DIYで台所の床下から天井まで綺麗にリフォームする!

 

wata-siro
wata-siro

わたしのブログに訪問していただき、
ありがとうございます。
このサイトを書いていますwata-siroです。

 

台所をリフォームすることになったときは、既に水漏れや設備などの劣化が進行しているケースも多いと思います。

水廻りは思わぬ場所が損壊していることも。。。

台所をリニューアルしたいと思う場合、床下の状態を欠かすことが出来ません。

 

当初から覚悟はしていましたが、やはり全体的に台所のリフォームが一番手こずりました。

 

それでも、完成した時の達成感は、今でも忘れられない喜びです。

 

台所は毎日利用する必需空間なので、一般的にリフォームする場合は短期間でやる事が求められます。

私の場合は移住する前のリフォームだったで、納期を気にせずにマイペースにやることが可能でした。

スピードを必要とする場合は、業者に依頼する方が良いのかもしれません。

 

どうしても予算のことがある場合や自分でやりたい場合は、台所の一部をリフォームするだけでも、随分と気持ちがリフレッシュできると思います。

 

ご自分でDIYしてみようと思っている方が、このブログを読んで何か少しでもアイデアが浮かんだり参考になれれば本当に嬉しいです。

失敗を恐れずに、チャレンジしてみてください。

 

Let‘s DIY!(*^-^*)







台所をリフォームする ~床下 編~

 

小さいな家の台所ですが、10畳の広さの床を解体したり、床下を綺麗にすることから始めました。

 

⇒ 使い古された水廻りの台所を、清潔な空間へとリフォームする

使い古された水廻りの台所を、清潔な空間へとリフォームする
水廻りの台所は湿気が多く、劣化の激しい部屋のひとつ。 床もブワブワとしていて、歩くことさえ危険なこの台所を生まれ変わらせたい! キッチンは綺麗に使い続けたとしても、20年もすればガタがきてしまう。 ...

 

⇒ 修復DIY!床下の大引きの割れを発見!?DIYで簡単に補修する方法

修復DIY!床下の大引きの割れを発見!?DIYで簡単に補修する方法
【修復DIY】床下を開口すると、隠れていた欠陥を発見することが出来る!手遅れになる前にDIY修復する。 前回の記事 参考記事  床下の根太を支えている大引きが割れている!? ...

 

台所の床下が少しでも臭う場合は、長年使い古された排水管の劣化・排水漏れの可能性を疑った方がいいかもしれません。

排水漏れは不潔ですし、放っておくとカビ雑菌が増殖してしまいます。

また、害虫の侵入経路となっているかもしれません。

 

台所の床下は放置せずに、早めの対処が必要です。

 

⇒ 台所の床を造る前にすべきこととは!?排水管を新しく交換する

台所の床を造る前にすべきこととは!?排水管を新しく交換する
大引きの修復が完了したので、引き続き 台所の床を造っていくことに。 前回の記事 この記事のポイント  床を閉じてしまう前に、シンク周りの古い排水管を新しく取り替えておく! 台所の排水管を新しく...

 

床下の作業は大変だったので、なかなか作業が捗(はかど)りませんでした。

でも、今後何十年と開けることがないかもしれないので、手抜きせずに床下を綺麗にしておきました。

 

床下は、いつでも点検できるようにしておくことが必要だと思いました。

台所をリフォームする ~内壁 編~

 

台所の壁は、油汚れシミ・黒ずんだカビの跡が染みついていました。

このまま使い続けるのは、衛生上良くありません。

 

当初、既存の壁材の上から壁紙を貼り付けようと予定していました。

汚れがひどいので、カビの胞子など見えない菌が増殖するかもしれないし、考え直して壁の板材などを撤去することから始めました。

 

⇒ 騒音発生の要因!?台所の薄くて汚れた内壁を解体する

騒音発生の要因!?台所の薄くて汚れた内壁を解体する
どうしても気になる。。。騒音問題 この古い一軒家は、外からの音が筒抜けだった。 こんなにも外の音が聞こえてくるもの??? 心がまったく落ち着かない・・・ この記事のポイント  家で健康的...

 

⇒ 石膏ボードで防音対策の内壁つくり!DIYで壁を厚くする

石膏ボードで防音対策の内壁つくり!DIYで壁を厚くする
【DIY防音】一戸建ての防音対策、諦めなければ効果はあるのか!?検証してみる 前回の記事 この家で穏やかに暮らしていけるように、騒音対策を真剣に考えていた。 気密性は全くなく通気性は抜群のこ...

 

⇒ 【DIY電気】スイッチコンセントを移設・新設して、使いやすくする

【DIY電気】スイッチコンセントを移設・新設して、使いやすくする
【DIY電気】部屋の外にスイッチを移設して新たに足元灯を設置したら、以前よりも使いやすくなった! 内壁を石膏ボードに変えるついでに、剥き出しになっていた電気配線が気になっていた。 単純にスイッチの位置を移設するこ...

 

 

汚れで古びた台所は、暗くてなんとなく不穏な空間でした。

このままでは、料理も作る気にもならないし、美味しく食べられません。

 

床や壁の色を明るくすれば、雰囲気も一変しました。

シンク周りのコンクリート壁に、調湿効果のある漆喰を使ってみることにしました。

 

⇒ 台所の地味なコンクリート壁を、漆喰で明るい壁に塗り替える!

台所の地味なコンクリート壁を、漆喰で明るい壁に塗り替える!
【DIY漆喰】湿気や油汚れが目立つ調理壁を、漆喰で明るい壁に塗り替える! 台所の壁は、ほとんどが石膏ボードを貼り進めてきた。 その中で、ガス台とシンク台を設置する壁にはコンクリート壁となっている。 経年の油...

 

台所の内壁は、石膏ボードで下地処理まで済ませておきました。

これから壁紙を貼るのか、漆喰で全体を塗って腰板を貼ろうか・・・

今のところ構想中です。

 

まだまだ、先は長そうです。。。(*’ω’*)

台所をリフォームする ~床 編~

 

お気に入りの無垢のフローリング材で、台所の床を新調しました。

10畳の広さがあるので、素人の私にとっては地道な作業が長く続きました。

 

⇒ 完成!DIYで台所のフローリングを貼って、手に入れた無垢の床

完成!DIYで台所のフローリングを貼って、手に入れた無垢の床
【DIYで台所フローリング貼り】多くの障害を乗り越えて完成した台所の床は、最高のご褒美となった! 廊下のフローリング貼りが終わってから、そのまま続けて台所にも貼っていきたかったけど・・・ 足を負傷してしまって。。...

 

⇒ 台所シンク下に設置する止水栓、末端の始末を床上ソケットでする

台所シンク下に設置する止水栓、末端の始末を床上ソケットでする
台所の水栓部分の始末には、ポリ管をT足で固定する  台所に混合水栓を取付ける前に、床から飛び出たポリ管に止水栓を取付けておこうと思う。 ちなみに、こんな状態 ↓ この部分、通常はシンク台があって隠れて見...

 

途中、床下点検口 屋根裏点検口 などの作成もしつつ、床貼りを終えることが出来ました。

やはり、他の和室などのフローリング貼りとは違って、ハードルは高かったように思います。

途中で高価な道具を購入する決心をしましたが、それが一番役立って良かったと思いました。

 

完成した時の喜びと、これから長く愛用していく台所の愛着が、何よりのご褒美となりました。

 

台所をリフォームする ~シンク 編~

 

台所のリフォームをするなら、普通は機能的で新しいシステムキッチンを導入したいところですが・・・

金銭的な余裕がない私には、贅沢は出来ません。

 

古いシンクを再利用して使うことにしました。

ステンレス部分だけを取り外して綺麗に磨き、他の部分はDIYして台所シンクを作成することにしました。

 

⇒ 40年経ってもステンレスは腐らない、台所シンクをDIYで蘇らせる!

40年経ってもステンレスは腐らない、台所シンクをDIYで蘇らせる!
台所シンク台を解体して、もう一度シンクを蘇らせたい! ばあちゃんが使っていた台所のシンク。 もう、40年近く・・・ 古くて汚れやカビが付着している。ヾ(・ω・`;)ノ キャー 潔癖(けっぺ...

 

⇒ 台所用シンクに、DIYで混合水栓を取付ける

台所用シンクに、DIYで混合水栓を取付ける
台所の主役、台所シンクにシングル混合水栓を取付ける ステンレス製の天板部分だけは残しておいて・・・ もう一度シンクとして生まれ変わらせる。٩(●˙▿˙●)۶ヨシッ 古いシンクを再利用するために、水栓部分を確保す...

 

台所のシンクは、やはり作業がしやすいようにすることが大事です。

身長に合わせた高さや、作業台の広さ、収納のスペースなど、適切に組み合わせられていることが重要でした。

 

まだ充分な設備が整っていない状態なので、これからも使いやすい台所を目指しています。

 

台所のリフォームはまだまだ未完成

これからも、随時更新していくつもりです!!!

 

 

まとめ

 

台所のリフォームをして実感したことは、部屋全体の空気が変わったことです。

床下から天井まで綺麗にしたことで、とても清潔になりました。

 

床下からの隙間がなくなり、わたしの大嫌いな黒い害虫も見ることは無くなりました。

あらゆる隙間を無くすことがとても大事です!

 

水廻りの仕組みを理解しておけば、問題が発生しても最低限のことは自分で対応できます。

自分の家を守っていく為には必要なことではないかと思いました。

 

これからも、台所のリフォームは続きます。

どんなふうに変わっていくか分かりませんが、ワクワクしています。

 

最後まで私のブログを読んでくださって、ありがとうございました。

 

もう一度記事を読む

タイトルとURLをコピーしました