DIY水道配管、試しに配管してみる

水道配管 シュミレーション編 水道配管
この記事は約9分で読めます。

前回の記事 

DIY水道配管、配管に必要な設備部材の選び方
...

 

この記事のポイント 
 風呂の水道配管の組み立てをする。壁に固定する方法を自分で探ってみる。




水道配管を試しに組み立ててみる

水道配管 道具

 

ユニット取出し金具ステンレスパイプを、1/2インチの六角棒レンチを使って締めておいた。

 

1-1. ステンレスパイプにシールテープを巻くコツ

水道配管の接続をする際に、必ずシールテープを準備しておく。

シールテープは接合部の漏水を防ぐ

 

 

シールテープの使い方

シールテープの巻き方

  1. パイプの端面からネジ山を一山外し、6~7回巻きつける。
  2. ネジ山部分にテープを食い込むように、ネジ山を指で押す。
  3. ネジ山は右回り(時計回り)で締めるため、シールテープも同じ方向で巻く。

 

https://www.monotaro.com/s/pages/productinfo/screw_seal/

 

ステンレスパイプにシールテープを巻いていく。

ネジを締める部分がたくさんあるので、最初に巻いて準備しておく。

シールテープの巻き方は、ちょっと慣れるまで手こずった。( -д-)ノヘタッピ

 

 

左手にパイプ 右手にシールテープを持って、時計回りに巻いていく。

パイプを締める向きと同じ方向に巻く。(時計回り)

 最初の1~2山を残した部分から、シールテープを当てて巻くのがポイント!

こうすることで、継手との噛み合わせがスムーズになる。(・∀・)ノホントダ

1-1. 試し配管

 

最初に、風呂の貫通穴から通す配管部品を試しに組み合わせてみる。

 

STEP 1

先程接続した水道配管を、タイル壁の穴に通す。

風呂側のタイル壁はこんな様子

 

ユニット取り出し金具には、3か所のビス穴がある。

タイル壁に穴を開けて、ビスで固定するつもりだった。

でも、中央の穴との距離が近いので、もろくてタイルが割れる羽目に・・・ 失敗。。。(´;ω;`)

 

STEP 2

屋外の壁はモルタル壁からパイプが出て、エルボを取付ける。

 

STEP 3

末端は、バクマ工業のポリ管用の継手を繋げる。

 

バクマ工業 オネジアダプター 1/2

 

全体は、こんな感じ。。。

 

1-2. 壁に固定するため、金具(組式立バンド)を取り付ける

 

課題

 パイプと壁の距離がどれくらいか、実装しないと分からない。
 風呂場に設置する混合水栓が動かないように、どうやって固定するか?

 

壁にパイプをしっかり固定するため、必要な金具を取付ける。

パイプを固定する金具

  1.  組立式バンド
  2.  T足

 

 

組み立てると、こうなる。

組式立バンドの丸部分にパイプを通して、T足(穴あり)を挟む。

 壁との距離に応じてT足の長さを変えていく。

 

T足の長さを決定しても、実際に全部が完了しないと不安。

しっかり設置することが出来るのかな?(´・ω・`)

 

(撃沈するカモ・・・)Σ(=゚ω゚=;)エッ

1-3. 失敗!水道配管、試しに配管してみたけど・・・

 

これで目途めどが立ったと思っていたけど、・・・ダメだった。 (_ _|||)ダメカ・・・

 

仮締め状態

 

何がダメだったかというと・・・

上のエルボを締めた後、縦のパイプを締めてみたら、下のエルボが右方向に向かなくて困った。

締めた位置が、任意の方向に定まらなかった。

 

うまく説明できないけど・・・ (´・ω・`)

 ポリ管を接続する継手部分の、角度を調整できない。
 角度を任意の方向に調整したら、パイプが緩んでしっかり締めることが出来ない。

 

パイプを締める道具

 

水道配管用の道具は、このモンキーレンチ&パイプレンチをWダブルで使う。

 

 

 

パイプは丸いので、引っ掛かる部分がないとすべってクルクル回転する。

 

そういえば、洗面台を解体するときにふと思ったことがある。

配管部品が幾重につながっていて、なんでこんなに部品が要るの?

 

あの時疑問に感じたことが、急によみがえってきた。

よくわからないままだったけど・・・

 そういうことか!?

 

 ネジをしっかり締めるためには、別の継手が必要なのかもしれない!(ゝ∀・)

水道配管は継手が命

継手

 

課題を持ち帰り、モノタロウのカタログを開く。

 

 

2-1. ユニオンとニップルを購入する

 

何時間も悩んで、決めたのがユニオンという部品。

 ユニオンは、配管途中の外ネジ同士を接続する。

 

モノタロウでカタログ見ておきながら、配管部品.comで購入。

この店のほうが、配管部品は安い。

 

今あるエルボと繋げるためには、ニップルという部品も必要になる。

 

ユニオンは、想像していたより大きかった。Σ(‘◇’*)デカイ!?

 

ユニオンは分解できて、左右それぞれメネジになっている。

中に、青くて硬いパッキン(ノンアスベスト)が1枚。

 青いパッキン熱に強いため、給湯として使う場合はこれを使う。

 

 

( ※ 青いパッキンは、購入した時に付属している )

2-2. ユニオンとニップルを追加して配管を接続してみる

 

配管接続シュミレーション

今度こそ、現場で失敗しないようにシュミレーションしておく。

 

これが、最初の単純な配管接続

 

そして、新たに考えた配管接続

 

これだと、ネジをしっかり締める事が出来ると思った。

それに、継手が出来たことで角度の調整が可能になった。

 

よしっ、これでいけるハズ!(*゚∀゚)っ

実際に、シュミレーション通り組み立ててみる。

2-3. 水道配管の取付けはユニオンが決め手!?

 

まずは、風呂側から配管を通す。

 

 

壁の空間の間隔は140mm程あるので、パイプは150mmを使用。

ユニオンを分解して、パイプに繋げる。

 

 

シュミレーション通りに、次々とネジを締めていく。

 

 

最後に、ポリ管を繋げる継手を取付ける。

 

 

ユニオンを追加したことで、それぞれの場所のネジ締めが出来るようになった。

パイプと継手の接続は完了。

 

2-4. 水道配管をモルタル壁に固定する

 

ユニオンを取付けたことで、壁からの距離が長くなってT足のサイズが変わってしまった。

 

最初に測定した壁からの長さは、80mmだった。

ユニオンにしたことで、実際に使うのは100mmの長さ。

 

まずは、壁に穴を開けてプラグを入れ、T足を取付ける。

  

 

蝶番式立バンドを、パイプとT足に挟む。

 

小型スパナ(サイズ10)を使って、ナットを締める。

 

ナットを完全に締めきったら、しっかり固定されてビクともしなくなった。

これでやっと、取付けることができた。(‘▽’*)♪

 

ポリ管を挿入する際に重ならないよう、縦パイプの長さを左右異なる長さにずらしている。

 

当所は塩ビ管で配管する予定で、簡単に施工出来るものだと油断していた。

この形になるまで、自分なりに悩み考えたので、達成感がある。

 

しっかりネジ締め出来たので、水漏れの心配はないだろうなぁ-と思う。

あと、配管はステンレス製にこだわったので、びることはない。

強いて言うなら・・・モルタル壁が丈夫であって欲しい・・・(* ̄∇ ̄*)

 

関連記事 

DIY水道配管、モルタル壁にビスが打てるか確かめる
...

 

次回の記事 

DIY水道配管、モルタル壁にビスが打てるか確かめる
...

 

おすすめ>>>

  「DIY水道配管」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。