家のDIY&リフォームをしていて、業者依頼した内容と費用を公開!

この記事は約13分で読めます。
wata-siro
wata-siro

わたしのブログに訪問していただき、
ありがとうございます。
この記事を書いていますwata-siroです。

リフォーム業者を選ぶとき、どうやって選んだらいいのか分からなくて困ったことありませんか?

高い買い物をするときは慎重になりますよね。

お得意業者さんが出来るのは、長年のつきあいで信頼関係が生まれるからだと思います。

だけど、今すぐ業者を探さないと!?

って時は、長年のつきあいなんて言ってられません。

「高いお金を払っているのだから、依頼した業者は良い仕事をする」という考えは違うようです。

それは、元請けと下請けの関係から消費者が高額に請求されていることが考えられます。

業者の仕組み

安い価格でも、一生懸命に仕事をしてくれる業者さんはいます。

DIYでリフォームを進めていくと、自分ではどうしても出来ないことが発生したり、高額な工具を買い揃えるなら業者依頼をした方が良い場合がありました。

リフォームしている場所は祖母の家で、私にとっては土地勘も長年の付き合いもないため、業者選びに困りました。

人によって価値観の違いはあると思いますが、私の場合低価格が基本です。

あまりお金は出せません。

お金がないのなら、諦めるか妥協するしかないのですが・・・(。-∀-)アキラメキレナイ

人間は危機迫ると、色々考えるものです。( ̄▽ ̄)

基本的に自分でリフォームをして住める家にするつもりでしたが、やっていくうちに業者にも何度か依頼することになりました。

業者依頼したリフォームと費用約60万円
  1. 水道外構工事5万7千円
  2. ガス配管工事1万4千円
  3. 排水桝工事15万円+追加工事2万円
  4. モルタル外壁工事30万円
  5. 物置き解体1万円
  6. ブロック塀解体工事4万8500円

これから、私が業者選びをした方法をご紹介していきます。

もし、あなたが同じように業者選びに困っているとしたら、参考になるはずです。

最後まで、是非ご覧くださいね。(*´∨`*)

簡単3分で【 無料 】見積もりしてみる!

優良リフォーム会社が多数登録中!アイデア・アドバイス・プランまで完全無料で出来ます。

【水道外構工事】水道配管の新設で、屋外の水道外構工事を依頼した件

業者依頼したリフォームと費用
水道外構工事5万7千円

この家のリフォームをしていくうちに、重大な欠陥を発見することになりました。

それは、水道管の腐食でした。

リフォームの計画の中にはまったくなかったことなので、正直ガッカリしました。

でも、水は人間にとって必要不可欠ですよね。

見て見ぬふりは出来ません。(´>ω<)

どうみても赤錆だらけの水道管だったので、これは大変だと思いました。

冬になると氷点下の時期に決まって水道管の凍結が起こり、水道鋼管の破裂事件が多発すると聞きます。

それは、この家のような古く長く使っている昭和の家ばかりです。

やっぱり水道水が赤錆混じりだと体にも悪いし、私には妥協することが出来ませんでした。

いずれ、水道管の破裂といった問題が起こると思いました。

水道配管の新設を決意した!

現代では、水道鋼管に変わって架橋ポリエチレン管(=ポリ管)という素材に変わってきています。

ちょうど、リフォーム中で床下を開けて綺麗にしていました。

床下に配管できるのは今しかない、この機会を生かそう!と、決断しました。o(・ω・´o)ヨシッ

既存の水道管はそのまま止水し、新しくポリ管を新設して水道配管を新設することにしました。

屋内においては、DIYで配管することにしました。

でも、屋外の止水栓周りには犬走りがあり、コンクリート施設されています。

ここで、DIYで出来る水道配管の方法を考えてみたのですが、発想力が及びませんでした。

例えば、今まで段差無くスムーズに歩いていた場所に、水道配管が剥き出しに出来たら、

きっとつまづいて怪我をしたり、とにかく邪魔でしょうがないでしょう。

どう考えてもコンクリートをはつって、犬走りの下に配管することが最善策でした。

コンクリートを斫るということが、素人の私には出来なかったので、

この外構工事に関しては、業者に依頼することになりました。

【屋外水道配管工事】プロがコンクリートを綺麗に斫る技術|グラインダー
今回は、DIY水道配管の中で唯一業者依頼した記事になります。家の周囲を囲む犬走りの下に配管するには、コンクリートを斫らなければなりません。リフォームはDIYでやれることと、プロに任せたほうがスムーズで前進しやすいことがありました。

長い1日の作業でしたが、無事に工事が完成しました。

どんな風に施工するのか(見たかった・・・)とても興味がありました。

作業の邪魔になるといけないので、ぐっとこらえて家に閉じこもっていました。

完成後に現場を見てみたら、丁寧に作業してくれていたことがわかりました。

素人ではここまでできなかっただろうし、私には出来ないDIYだったことを実感しました。

つまり、効率よくリフォームを進めていく為にはDIYだけでなく、プロに任せるという選択肢も必要だということですね。(*・∀・)/

トイレのつまり・水漏れにお悩みの方、専門スタッフが最短30分で駆けつけます。
Webからのお申込みは3,000円割引、水道救急センターならTポイント2倍!

この記事をもう一度読む

 

【ガス配管工事】給湯器の設置で、ガス配管の新設を依頼した件

業者依頼したリフォームと費用
ガス配管工事1万4千円

祖母が暮らしていた頃は、灯油を使った給湯器を使用していました。

灯油を溜めておくタンクがありましたが、定期的に灯油を配達に来てもらう必要があります。

そんな面倒なことやってられない!

と思った私。

ここには都市ガスが来ているので、ガス給湯器を使えばいいと思いました。

屋内で水道配管を進めながら、家の外の壁に都市ガス用の給湯器を設置しました。

外壁に穴を開けたり、初めてのことばかりでしたが・・・なんとかなるものです。

ガスの配管は、資格がないとできない作業なので業者さんに依頼するしかありません。

ガスのメーターから、新設した給湯器まで新しくガス配管してもらうことにしました。

その際、ガス鋼管の年数が古いので、安全のために、一部分だけ新しく交換させてほしいと言われました。

このままだとガス漏れするかもしれないと言われたら、断ることは出来ません。

古い家には、いろいろな危険が潜んでいます。

ガス業者さんにガス配管工事をして貰いました。

【DIY給湯器】都市ガスのガス配管費用は?古い鋼管からメタルホース管へ交換と延長
都市ガスのガス配管の接続と、ガス配管の延長にかかった費用は14,000円でした。 ガス給湯器を自分で取り付けていましたが、ガス配管の接続だけはガス会社に頼みました。 かなり安く費用を抑えることができるということです。

ガス漏れが無いことを確認してもらい、これで安心です。

この家に住み始める前、ガスの開栓をしました。

その際に、ガス給湯器やガスコンロ、ガスファンヒーターなどの点火を確認してもらいました。

これで、安心してガスを使うことが出来るようになりました。

この記事をもう一度読む

【排水桝工事】排水漏れと悪臭、コンクリ桝の取り換えを依頼した件

業者依頼したリフォームと費用
排水桝工事15万円+追加工事2万円

やっとこの家に住み始めたと思ったら、悪臭でまともに生活出来なくなりました。

しかも、共用の排水溝に、我が家の排水が漏れているのを発見してしまいます。

やっとここまで来て、最大のピンチでした。

このままだと、この家には住めない!と本気で思いました。

臭いって、一時的なものなら換気でなんとかなりますけど、

それが長く続いたり、住んでいる家の中にまで充満してしまうと、精神衛生上とても悪いです。

なので、何度も実家に戻る羽目になりました。

コンクリートで作られていた当時の排水桝が、劣化と排水漏れの原因でした。

下水問題に関しては自治体の管轄であると思い、相談してみました。

が・・・、まさかの業者丸投げでした。

実は、この古い団地が抱えていた問題点が、浮き彫りになっていました。

多くの家でも、同じようなことが起こっているようでした。

このままでは問題が解決しないので、指定水道業者に依頼することにしました。

まずは、現状を見てもらって、見積りをお願いしました。

【排水桝工事の見積もり金額】屋外排水溝から悪臭がするときは、排水漏れを疑う
昔は、コンクリート桝ますが標準施工でした。 コンクリートは、経年劣化や地震などの影響でひび割れが発生するため、長期使用は望めません。割れ部分から、木の根などが根詰まりして排水が出来なくなったりすることもあります。そのため、家庭用の排水桝は塩ビ桝が一般的に普及しています。

汚水桝の工事が始まります。

【排水桝の交換】排水漏れのコンクリート桝を、塩ビ桝に交換する|悪臭はトラップで解決!
古い一軒家の排水桝はコンクリート桝で、劣化して排水漏れと悪臭が漂っていました。塩ビ桝に交換するときに地盤の沈下もあるため、しっかり土壌を固めてからコンクリート敷設します。下水道からの悪臭を防ぐために、トラップも設置しています。どのような手順で工事を行っていくのか詳しく紹介します。

やっと、これで工事も終わり安心していたのですが・・・

また別の部分に、欠陥があることを発見してしまいます。

これによって、追加工事が発生しました。

【排水桝工事と費用】生活用水の排水漏れと臭いが、排水桝交換で解消!
古い家の排水桝がコンクリート桝であれば、塩ビ桝へ交換したほうが良いです。 排水桝が家の角にあるのは、ゴミが溜まりやすく掃除するため。排水の流れが悪くなったら、ゴミが溜まっているか勾配が小さくなっている可能性があります。

無事に排水の問題が解消されました。

この家に住み始めることで、次から次へと新しい困難が発生していきます。

これからも、きっと・・・

乗り越えていかなければ。

この記事をもう一度読む

 

【外壁工事】崩壊寸前のモルタル外壁を解体と修復する工事を依頼した件

業者依頼したリフォームと費用
モルタル外壁工事30万円

祖母がこの家に住んでいる時から、外壁の問題は発生していました。

そう、外壁が今にも壊れ落ちそうだったのです。

リフォームを始めるにあたって、一番最初にこの外壁だけはやりかえておかないと危険な状態でした。

家の前には道路があるので、突然崩れ落ちてしまったら誰かを怪我させてしまうかもしれないからです。

業者を選ぶのも初めてだったので、どうしたらいいのか迷っていました。

そんな時に忍び寄ってくるんです、営業マンが。。。

古い家を巡回して見て回っているのですから、ちょうど困っている時に訪問してくるのでタイムリーと感じてしまうんですね。

良くある手口で巧みに人間の心を揺さぶってくるので、要注意です。

家に入れないことが一番大事なことだと思います。

リフォーム業者はたくさんありすぎて、どの会社を選んだらいいのか分かりにくいです。

手抜き工事をされたら怖いので、名の通った大きな会社を選んだら、高額費用を請求されてしまうこともよくある話です。

下請け会社が仕事をするのに、何もしない元請け会社のもうけが発生するのです。

だから、私は最初から小さな個人業者を選ぶことにしました。

業者選びに大切なことは、複数の見積りを取ることです。

急いでいると面倒に感じるかもしれませんが、とても大事です。

見積もりを比較して、自分の目で業者を選ぶことが成功の近道かもしれません。

モルタル壁の解体工事が始まりました。

通行人や車に危害を加えることなく、無事に外壁工事が終わりました。

最悪の事態を危惧きぐしていましたので、本当に安心しました。

それに、費用もハウスメーカーで見積りをした時よりも、随分安く済みました。

【実体験で学んだ】30万円で崩壊寸前の外壁リフォーム業者を選んだ方法|悪徳業者の手口も公開!
持ち家のリフォームで困るのが、外壁の業者選びではないでしょうか?業者によって金額は異なるため、技術的なことや金額的なことのバランスを素人が図り知るのは難しいです。 今回わたしは、今にも崩壊しそうな外壁を修復する必要に迫られてしまいました。業者探しから崩壊寸前の外壁リフォームが完成するまでの実体験をご紹介します。

職人がここまでやります屋根・外壁塗装【プロタイムズ総合研究所】

この記事をもう一度読む

 

【物置き解体】駐車場にするため、物置きを解体する工事を依頼した件

業者依頼したリフォームと費用
物置き解体1万円

この家には駐車場がありませんでした。

なぜなら、祖母は運転免許をもっていなかったら駐車場は必要なかったのです。

それなのに、この家には駐車場が存在していました。

たくさんの物が押し込められていた、大きな物置きの下に。。。

どうしても駐車場をつくるなら、この場所しかない!

物置きの撤去をすることにしました。

まずはこの物置きの中に入っているものを処分することから始めました。

【駐車場つくり】ゴミだらけの物置きの解体と撤去|個人でも解体はできる!
物置きの解体と撤去を手伝ってみて、業者に頼まなくても自分で解体はできます。撤去方法を考えてから行動することが大事です。単調作業ですが、1人では地味に大変なので2人作業で行う方が安全で良いです。 ねじやナットは硬く錆びついて取り外しに意外と手間がかかるので、電動工具を準備して作業します。スクラップは買取も可能です。

これで、物置きの解体&撤去をすることが出来ました。

引き続き、次は家を囲んでいるブロック塀を解体していきます。

【外構壁解体】駐車場にするため、ブロック塀を解体する工事を依頼した件

業者依頼したリフォームと費用
ブロック塀解体工事4万8500円

物置きを撤去してもらった後、家を囲っている外構ブロック壁を解体してもらうことにしました。

普通のブロック塀なら、ハンマーで解体出来ないこともないけれど・・・

この家のブロックは化粧が施されている厚いブロック塀でした。

人づてに解体予算を聞いてみたら、高額な費用がかかるとのことでした。

解体→撤去→補修するのに、最低50万は必要になるそうです。

50万使うなら、他のリフォームに回したいと思う私は、一旦はクルマ生活を諦めてバイクで生きていくことを決意していました。

ところが一度は諦めた駐車場ですが、希望の光が!?見えてきました。

【駐車場つくり】外構工事の見積り金額に驚愕|ブロック塀解体の見積り
外構工事の見積もりを取ってみたら高額すぎて諦めてしまった人へ、簡単に諦めないでください!外構工事の見積り費用は高くて、現状のままで我慢している人は多いのではないかと思います。自分が出来る範囲と業者に依頼する範囲を分ければ、可能になる事もあります。今回は、低コストで駐車場が出来たので、その内容をご紹介したいと思います。

金額を提示してもらいましたが、本当に驚きました。

あまりにも自分が想像していた金額とかけ離れていたので、正直不安もあったのです。

人間の心理です。

本当に大丈夫かな???

打ち合わせして話が進んでくると、本当に駐車場が出来るかもしれないとワクワクしてきました。

いよいよ、工事が始まります。

私の中では、とても長~~~い1日になりました。

【駐車場つくり】遂にブロック塀を解体する!|費用は5万円以下!?
一軒家なのに駐車場がなくて、小型自動二輪(MT)免許を取得したのですが、今回遂に開かずの扉が開けられることになりました。 一番の障害であった高い壁は、ブロック塀を壊す費用が50万円ということで諦めていました。複数見積もりによって費用が5万円以下でできる業者を見つけ、高い壁でも自分次第で壊すことができると証明できました。

この家に駐車場が出来るなんて、本当に信じられませんでした。

大きな物置きがあった頃は、ジメジメとした暗い場所でした。

湿気が多くてコンクリートに苔が生えてくるほどで、滑りやすく危ない場所でもありました。

そしてあの厚くて大きなブロック塀を、遂に取り払うことが出来ました!

【駐車場つくり】初めてこの家に駐車場が出来る!|ブロック塀解体後の検証
ようやく、この家に初めての駐車場ができることを実感できるようになりました。 ブロック塀を解体して、出入りができる駐車場としての最低限の条件が整いました。 いままで隠れていた敷地だったのですが、壁を取り払うことで改めて課題も見えてきました。 実際に車を停めれるのか?ブロック塀解体後の検証をしてみました。

駐車場つくりは、完成までまだほど遠いですが。。。

取り敢えず、大きな壁は乗り越えられました。

この記事をもう一度読む

 

DIYに限界を感じたら、業者見積してみる

DIYでは出来ないと限界を感じている場合は、プロに仕事を任せましょう。

業者選びに必要なことは、飛び込み営業で決めるのではなく自分自身で選択することです。

自分の条件を設定して、複数の業者を比較してみましょう。

契約をしなければ、見積りの費用は無料です。

後悔しない失敗しない業者の選択によって、リフォームをしてください。

素敵なマイホームになることを願っています。

簡単3分で【 無料 】見積もりしてみる!

優良リフォーム会社が多数登録中!アイデア・アドバイス・プランまで完全無料で出来ます。

もう一度読む >>>