DIY水道配管の防水処理、エポキシパテを使ってみた

水道配管 防水処理編 水道配管
この記事は約8分で読めます。

前回の記事 

DIY水道配管、試しに配管してみる
...

 

この記事のポイント 
 防水処理をする。風呂浴槽の追い焚き配管の穴を、ビス止めプラグで塞ぐ。




水気のある場所では、隙間の防水処理をする

水道配管 防水処理

 

水廻りは少しでも隙間があればそこから水分入り、家を支える木材がくさってしまうことになる。

特に、風呂場は毎日水気がある場所なので、気をつける必要がある。

 

穴を開けた部分の防水処理をしっかりしておく。

1-1. 金属とタイルの隙間を無くす為、エキシポパテで防水処理する

 

エキシポパテ (水廻りの穴埋め形成接着パテ)

 

 特徴: 水中や湿潤面でも硬化、6時間硬化、釘打ち穴開け可能、塗装可能、サイディング可能
 用途: 
サーフボードの欠け補修、パイプなどの穴埋め、浴室タイルと目地補修、ボードの補修
 使用できるもの: 金属、陶磁器、硬質プラスチック、木 等
 使用できないもの: ポリエチレン、ポリプロピレン、ナイロン、軟質ビニール、フッ素樹脂、ゴム 等

 

エキシポパテの使い方

  1. まず、付属のビニール手袋を装着して素手で触らないようにする。
  2. エポキシパテはプラケースに入っていて、離型フィルムが巻かれているので、これを剥がす。
  3. ツーンとした臭いがあるので換気の良い場所で行う。
  4. 必要な分量だけカッターで切り、色むらが無くなるまでこね合わせる。
  5. 混ざってくると柔らかくなるので、形成して埋め込む。
  6. へらを用意しておいて、はみ出た部分をカット。

 

注意書き

 化学反応形接着剤といって、外側(緑色)と内側(白色)の異なる成分を混ぜ合わせることで
次第に硬化します。30分以内に作業を終えてください。

 

実際に使ってみる。

風呂側 bifore

 

after

 

2時間後に確認したら、カッチカチに固まっていた。

コンクリート並みにビクともしない。すごいっ!!!(*゚∀゚)っ

 

混合水栓を取付ける

 

ユニット取り出し金具タイル壁にしっかりくっついたようなので、

混合水栓を取付けてみることにした。(∪・ω・)ゞ

 

 

 

シャワー側のほうには、新しく購入しておいた混合水栓を取付ける。

混合水栓の取付け手順
  • STEP 1
    取付脚の取付け
    取付脚にシールテープを巻いたら 壁の穴にクルクル回転させて締め付ける。
  • STEP 2
    角度の調整
    本体が水平になるように、取付脚の位置を決定する。
  • STEP 3
    パッキンを使用
    取付脚と本体の接続は、シールテープではなくて、付属のパッキンで取付ける。
  • STEP 4
    保護用に布を準備
    混合水栓に傷がつかないように、ネジ締めのナット部分に布を充てながらモンキーレンチで締め付ける。

取付け完了!

 

シャワーヘッドのホルダーは元々設置されていた。

取り替えなくても問題はないのだけど、せっかくなので新しいホルダーに取り替えた。

 

失敗できない!風呂の浴槽側の混合水栓を再度取付ける

 

浴槽側には、以前使っていた混合水栓をピカピカにしておいたので

早速、取付けてみることに。。。

 

まず、取付脚を取付けてから 本体を・・・( ゜Д゜;)!?

あれっ??? ナットが回らない・・・ヾ(・ω・`;)ノ コマッタ

 

検証した結果、

 ユニット取出し金具に対して水平に取付けられていない。

 

エポキシパテの厚みが違う為に、左右が水平ではなかった。

 パテの微妙な厚みの差で、取り付けに影響がある。

 

これじゃ、混合水栓は取付けられない!!! ハァ━(-д-;)━ァ…

 

やり直し

このままではどうしようもないので、やり直す。

ユニット取出し金具を片方だけ取り外して、再度取付け直すことにした。

 

タガネを使って、固まった部分を少しずつ削って取り外すことが出来た。

 

コンクリート並みに固まっていたから、取り外しの難易度が高かった。

もう失敗できない。

 

今度は、水平を出すために最初から本体も取付けられる状態で、エポキシパテを貼り付けた。

あとは、そのまま固まるのを待つ。。。

 

 

取り外す時にタイルが少しがれてしまったけど、まぁ仕方ない。。。

エポキシパテが固まったので、混合水栓を取付けてみる。

 

今度こそ、うまくいきますように・・・(。-_-)ノ・゚::゚オネガイ♪

 

 

無事に設置できた!(*^▽^*) ホッ

これで、風呂の混合水栓の取付けは完了。

 

1-2. 屋外の外壁には、エアコンパテで隙間を埋める

 

屋外側 bifore

この隙間を埋める。

ここは、テラスの中なので雨漏りもないので・・・

エアコン用のパテで埋めてみた。

 

 

after

 

これで、偶然通りかかった虫も侵入してくることはなくなった。(・◇・)ゞ

追い焚き用浴槽の防水処理をする

浴槽の穴

 

これが、以前のこの家の浴槽

 

この家の風呂は、はっきり言って昭和時代の面影そのもの。

子供の頃に遊びに来ていたばあちゃんちの風呂は、深くて、冷たくて、寒かった。

この浴槽に入ることになるんだなぁ・・・私。(; ̄Д ̄)

 

普段ユニットバスに慣れているせいか、床はタイルで窓は大きい、ヒートショック起こしそう・・・

 

風呂場は、リフォームの壁が高い。

自分でユニットバスにDIY! なんて出来ない。

業者に頼んでユニットバスにしたいけど、高額費用がかかるから・・・(´д`;)ムリ

 

ステンレス製の浴槽は錆びることはないし、磨けばピカピカになるかもしれない。( ̄▽ ̄;)シカタナイ・・・

2-1. 役目を終えた穴が2つ、追い焚き用の穴をビス止めプラグで塞ぐ


以前、風呂のお湯は石油給湯+ガス追い焚きを使っていた。

これからは、追い焚き無しの給湯器を使う。

高価な給湯器は必要ない!一人暮らしが選ぶ、給湯器の種類とサイズ
...

 

風呂場の裏には、据え置き型の給湯器(追い焚き用)が設置されていた。

 

 屋外側(以前の様子)

 

追い焚き用の給湯器は、取り外して処分した。

金属類のゴミを処分する、ついでに・・・テラス修復。
...

 

今はこんな状態に

 

このつつは基礎部分のコンクリートにしっかり固定されているので、取り外すことは難しい。

風呂側から見ると、筒に繋がっている、追い焚き用の穴が2つある。

 

このままだと、浴槽に入れたお湯が全部外へ流れて行ってしまう。

なので、この穴を2つ閉鎖する。

 

そこで使うのがこれ

  

 

 

取り付け方

  1. プラスドライバーでビスをゆるめたら、金具を穴の向こう側に×バツになるように入れる。
  2. ドライバーでネジを締めていくと、ピタッとパッキンがステンレスにくっついて締まる。

ゴムパッキンが厚くて幅広になっているから、防水してくれる。

 

 

青いビニールカバーは、直前にがす。(* ̄∇ ̄*)

 

これで、完了!

ゴムパッキンなので、劣化してきたらまた交換する。

 

次回の記事 

これが現実・・・水道配管に欠陥が!水漏れ発生の大惨事!?
...

 

おすすめ>>>  「水道管・防水処理」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。