DIY水道配管、風呂のタイル壁に給水管の貫通穴を開ける

水道配管 浴室DIY編 水道配管
この記事は約11分で読めます。
この記事のポイント 
 風呂のタイル壁に給水管用の穴を開けて、給水設備を新設する。




風呂用の混合水栓を、タイル壁に取り付ける準備をする

水道配管 浴室DIY編

 

風呂場には、混合水栓が2ヶ所設置されていた。

古い水道管から赤錆あかさび交じりの水が流れていたことを考えると、水道設備も新しくした方がいいと思う。

 

当初、一方の混合水栓はステンレス製だからまだ使えそうだと思って、綺麗に磨いて掃除していた。

ところが、シャワーホースを接続する部分が樹脂製で、割れて使えなくなってしまった。

 

水栓交換の目安

                                     ~ SANEI  交換時期の目安 参照 ~

水まわりの豆知識 | 家庭の水まわりトラブル解決なら【水まわり解決帖】
水まわりに関する豆知識をご紹介します。水まわり解決帖では、水もれの修理や水栓の取替え方法はもちろん、節水用品や水栓部品など、家庭で使える水まわり用品をお届けします。
 混合水栓本体の場合、約10年が交換の目安となっている。

 

水漏れしだしたり壊れた時が取り替え時だろうから、2つとも交換することにした。

1-1. 風呂にはサーモ付き混合水栓を使う理由

風呂に設置されていた混合水栓は、サーモスタット付き。

サーモスタットってよく聞くけど、その意味を理解しておく。

 

サーモスタット付混合水栓

 サーモスタットとは自動制御による温度調節器の意味で、あらかじめ設定した一定温度で利用できる。

 

  1.  蛇口を開いた途端、熱湯が出ないようにする。
  2.  安定した温度のお湯が出てくるので、安心して蛇口を開ける事が出来る。

 

 キッチンや洗面所では、水と湯の切り替え頻度が多いある  シングル混合水栓
 風呂は一定の温度で湯を利用する  サーモスタット付混合水栓

 

シャワーを浴びる際に、突然熱湯を浴びてしまったら全身やけどになったりして、危険度は高い。

浴槽に湯を溜める時、水と湯の温度調整をするのは面倒になる。

サーモスタットがあれば設定した一定温度が出るので、この問題が解決できるわけだ。

この機能は、当たり前のようでとても有難い。

サーモスタット付き混合水栓を購入する

 

風呂用の混合水栓は、値段が高い。

日本のTOTO製のものなら、安くても14,000円~ となっていて・・・

なかなか手が出せなかった。

 

ネットで探すと、おしゃれで安い海外製品が多数あるのだけど・・・

万が一、水漏れなどで部品が必要になったときの取り寄せ返品交換が難しくなりそうなのが、ネックの元。Σヾ( ̄0 ̄;ノ

なので、部品の規格が同じ点で交換がしやすい、日本製の混合水栓に絞って探すことにした。

 

 

ヤフオクで購入。

新品(未使用品)で8,000円だった。

8,000円(本体)+1,080円(送料)=9,080円(合計)

普通のサーモスタット付き混合水栓なのに、良い値段で手に入れる事が出来た。(*´∇`*)

 

 見た目はおしゃれで安い海外製の混合水栓も魅力だけど、少し高くても安心感のある国内製品の混合水栓を購入した。

 

1-2. 混合水栓に逆止弁が必要なわけ

 

お湯が出る水栓で、気を付けなければいけないことがある。

逆止弁ぎゃくしべんという部品が付いているかどうか確認する。

 

逆止弁とは

 気体用や液体用の配管に取り付けておき、流体の背圧によって弁体が逆流を防止する形で作動する構造にした弁である。                              ~Wikipediaより抜粋~

 

普段使っている混合水栓には逆止弁がついている。

 蛇口を開ける時は水と湯の栓が同時に開いて、閉めた時に勢いの強い水側が湯側に逆流しないよう逆止弁という部品が付いている。

 

水道から出る水の圧力 > 給湯器を通って出る湯の圧力

蛇口を閉めた時、圧力の低い湯の配管側に水が逆流してしまう。

 

逆止弁がないと 

  1.  給湯器が故障しやすくなる
  2.  水を出す時、ぬるい水が出てきたりする。

 

逆止弁なしの製品もあるので、注意して購入する。

逆止弁の有無を確認する方法

 

この2ハンドル混合水栓を購入するときに特に注意して、逆止弁がついているか見分けるポイントがある。

 

逆止弁の見分けるポイント

 

サーモスタット付き混合水栓の場合、逆止弁はついている。

マイナスドライバーで水量を調整できる部分があるので、それがあることが目安になる。

通常は、この中に逆止弁が入っている。

 

逆止弁

 

2ハンドル混合水栓の場合、商品によって逆止弁の有無を確認する必要がある。

 2ハンドル混合水栓 
 湯側と水側の蛇口を、両方調整しながら出すタイプ。

 

逆止弁無し

 

逆止弁有り

 

「逆止弁付き」または「逆止弁なし」の表記がない場合でも、気を付けておくこと。

 

 

逆止弁がない場合

 後付けで逆止弁を取付ければ、問題はない。

 

 

最初からちょっと高くてもサーモスタット付き混合水栓を購入したほうがいいかなと思う。(* ̄∇ ̄*)

風呂のタイル壁に、貫通穴を開ける

水道配管 風呂

 

風呂場の混合水栓を交換するのは、そんなに難しいことではない。

既存の水道管がある場合は、混合水栓の本体を付け替えるだけ。

 

今回は既存の配管は使わずに、新設するポリ管と繋ぐ。

 

既存の鉄管は中から赤錆あかさびが見えていて、改めて見てもとても使用する気にはなれない。( ・Д・)ムリ・・・

 

 既存の給水管はタイル壁の中を通っているので、家を壊す時まで放置しておくしかない。

 

2-1. タイル壁に貫通穴を開ける

 

風呂場のタイル壁の真裏は屋外テラスになっていて、新しく給湯・給水配管をする。(・∀・)ノ

以前使用していた、銅製の給湯管はこの屋外テラス側から配管していたので、既に貫通穴がある。

 

 給水用の配管穴だけ、追加で開ける。

 

タイル壁に穴を開ける時は、ダイヤモンド・コアドリルを使う。

 ダイヤモンド・コアドリルは、タイルに穴を開けるもの。

 

 

POINT!

 水分を含ませて、電動ドリルを使って低速でゆっくり回転させる。

 

 

実は、この場所に穴を開けたところ・・・

壁の中の既存の給水管にぶつかってしまった。( ̄▽ ̄;)!!ガーン

壁の中の給水管は取り外しが出来ない。

 

屋外まで貫通出来ない状況なので、この穴はもう使えない・・・

無駄な穴を開けてしまった。。。(*´ -`)ガックシ

 

2-2. 別の場所に貫通穴を開ける

 

気持ちを切り替えて、場所を変えて開けてみる。

貫通穴を開ける手順
  • STEP 1
    ダイヤモンドコアドリルを使って、タイル壁に穴を開ける
      水分を含ませながら低速回転でゆっくりと穴を開けていくことで、タイルが削れて綺麗な穴が開く。
  • STEP 2
    振動ドリルを使って、モルタル壁に穴を開ける
      タイルが取れたら、次は振動ドリル(コアドリル)を使って、モルタル壁の貫通穴を開ける。

〖 振動ドリルで、モルタル壁に穴を開ける 〗の記事へ  

 

穴の直径は30㎜。

恐ろしいドリル音がするし、この壁ダイジョウブかなと心配になった。

 

 

 

最初はコアドリルを使って穴を開けていく。

途中、壁の中には木が入っていたので、そこに到達したら木工用のドリル刃に交換。

 

  

 

 

 

風呂場に設置する混合水栓は2つ用意しているので、穴は2つ開けた。

 

 

化粧プラグで栓をする

 

既存の水道管が通っているところには、化粧プラグを取付けて穴をふさぐ。

失敗した穴は2度と使うことはないので、せんをする。

 

 化粧プラグは、不要な管の栓をするもの

 

 

 

 

化粧プラグの蓋を取ると六角の穴があるので、六角レンチを使って締める。

 

六角棒レンチの12㎜で締めるようになっている。

名前は、六角棒レンチとか六角棒スパナとか呼ばれている。

 

 

 

 

六角棒レンチを購入する際、気を付けなければならないこと。

注意事項

 単位がミリ(mm)なのか、インチ(inchi)なのか確認する
今回は、12ミリが必要だったけど、1/2インチだと12.7㎜になる。
12 mm (ミリ)
12mm
1/2 inchi(インチ)
12.7mm

 

12㎜と12.7㎜で差が0.7㎜くらいだったら大丈夫かなと思ったら、実際使ってみると全く使えない。

 

 六角レンチが必要な場合、単位がミリサイズインチサイズがあるので、注意して購入する。

 

次回の記事 

DIY水道配管、配管に必要な設備部材の選び方
...

 

おすすめ>>>
 「DIY 水道配管」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。