第二種電気工事士 技能試験 予想問題

技能試験
この記事は約4分で読めます。

前回の記事 

第二種電気工事士 技能試験 ~実践練習編~  
...




技能試験  1週間前

 

試験まで、あと1週間。

筆記試験が終わって、約2ヶ月後が技能試験になる。

試験まで残り1週間。Σ(‘◇’*)ハヤカッタナア~

技能試験に関して、情報が少ない独学のワタシ。。。

テキスト1冊とインターネットの情報を駆使して、

なんとかここまできたんだけど。。。

 

ここまできても、試験のイメージが沸かなくてアタフタしていた。(゚Д゚≡゚д゚)

練習は、いつも自分の部屋の地べた。

圧着にpowerを要するので、なんとなく机上では練習していなかった。

それが、急に不安に感じるようになり・・・ (((( ;゚д゚))) ダイジョウブカナ???

 

情報では、

机上は狭くて道具がゴチャゴチャしてしまい、作業しづらいみたい。

試験当日のように、机上で練習してみよう。

 

早速、練習開始。

いつものように、複線図を書いて作業へ。

あれっ???

血出てる。。。(TдT)イタイ

手を切ってしまった。

作業スペースが狭いので、電線が触れてしまう。

こんなに作業しにくいんだと、痛感!

 

持っていく道具を、限定しておいたほうがいいかも。

でも、全部必要だし・・・困った。゜(´Д`)゜。

カットバンは絶対必要だなぁ。。。

 

この時期で、作業タイムはおよそ30分。

約10分の見直し時間がつくれるようになった。

でも、慌てて作業しているので絶縁被覆を噛んでいたり、

相変わらず圧着が下手 (; ̄Д ̄)

 

残り時間を大事に、練習だ~( ̄0 ̄) /

技能試験 予想問題

 

予想問題サイトがあることを知った。

「 2016年 第二種電気工事士 予想 」

と検索したら、下期試験の予想出題「○番、○番、○番」と出てくる。

 

検定試験や国家試験の予想屋さんらしき有名サイトを発見!(・◇・)ゞイヨッ!

どういう基準で予想しているのかな・・・

 

過去問から、直近で出題された問題以外のものだったり、

前期試験は○番が出題されたから、下期試験では出題ナシだろう、とか。。。

 

2016年上期試験では、1番と8番が出題。

上期試験では、これまでの出題傾向に変化があったよう。

西日本の地域1番が出題され、東日本の地域8番が出題されたみたい。

 

上期試験で出題された問題は、下期試験では出ないだろうという予想は、
ワタシも同感。

ちなみに、テキストはあくまで2016年のテキストなので

上期も下期も公表問題No.1~No.13の中から出題されることになっている。

 

但し・・・No.8の問題はちょっと注意しておこう。

No.8の問題は、テキストにもあるように2種類の施工方法が載っている。

ジョイントボックスとリモコンリレーの結線において、

・No.8-1:ケーブル3本の施工で出題された場合(上期試験にて出題)
・No.8-2:ケーブル2本の施工で出題された場合

 

同じ問題のNo.8でも、2種類の施工方法が公表問題の中にある。

No.8-2は予想圏内に見ておく必要があるかな。

 

また、筆記試験の合格率の推移から

下期の筆記試験の合格率が例年より低かった為、微調整するんじゃないかな と予想しており・・・

なるほどネ。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

ということは、今年の技能試験はそんなに難しい問題は出題しないのでは !?

【 上期試験(筆記) 合格率 】

●2014年  62.2%
●2015年  62.5%
●2016年  65.2%

 

【 下期試験(筆記) 合格率 】

●2014年  49.5%
●2015年  51.6%
2016年    46.4%

 

そんな感じで、試験まで残り少ない貴重な時間なんだけど・・・

練習より予想に力が入る ( ̄ロ ̄|||)ヤッチマッタナ-

 

てなわけで、ネットの予想屋さんたちの予想問題は、

「3番・7番・8-2番・9番」

試験日が近づいてくると、

やるだけやった(* ̄∇ ̄*)エヘヘ!とは全くならなくて・・・

本当にこんな練習でよかったの??? と不安だらけになっていた・・・(((( ;´Д`)))

そんな貧弱な精神状態なので、

当然、予想屋さんたちの予想問題に 気持ちがどんどん偏ってしまい・・・(‘д` ;)ヤマカケタ

頭の中は、

3番・7番・9番」だった。。。

 

次回の記事 

第二種電気工事士 技能試験 当日
...