独学で第二種電気工事士を目指す!国家資格一発合格への道は夢じゃない

筆記試験
この記事は約13分で読めます。
この記事のポイント
 家のリフォームを進めていくうちに、家中の古くなった電気設備を新しくしたいと思うようになった。自分でDIYしたいので、電気工事士の資格を取得する!




電気工事士の資格を目指すきっかけ

 

古い家をリフォームしながら、もやもやした気持ちが芽生えていた。

なんだかスッキリしない。φ(.. ) モヤモヤ

 

この家の電気設備のこと。。。

このままでいいのかなぁ~ (´・ω・`)

 

和室のコンセント           サンルームのスイッチ

 

こんな古いコンセントやスイッチばかり。

色褪せて使いにくい上に、デザインが昭和。 (+д+) ガーン

 

ばあちゃんが生きている時、タコ配線しすぎてショートしたことがある。

その時、延長コードが焼け切れて停電したとか言っていた。

ブレーカーが落ちた、だけだったと思うけど。。。

 

現代は、

  1. 押しやすい幅広スイッチ
  2. 自動点滅器
  3. タイマー付スイッチ
  4. 調光スイッチ

など機能性は進化している。

日常的に使うことだから便利に使いたい。

 

少し前までは高くて買えなかったLED電球も、かなり安くなってきた。

超寿命・低消費電力なので、煩わしい交換の回数も減って良い。

 

電気設備を扱うには資格が必要!

 

以前電気工事のことをネットで調べた時、

 資格無しでは電気工事はできません!

って、しつこいくらい書いてあった。

ずっと気にかかっていた電気工事の資格

 

昔から理科が苦手で電流、電圧、オーム・・・ はっきり言って、楽しくない。。。(;´Д`)

それでも、自分のマイホームを作っていく為には、電気工事は避けて通れない気がしてきた。

 

致命的だったのは、

 各部屋にコンセントが1ヶ所しかない

不便なのは、間違いないよね。(;・∀・)アリエン

 

電気屋さんに頼めばやってくれるだろうけど、家中の電気工事を頼むとなると費用=コストがかかる。。。

 

これまで、もやもやしていた気持ちの原因がはっきりした!

それならいっそ、資格をとってやろう!(*・∀・*)

 

第二種電気工事士・試験の概要

 

私が目指すのは、第二種電気工事士という国家資格。

やる気が芽生えているうちに、取り掛かる。

どんな資格か調べてみると、

 

受験資格

●年齢や国籍など規定は無く、誰でも受験可能。

受験費用

●インターネット申し込み9,300円
●郵便申し込み      9,600円

資格取得まで

●1年間に上期・下期のいずれか受験可能。
●筆記試験(1次試験)と技能試験(2次試験)の2回ある。
●筆記試験に合格したら、技能試験を受験できる。
●技能試験が1回目落ちても、2回目は筆記免除で技能試験を受験可能。
筆記試験の概要
●すべてマークシート
●50問
●「イ・ロ・ハ・ニ」の4択
●試験時間2時間
技能試験の概要
●自前で指定工具を持参
●試験時間40分

 

ほんとうにザックリな情報だけど・・・(;・∀・)

独学で受験しても、合格できるのかな???

それに、実技試験なんて どんなものか見当もつかない。

 

身近に、電気関係の詳しい人もいないし・・・

やるなら、自分で何とかするしかない。

情報は少ないけど、やれるだけ頑張ってみよう (*・∀・*)

 

独学で学ぶ参考書選び

 

資格をとる!と決めてから、早速 参考書選びにとりかかる。

どれがいいか、見当もつかないので・・・(。・ω・。)

 

「第二種電気工事士」と検索。

クチコミの多い本を参考にして決めた。

 

筆記試験用の参考書:ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格

 

 

B 5サイズで、厚み約15mm。

イラストやカラー写真があって、文字も読みやすいサイズ。

やっぱり、イラストがあるとほっとする。

これだったら、続けられそう ヾ(・∀・)ノ

 

それから、もう一冊。

筆記試験用の過去問:すい~っと合格赤のハンディ ぜんぶ解くべし!第2種電気工事士 筆記過去問

参考書とセットで過去問も一緒に購入。

これは、参考書の姉妹本。

 

 

こちらは、ハンディタイプで文庫本サイズ。

厚みは約20mm。

10年分の過去問題が全問掲載されている。

イラストやカラーは、参考書とまったく同じ。

問題ごとに参考書のページ数が記載されているので、復習しやすいようになっている。

 

この2冊だけに絞った。

※技能試験のテキストは別途1冊購入。ここでは、筆記試験用の2冊のみ。

 

ポイント 
 第二種電気工事士合格への道:テキストはたくさん必要ない!2冊に絞るべし。

 

ちなみに、表紙の人は野球選手の宗リン(川崎宗則)らしい。

第二種電気工事士の資格、持っているんだって。。。

 

てっきり、著者の顔だと思っていたけど・・・(*・∀・*)ハハッ

 

第二種電気工事士 下期試験 申込み

 

平成28年度(2016年)の受験は、上期と下期の(どちらか重複不可)2度試験が行われる。

受験申込期間がすでに過ぎており、上期試験には間に合わない。

下期試験を受験する。

 

下期申込期間 : 6月16日(木)~6月29日(水)

筆記試験   : 10月1日(土)

筆記合格

技能試験   : 12月3日(土)

技能合格    技能不合格→→→翌年・技能のみ試験(筆記免除)

免状交付申請

免状取得 (第二種電気工事士 資格取得)

 

資格取得のフロー

第二種電気工事士の資格取得フロー

 

インターネットで、申込むことにした。

 

第二種電気工事士 試験案内

 

特に難しいことはなく、簡単に申込みは完了。

受験費用:9,300円 

 

申し込みはコチラ
一般財団法人 電気技術者試験センター

一般財団法人 電気技術者試験センター

 

意外と受験費用って高いなぁ~~~ヾ(・д・`*)

クレジットカードで決済するので、今のところ痛みがないんだけど・・・

本気で取得する覚悟を持っていないと、ドブに捨てることになりかねない。。。

 

以前、なんとなく取ろうと思った資格があって、申込んだことがあった。

試験当日、体調不良を言い訳に受験放棄した。 (_ _。)・・・

資格を生かせるものじゃないと、熱意は続かない。。。

そんな出来事があったことを、ここで思い出した。

弱い自分を知っている。

 

頑張れ、自分! o(*・ロ・*)o

第二種電気工事士 筆記試験の出題傾向

 

テキストのはじめのページは、大事なことが書いてある。

 

試験に合格する為の近道(最短コース)がある。

それを頭に入れて、学習するほうが学習効果がUPすること間違いなし!って感じで・・・書いてある。

 

私は、取扱説明書を読むのが好きなほうなので、

テキストを最初から目を通すことは 別に苦にはならない。(*^ー゚)b

 

 筆記試験の出題傾向 

【 一般問題 】 30 問
・電気の基礎理論 (5~6問)
・配電理論と配線設計 (5~6問)
・電気機器・配線器具と材料および工具 (4~5問)
・電気工事の施工方法 (5~6問)
・一般用電気工作物の検査方法 (3~4問)
・一般用電気工作物の保安に関する法令 (3~4問)

 

【 配線図 】  20 問
・図記号 (10~12問)
・複線図(条数・リングスリーブ) (各1問)
・配線器具・工具・施工方法 (7~8問)

↑ ↑ ↑ これを見ても、ちんぷんかんぷん ( ̄▽ ̄;) イマノトコロ・・・

 

出題数が50問なので、1問2点で100点満点とすると・・・

100点満点のうち、合格ラインは60点。

筆記試験(1次試験)の合格ラインは6割となっている。

 

がんばれば、何とかなるんじゃないかって思ってしまう。。。ヾ(・∀・)ノ

 

このテキストの目次の順で勉強を進めていくと、

わかりやすくて、学習がはかどるらしい。

● 目次 ●
テキストは、第1章~第7章(学習内容)+第8章(過去問)に まとめられている。
第1章 配線図記号
第2章 器具・材料と工具
第3章 配線設計と電気工事
第4章 検査方法
第5章 法令
第6章 電灯配線と複線図
第7章 電気の基礎理論
第8章 過去問題 必須180選!

パラッとテキストを見ると、

前半は写真やイラストが多く使われていて、とっつきやすそうな内容。

なるほど~、分かりやすい。

後半の特に第7章は、公式や計算ばっかりで 訳がわからない。(; ̄Д ̄)ムズ・・・

 

合格への最短コース

ステップ1
●第1章(配線図記号)               例年10題   出題  20点
●第1章・第2章(機器・器具・材料・工具)      例年13題  出題  26点
●第4章・第5章(検査と法規)             例年5~8題  出題  10点
●第6章(複線図)                  例年 2題  出題   4点

(( 合格ライン       60点 ))

これだけは、しっかり勉強しておけば 合格ラインに到達するって。

ここまでは、暗記がメインだから努力次第。

 

ステップ2
●第3章(電気工事の施工方法)         例年5~6題  出題
●第3章(配線設計)                例年 3題  出題
●第7章(配電理論)                例年2~3題  出題
●第7章(電気の基礎理論)            例年5~6題  出題

 

ステップ1をしっかり克服して、ステップ2をあと最低5問(10点)くらい上乗せして勉強すれば、
合格できることになる。

 

まとめると・・・

・目次の順番に勉強していって、ステップ1は完璧に仕上げる。
・ステップ2は、得意なところを仕上げる。
・過去問を解きまくる。

 

言葉では簡単だけど・・・ネ。( -д-)ノ

 

道具が大事!はかどる勉強用のおすすめ文房具

 

コーネルメソッドノート

昔から使っているノート。

学研ステイフル コーネルメソッドB5リングノート 6mm罫線

 

 

このノートは、すごく気に入ってて よく使う。(*^ー゚)b

アメリカの名門「コーネル大学」で開発されたノートシステムを採用、
って書いてある。

名前が長いけど、コーネルメソッドノート って呼んでいる。

 

このノートの何が良いかと言うと、

1ページのなかで3ヶ所のエリアに分けられている。

コーネルメソッドノート

A ノート・エリア
内容を書き込む
B キーワード・エリア
重要なキーワードを書き込む
C サマリー・エリア
復習・要約を書き込む

 

これって、高校時代に先生が教えてくれたノートの使い方と同じで、懐かしかった。

あの頃は、普通のノートだったから、毎回定規でラインを引いていた。 ヾ(・д・`*) メンドシ~

今では、その手間がなくなった。

 

それに、紙の質が良くて、ボールペンがサラサラと進む。

やっぱり、書きやすいノートだと手が疲れない。

 

ボールペン

お気に入りのボールペン

 

 

【ぺんてる】
VICUNAビクーニャ (0.5mmボール)

ずっと、愛用しているビクーニャのボールペン。

替え芯だけ、まとめて購入している。

 

ノートもボールペンも、ヨドバシさんでいつも購入。

送料無料で、在庫もあるし、ストレスなしで助かっている。(*^ー゚)b カンシャ

 

最近ちょっと心変わりもして、JETSTREAMを使ってみた。

私は細いタイプが好きなので、0.38mmを購入。

これも、さらさらと滑らかな書き心地でとても良かった。

ボールペンにはよくあるインク漏れもなくて、ノートが汚れない。

暫くは、これを使ってみよう。

 

 

 

勉強が、はかどるといいな。(*・∀・*)

 

いよいよ筆記試験の勉強を開始する!

第二種電気工事士 合格への道!
  • STEP 1
    やる気度20%
    試験概要の確認をする
  • STEP 2
    やる気度60%
    試験申し込み やる気度が上がる!
  • STEP 3
    やる気度80%
    試験テキスト購入 ~2冊に絞る~
  • STEP 4
    やる気度100%
    筆記試験勉強を開始する

 

次回の記事

第二種電気工事士 筆記試験 第1章~第7章
...

 

おすすめ>>>  「第二種電気工事士」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。