第二種電気工事士 技能試験 当日

技能試験
この記事は約9分で読めます。

前回の記事 

独学!第二種電気工事士 技能試験【 予想問題 】
独学での技能練習は、正解の判断基準が正直難しいかもしれません。 誰かにアドバイスしてもらったり、ミスを指摘してもらうことができません。 ではどうすればいいかというと、テキストに書いてあることを充実に守ることです。 そして、手が勝手に動くようになるまで、何度も練習あるのみです! 最後まで精一杯がんばりましょう。




技能試験 試験当日

 

受験票には、

試験時間11時30分~12時10分
試験当日は、入室時刻(10時55分)までに試験室に入室してください。

と記載がある。

 

注意事項もしっかり確認。

 

10時10分頃に会場到着。

筆記試験会場と同じだったから、問題なく到着。

既に、受験者と思われる少年からおじさんまで w(゚o゚)w ウジャウジャ

なんと、制服や作業着を着た人が結構いた。

学校の教師らしき人が、制服着た生徒達に「落ち着いてガンバレよ~」なんて激励している (^_^) イイネ

 

そんな人ごみを縫うように、受験会場に入るワタシ。

受験票を手に、自分の席を見つけた。( ・Д・)ココダッ

隣には、つなぎの作業着を着た若い男性が既に着席。

机上に工具を並べて、受験時間を待つのみって感じ。

 

緊張感が伝わってきた・・・。 Σ(=゚ω゚=;)

 

落ち着いて。。。

 

試験開始までの間、注意事項が記載されている用紙を読んでおく。

時間割りは↓コレ

 

実際は、説明時間が押して受験開始時間が数分遅れた。

 

着席のアナウンス
①10時55分
注意事項の説明
②11時
受験者カード記入:鉛筆かシャープペンのみ
受験者カードと持参していた写真付受験票は回収
試験問題配布
材料配布
③11時25分(6分間)
材料確認:箱から材料を取り出し、付属品の数やケーブルの長さを確認。
④11時34分(予定より4分遅れ)
試験開始
⑤12時14分
試験終了

 

 

会場には時計がないので、時計を持参することになるんだけど。。。

40分って意外とわかりにくい。

 

それに、開始時間34分から40分後って・・・(゚д゚;)

せめて開始時間35分からじゃない???

技能練習しているとき、ストップウォッチでタイムを計っていたので

アナログ時計とデジタル時計の2つ準備。

 

 

これがよかった v( ̄∇ ̄)v

試験官の時計に合わせて、開始されるからネ・・・

 

材料確認で、さっきまで会場があんなにざわついていたのに、

試験開始前の数分、静かに時を待つ。

いよいよだぁ。。。

心臓が高鳴る。ドクドク・・・

 

試験官

はじめてください。

 

 

時計のスタートボタンを 「ポチッ」

よし、ガンバロウ (≧ヘ≦)

 

1-1. 技能試験 試験開始

 

●11時34分
予定より4分遅れて、試験開始。

 

問題用紙を開く。

試験問題は公表候補問題の「2番」 (゚ロ゚;)エェッ!?

事前にやまかけた私・・・。

 

「3番・7番・9番」ばかり頭に入っていた。

予想問題は、かすりもしなかった・・・ ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 

正直、少し焦った。

ただ、そんなに手間の掛かる問題ではないのは わかっていたので、

((( とにかく、落ち着いてやろう。 )))

と、自分に言い聞かせる。(*゚∀゚)っ

 

複線図は何度も書いてきたから、迷いなく書けた。

まずは、VVF1.6-2C、VVF1.6-3Cの順に、ケーブルをカットする。

VVF2-2Cはカットなし。

問題を見ながら長さを慎重にカットしていくけど、

失敗したら余分のケーブルがないので、一か八か・・・。Σ( ̄ロ ̄|||)

次は、ランプレセプタクル。

((( これは、何回も練習したから大丈夫。 )))

落ち着いて輪作りする。

極性と右巻きも確認して、ねじ締め。

あれっ???

このケーブル、被覆がするっと剥けて作業しやすいなぁ~(・◇・)

すい~っと・・・

ケーブルが練習で使っている物より扱いやすくて、難なく成功した。(*’-‘*)ヤッタ!

((( やっぱり、ねじ締めにショートドライバーを持ってきて良かった。 )))

 

それにしても・・・
想像以上に、机の上が狭いなぁ (((( ;゚д゚)))

 

続いて、パイロットランプとスイッチを枠の上下に取り付ける。

ケーブルの接続はせずに、一旦 後回しにしておく。

そして、2口コンセント、1口コンセントを極性に注意して接続する。

 

ここで、時計を見ると、

ストップウォッチが18分を回っていた。

((( もうこんなに時間が経ってる!焦 )))

 

後回しにしておいた、ランプレセプタクルとスイッチの配線にとりかかる。

ここは黒のわたり線が必要。

余ったケーブルをカットする。

パチッ(カット)

(゚ロ゚;)ハッ!? ((( あぁぁ~ やってしまった。。。 冷汗 )))

なんと・・・

施工省略(イ)に繋ぐケーブルを、カットしてしまった。

頭が真っ白に。。。心拍数が上昇する。。。(ドクドクドク)

わたり線用のケーブルは、VVF1.6-3Cの余りを使えばよかったんだ・・・。

((( 後悔先に立たず ))) (*´ェ`*)

 

 

問題では、端から100mm必要となっている。

カットしてしまったケーブルの長さを測ると、

全長120mmしか残っていない。

通常、全長200mmにカットし、ここから100mmの被覆を剥がして

VVFジョイントボックス部分Bで差込形コネクタと接続する。

 

一気に汗が出てきて、気持ちが覚めていくのがわかった。

((( 終わった・・・ )))

長さが全然足りない。。。

 

取り敢えず、全部やり終えた。

時間は、30分。

見直しする時間は、約10分程度。

後半の記憶があまりない。( -д-)ノ・・・

結局、必要な寸法100mmの部分が60mmになってしまった。

明らかに短かすぎる・・・

●12時14分

試験官

作業を止めて下さい。すべての工具をしまってください。

 

 

名前を書いた受験番号札を、しっかり本体に縛ったことを確認。

退席カードをもらった人から、順番に退室する。

 

 

帰りの電車の中で、溜息ダラケ。。。

今年は駄目だったな・・・(≧ヘ≦) (泣)

 

1-2. 試験終了後の見直し 

 

試験が終わり、周りの出来上がった人の課題作品をみてガックリしていた。

明らかに、私のとは形が違う。

施工省略(イ)部分が、短すぎる。

しかも、VVFジョイントボックス(省略)部分の内装被覆の長さはもっと短足。

恥ずかしさで、隠したくなった。。。(ノд・。)

 

試験が終わって、さっさと帰宅。

持参した工具が重くて、どっと疲れた (*´ェ`*) フウッ

 

テキストは自宅に置いていたので、一応 解答を確認しておこう・・・。φ(.. )

試験の問題用紙と、テキストの候補問題のNo.2を見比べる。

内容に変わった点は無いみたい。

PL(パイロットランプ)の常時点灯の差込み部分を確認。

まさかの、ひねりのない問題だったんだ。。。

 

下期は難易度、易しいほうだなぁ~。

それなのに、しくじってしまった自分に 後悔の念。

((( 練習不足だったのかな・・・ )))

 

ネットで、寸法条件の許容範囲を調べてみることにした。

いまいちこれといった情報がなくて・・・

テキストの 「技能試験でよくある質問」 というページをみていると、
あった!Σ(‘◇’*) !?

 

Q、施工寸法とはどの部分を指しますか?
A、配線器具の中央から
ジョイントボックスの中央までの距離です。
Q、施工寸法の許容範囲はどれくらいですか?
A、マイナス50%までです。

今回の試験で言うと

施工寸法が100mmの場合、50mm以下にならなければ欠陥はとられない。

Σ(=゚ω゚=;)ナニィ~ !?

それに、施工寸法はケーブルの長さではないみたい。

中央(配線器具)から中央(ジョイントボックス)までの距離って書いてある。 Σ(・ω・ノ) ソウダッタンダ・・・

 

つまり、

施工省略だから、配線器具(イ)の中央は無いことになる。
この問題での施工寸法は・・・
VVFジョイントボックス(B)の中央から、ケーブルの長さになる。

 

本当なの??? 何度も読み返すワタシ。

試験で見直した時、
絶縁被覆のケーブルが確かに60mm残っていた。

これってセーフ ってこと???

まさかの希望の光が差してきた。
。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

あとは、結果を待つのみ。

 

技能試験の問題及び解答公表日:平成28年12月5日(月)
技能試験結果発表日:平成29年1月13日(金) (通知書発送日)

 

次回の記事 

独学!第二種電気工事士 合格発表・免状交付申請【一発合格への道】
...

 

 

関連記事>>>

独学で第二種電気工事士の免許を取得!一発合格できた勉強法と費用を公開!
第二種電気工事士の資格を目指している人は、電気工事士を未経験から目指す人、または転職を希望している人、または、私のように家のリフォームのために資格が欲しい、と資格を活かすために目指していると思います。 目的をしっかりと持っていれば、そのためにどうすればいいのか!? 試験に合格するための勉強をするしかありません。