグリップドライバー マイナス5.5×75 No.220280
   
小 計 8,683
8% 694
合 計 9,377

計 9,377円

● 材料 ●

材料型番金額
①ニチフ リングスリーブ(E)100個入(小)358
②リングスリーブ(中)20個入(中)198
③差込形コネクタ2極用NQLX-2198
③差込形コネクタ3極用NQLX-3198
③差込形コネクタ4極用NQLX-4198
④引掛けシーリング(丸型) 109
⑤引掛けシーリング(角型) 82
⑥露出型コンセント 267
⑦ランプレセプタクル 204
⑧端子台 243
⑨PF管ボックスコネクタ 2個 144
⑩ねじなし電線管ボックスコネクタ 143
⑪絶縁ブッシング 81
⑫埋込連用取付枠WN370042
⑬埋込連用タンブラスイッチWN5001129
⑭埋込連用タンブラスイッチ(3路)WN5002260
⑮埋込連用タンブラスイッチ(4路)WN5004907
⑯埋込コンセントWN1001H91
⑰埋込ダブルコンセントWN1302191
⑱VVFケーブル 切り売り 7m1.6mm×2芯790
⑲VVFケーブル 切り売り 2m1.6mm×3芯320
⑳VVFケーブル 切り売り 5m2.0mm×2芯926
   
小 計 6,079
8% 486
合 計 6,565

計 6,565円

・材料&工具費
合計 15,942円

1-3.免状交付にかかった費用

免状

免状交付申請の記事で、もっと詳しくわかります。

独学!第二種電気工事士 合格発表・免状交付申請【一発合格への道】
...

・領収証紙        5,200円
・簡易書留        392円
・住民票         200円

・免状交付の総費用
合計 5,792円

第二種電気工事士にかかった総費用|独学で一発合格!!

総費用

1.受験料:9,300円
2.テキスト代:5,162円
3.材料&工具費:15,942円
4.免状交付費用:5,792円

資格を手に入れるまでにかかった総費用(1~4の合計)
36,196円

免許取得は、どんなものでも結構お金がかかってしまう。。。

今回はなるべくお金はかけられないので、なんとか独学して取得できた。 (≡ω≡.)

これでも、最低限の費用だったんじゃないかなと思う。

家のリフォームしている私にとって、実用的な国家資格がとれたことは、とても有意義だった。(´▽`)

目的は取得することではないので、その資格を活かしていきたい。

wata-siro
wata-siro

自宅の電気工事ができるようになりました!

最後に、免状の中に記載されていた備考がこちらです。

免状備考

いかがでしたか?

第二種電気工事士は取得後の更新がないので、一度取得すれば一生使える国家資格です。

ちなみに、第一種電気工事士や電験三級に関しては、更新があり5年ごとの定期講習が必要になります。

資格を取って就職して今後の人生に活かす人も、私のように自分の趣味に活かす人も、とりあえず・・・って人も、免状があれば第二種電気工事士の仲間入りです。

生活に必要な電気は生活を豊かにしてくれているので、一生のうちに何か役立つ時がきっとあると思います。

わたしはDIY&リフォームの中で、これから電気工事を活かしていきたいと思います。

あなたのマイライフにも、きっと役立つことがあると思いますよ。

第二種電気工事士の勉強、お疲れさまでした。

これから頑張る人も、一発合格を目指して頑張ってくださいね!

 

というわけで、以上です。

これからもブログとTwitter で、DIY&リフォームを発信していきます。では! 

おすすめ>>>  「技能試験」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

技能試験工具セット 

準備万端( 技能試験練習用部材 )シリーズ 

あると便利!

独学では不安なひとは、自宅で講義を受けながらサポートも受けられて安心

\【翔泳社アカデミー】短期合格を目指す人に。第二種電気工事士の勉強が早く進む!/

【e-ラーニングコースとDVDコース】 【翔泳社アカデミー】第二種電気工事士 短期合格特別講座
関連記事