DIYで台所の壁にスリーブ穴を開けて、24時間換気設備を設置する!

内壁

【DIY換気】部屋を新鮮な空気に換気するための換気口をつくる!

 

シックハウス症候群の問題

家のリフォームには、なるべく化学物質を使わないように工夫している。

接着剤をなるべく使用しない、木材などの材料には安全基準を満たしたものを使用するなど。

 

建材や家具から発散するホルムアルデヒドVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物が、シックハウス症候群の問題になっている。

 

改正建築基準法に基づくシックハウス対策(平成15年7月1日に施行)

1.ホルムアルデヒド対策 
ホルムアルデヒドは刺激性のある気体で木質建材 などに使われています。3つの全ての対策が必要となります。

(対策Ⅰ) 内装仕上げの制限

ココ (対策Ⅱ)換気設備設置の義務付け

ホルムアルデヒドを発散する建材を使用しない場合 でも、家具からの発散があるため、原則として全て の建築物に機械換気設備の設置が義務付けられ ます。例えば住宅の場合、換気回数0.5回/h以上 の機械換気設備(いわゆる24時間換気システムなど) の設置が必要となります。

※換気回数0.5回/hとは、1時間当たりに部屋の空気の半分が入れ替わることをいいます。

(対策Ⅲ)天井裏などの制限

2.クロルピリホス対策

クロルピリホスは有機リン系のしろあり駆除剤です。
居室を有する建築物には使用が禁止されます。

-国土交通省住宅局HPより引用 –

 

住宅の換気設備設置の義務付けは、法改正以降の義務なので古い家にはその安全性は確保されていない。

換気設備といっても、窓を開けて換気するといった古典的な方法でしかない。

室内の空気を綺麗にするため、いつでも換気ができる家にしたい!

 

この記事のポイント 
 気密性のある部屋に見落としがちなこととは!?
新鮮な空気が不足しないように、換気設備を自作する。

 







24時間換気できる家にする

 

窓を閉めていても、新鮮な空気がなければ生き苦しくなる。

換気は必要だから、勝手口の窓上の壁に自然換気口をとりつけてみる。ヾ(*・ω・)ノ ヨーシ、ヤロウ!

 

この場所は、ちょうど屋外側に軒(のき)が付いている。

軒下は、薄いベニヤ板のようなもので閉じているだけだった。

それなら、この板に穴を開けて屋内・外にダクトを繋(つな)げれば空気の通り道が確保できる。

 

イメージはこんな感じ

 

実家の24時間換気口は、プッシュ式角型レジスター

 

 

 前面のシャッターを押すと、「全開・開度1・開度2・閉まる」の4段階で切り替わる。

中にフィルターがあるので、シャッター部分を取り外して掃除できる。

 

 

 

ここから屋外の騒音も結構入ってくるので、消音材をいれておくと防音の効果が得られる。

 

 

 

更に高機能な換気をしたい場合は、パイプファンを使う。

プラグコード付きの物であれば、近くにコンセントが必要。

取り付けも簡単なので、プッシュ式のレジスターと取り替えることもできる。

 24時間換気として使うのであれば、深夜でも静かな低騒音のものを選ぶ。

 

 

1-1. 準備するもの

 

ホームセンターで材料は揃うだろうと、すぐ向かった。

種類は限られているけど、取り敢えず購入して帰ってきた。

 

●丸型レジスター SRM-100 (穴の直径100㎜) 513円

  

 

 

ホームセンターにプッシュ式のレジスターが無くて、回転式のレジスターに・・・。

中央のつまみを、手動で開閉する。

フィルターがないので、どうやって掃除すればいいのかな???

 

●ST フード付き丸型換気口ガラリ 598円

 

 

屋外側に取り付ける。

 虫が侵入しないように、必ず網状になっているものを選ぶ。

 

●薄いベニヤ板(TSラワン合板 2.5㎜厚)

 

●トヨ アルミダクト100㎜ ALN-100 3M  738円

 

 

 

塩ビ管のVU100を使って、ダクト(空気の通り道)を作ろうと思っていた。

ホームセンターで丸型レジスターに装着してみたら・・・

ガボガボだったので止めにした。(*´Д`)ザンネン

 

素材がアルミなので、加工しやすい。

 

1-2. 施工:換気口をつくる

 

材料が揃ったので、施工を開始する!

まずは、空気の通り道を確保しなければいけない。

 

1. 軒(のき)の構造

 

外壁にペタッと取付けたような軒は、中が空洞になっていた。

それと、軒は屋根裏とも繋(つな)がっていた。φ(.. )ナルホド

軒下換気というのがあって、外気との温度差で自然換気を行うものなんだけど、ここでは軒下の換気口は見当たらない。

 

 

2. 換気口の穴を開ける

 

軒の薄いベニヤ板を、引廻しノコで穴(直径100㎜)を開けておく。

頼りない板なので、別途用意しておいたベニヤ板を使い、これにも穴を開ける。

 

何ヶ所か穴を開けることがあるので、段ボールでΦ100の円を作っておいた。

コンパスを使うのは、何年ぶりだろうー。(*゚▽゚*)ナツカシイ

 

この段ボールを目安に、ベニヤ板に穴を開けた。

ガラリを取付けてみる。

 

見た目はイマイチだけど・・・気にしないでおこう (* ̄∇ ̄*)イマハ・・・

 

3. アルミダクトを穴に通す

 

次に、アルミダクトを穴に通す・・・

空洞部分は狭くて、思うように入らなくて苦労した。(; ̄д ̄)ハァ-

ポイントは、

 最初にアルミダクトとガラリを繋げてから、穴に通すこと。

 

アルミダクトは伸縮する。

1Mが最大3Mまで伸びるらしい。

でも、あまり伸ばしすぎしまうと弱くて、すぐに穴が開いたり裂けてしまう・・・

 

アルミダクトって、どうやって施工するものなんだろう???

簡単そうだけど、想像していた以上に難しかった。(。´-д-)。。。

 

何度か失敗したりしながら、ようやく形になった。

手首の周りが傷だらけになって・・・ ヒリヒリ痛い(ρ゚∩゚)

 

 

 

4. 仕上げ

 

内壁の仕上げに、断熱材と遮音シートも貼って、最後に石膏ボードを取付ける。

 

ここらへんで体力を消耗してしまったのか、疲労が襲いかかってくる。

力を振り絞って、石膏ボード貼りまでなんとか終えたい。(*・ω・)アトスコシ

1枚ものはいつもより重く感じて、何度も脚立がぐらついていた。

 

このままじゃ危ないなぁーと冷静になって考え、石膏ボードを2つにカットして貼り付けることにした。( -д-)オチツイテ!

焦ってくると、ケガをする。

 

そして、ようやくすべての取付けが完了!

軒の空間を利用して、自然換気口を取付けることが出来た。(・∀・)デキタ!

 

これは、今後モーター付きのパイプファン換気にすることも可能。

 24時間換気システムとして機械換気設備にするためには、パイプファンを取付けておくとよい。

 

 

 

 

 速結端子接続の商品は、電気工事士の資格が必要になる。

その場合は、コンセントありに変換する部材を使うことで、コンセントタイプにして使うことが出来る。

 

 

蛇足ながら、タイマー用スイッチがあると、設定時間(15分・60分・90分)経過後に静止する。

 これは、電気工事士に依頼して施工する。

 

 

 

今後の課題

 

この時代の古い家は、建築当時24時間換気の概念が決められていなかったので、自然換気口が各部屋に存在しない。

隙間だらけの家だったから自然に空気も入れ替わっていたんだろうけど、断熱材を入れて気密性が高くなると換気できなくなる。

 

断熱と気密性を高めたら、換気を効率よく行う必要がある。

 

徐々に各部屋にも、自然換気口を取付けていこう!(*^▽^*)

 

まとめ

 建材や家具から発散する揮発性の有機化合物が、シックハウス症候群の問題になっている。
 気密性を高める一方で、換気不足の家になってしまう!
 健康的な家にするために、24時間換気が出来る家にDIYする!

 

おすすめ>>>

  「DIY換気」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アマゾンで買い物するならギフト券のチャージがお買い得!!

 チャージするたびに最大2.5%のポイントバック!プライム会員はお得。

 オススメ① 支払いは現金派の方
 オススメ② 予算管理をしたい方
 オススメ③ デジタルコンテンツの利用が多い方に

 

内壁












wata-siroをフォローする
DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
タイトルとURLをコピーしました