床配線 (ケーブル編)

コンセントの後始末をする。
床を閉じる前に、コンセントの配線を大引きに沿わせていた。
そのコンセントは、床に隠して使うようにする。
具体的なイメージが無いまま、なんとなく進めていた。(;・∀・)ハハッ

この部屋は、一般的な6畳間より少し大きい。

一般的な1畳のサイズが910×1820mmだとしたら、
この家の1畳あたりのサイズは930×1860mmある。
誤差の分だけ、部屋が広い。

なので、合板を全部並べても、隙間が空いていた。。。
↓ ↓ ↓

合板と同じ、厚み12mmの板を追加することに。

そして、ちょうどこの隙間を利用して コンセントを配置しておいた。(。・ω・)ノ゙

隠しコンセント! ヾ(・д・`*) ウ~ン 地味だなぁ。。。

そして・・・
配線と言えば、コレ!

インターネットのLANケーブル
最初から、LANケーブルなんて この家には無かった。
だから新設しないといけない。

 

テレビのアンテナケーブル
テレビのアンテナケーブルは元々あるけど、古い。
調べたら、古いケーブルはノイズが入りやすかったり、地デジのみ対応だったり。。。
念のため、地デジ&BS/CSアンテナが可能なケーブルにしておいた。

同軸ケーブル S5CFB 15m 両端未加工 ホワイト S5CFB-RMM-15WH

< S-5C-FB の仕様 >
S:BS/CS 対応 その他すべてOK!
5:直径5mm
C:インピーダンス75Ω
F:絶縁体の材料(発砲ポリエチレン)
B:形状(網+アルミ)

この仕様を見ても、よくわからないけど・・・
一般家庭の多くは、4Cケーブルを使用しているみたい。
どうせなので5Cケーブルでノイズカットを期待したい!
頭のSの記載がないケーブルは、BS/CS放送は見られないらしい。
この際、万能にしておいた。

とりあえず、こんな感じで処理しているところ。
完成がどうなるかは、不明デス。(;・∀・)アイマイ