水廻りのリフォームで湿気対策と動線をスムーズにする!

洗面脱衣所
この記事は約12分で読めます。

 

前回の記事

古い家の洗面所の悪臭原因は?床下を開けて、劣化した配管を新しくする!
...

 

洗面所の排水管を新しく交換して、床下が剥き出しになっているところ。

このままでは危ないので、まずは床をつくって洗面所を完成させていく。

 

この記事のポイント
水廻りの洗面所では、湿気対策後に給排水設備を整えて床をつくっていく。
生活動線をスムーズにすれば、日々の負担を減らすことが出来るかも!?

 




洗面所DIY!配管設備を整えて、床の下地をつくる

 

洗面所は、1坪(2畳)の小さな部屋。

洗濯機と洗面台を置けば、あとは脱衣所としての空間が残る程度。

以前は水廻りの湿気や悪臭によって、清潔感のある場所ではなくなっていた。

狭いながらも、過ごしやすい空間にしていきたい。

 

1-1. 給水・給湯の配管設備を整備する

 

床下には防湿シートを敷いて、その上に防湿剤(床下さらり)を撒いている。

その効果もあって、床を開口している状態でも乾燥してすっかり臭いも消えた

 

架橋ポリエチレン管(ポリ管)を配管する

 

 給水・給湯用のポリ管をヘッダーから通して配管しておく。

 

使用するポリ管サイズ

  1. 洗濯機用の給水管(13A)
  2. 洗面台用の給水管(13A)・給湯管(13A)
  3. 給湯器用の給水管(16A)・給湯管(16A)

 

給湯器は洗面台の真裏側(屋外)に設置する。
16Aのポリ管(主幹)は、壁を通って給湯器に接続する。

 

給湯器のまとめサイト

DIYで給湯器を設置する!業者に頼むと工賃と機器の購入がセットになって割高!
...

 

30m巻きのポリ管を、パイプカッターで適当な長さ(少し長めに)にカットする。

 

 

パイプカッターについては、パイプカッターは、用途によって種類がある。

ポリ管を床下に配置していく方法は床下が土でも、ポリ管を固定する方法 に書いてあるとおり、コンクリートブロックを利用した。

 

根太を追加する

 

既存の根太は、やはり湿気によって痩せていた。

廃材になるので撤去はせずに、同じ本数の木材を追加していく。

根太を支える横木は大引きの上に設置されており、交換できなかった。

やはりこの横木も、湿気で頼りない感じがする。

水廻りなので、新たな根太掛けをつくって強化を徹底した。

 

根太掛けとは
大引と平行に設置され、根太の端部を支えるための床組部材。

 

 

この先、いつ開口することになるのか分からないし・・・

床を閉じる前に、木部全体に防腐防虫塗料を塗っておく。

臭いが強いので、数日間乾燥させる。

 

断熱材を入れ、合板を貼る

 

給水・給湯用のポリ管や排水管があるので、断熱材・合板に穴を開けて床上に通さなければいけない。

これが意外と手間がかかった。

ぴったりの位置に、穴を開口することは難しい。

 

水廻りなので、ここにも防湿シートを断熱材の上に敷いておくことにする。

洗濯機のホースから、もしかしたら水漏れすることがあるかもしれない。(>_<)アルカナァ-

 洗濯機や洗面台からの水漏れで、根太を腐らせないことが目的

 

もう一つの理由・・・防湿シートがたくさん余ってしまって・・・ (*^-^*)

 

合板に穴を開けるためには、木工用のドリル35mmをつかう。

 

開口の位置を調整するのがやはり難しい。

正確に測量して開口位置を決め、穴を開ける。

 

墨つぼは、合板上にラインをひくための便利な道具。

根太の位置にラインを引いて、しっかりビス止めして貼っていく。

合板は、1坪分(2畳)なので2枚を使用した。

1-2. タイル壁に穴を開ける

 

洗面所の真裏側(屋外)は、給湯器を設置する場所となっている。

16Aのポリ管(主幹)は、壁を通って給湯器に接続する。

そこで、壁に新たな穴を開けなければいけない。

 

 振動ドリルを使えば、モルタル壁に穴を開ける事が出来る。

 

DIY水道配管、振動ドリルでモルタル外壁に穴を開ける
...

 

でも・・・この場所、室内側はタイルになっている。

間違いなく、タイルがバキバキと割れてしまう。

タイルに穴を開ける

 

 タイルに綺麗な穴を開けるには、ダイヤモンドコアドリルを使う。

 

SK 電着ダイヤモンドコアドリル 新潟精機

ダイヤモンド砥粒を電着したガラス・タイル用のホールソー

 

 このホールソーの先端部分に付着している砥粒が、電動ドリルの回転でタイルを削る。
 摩擦部分にを掛けながら、ゆっくり削っていけば綺麗な穴が開く。

 

早速、約5mm厚のタイルに穴を開ける。ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヨシッ!

作業の手順

  1. 穴を開ける位置に、マジックで印をつけておく。
  2. 付属の両面テープをタイルに貼り付け、ガイドリングを貼る
  3. 付属の湿式用スポンジにたっぷりと水を含ませて、本体に入れる。
  4. 電動ドリルに本体を装着し、低速でゆっくりと進めていく。
  5. できれば、補助人がスポイトなどで注水しながらやると良い。

これも、音はゴリゴリとスゴイ。。。

慌てずにゆっくりと削っていけば、綺麗な穴が開く。

 

Bifore

既存の穴は、3つ。

真ん中下部は、屋外から給湯用の配管が接続されていた。

つまり、貫通した穴が1つある。

なので、水栓器具を取り外した後、この穴は利用することにした。

 

残りの2つの穴は、壁の中に配管が通っていて、貫通した穴ではない。

もう使うことはない、不要な穴。

 

そして、その既存の穴の左側に新たな穴を開けた。

 

After

 

 

モルタル壁に穴を開ける

 

タイルに穴を開けた後、続けて振動ドリル を使ってモルタル壁も貫通させた。

 

これで、貫通した穴は2つ。

この穴には、16Aサイズのポリ管を通す予定。

 

16Aのポリ管は意外と硬(かた)い・・・、思うように配管出来るだろうか・・・???(^^;)

 

配管の続きは、給湯器についての記事  で。

ワンタッチで接続する、ガス給湯器を自分で設置してみる 水道配管編
...

 

 これで、タイルとモルタル壁に穴を開け、屋外へ通じる穴が貫通した。

洗面所DIY!洗面所に新たな壁をつくる

 

関連記事>>>

騒音発生の要因!?台所の薄くて汚れた内壁を解体する
...

 

合板を貼って、とりあえず足の踏み場が出来た。

次は、洗面所の出入り口となる壁をつくる。

 

2-1. 動線を考えて壁の位置を変える

 

壁つくり Point 1

 洗面所を使うときの動線を考えて、出入り口の位置を決める。

 

壁の解体&撤去後は、こんな状態だった。

 

以前は洗面所の出入り口だった窓側の空間に、壁をつくる。

 

洗面所は毎日使う場所だからこそ、移動するときに少しでも動きやすいルートを考える。

 壁の位置を左右変えることで、短い距離で洗面所に行きつく動線にしたい。

 

2-2. 壁をつくる

 

壁をつくるために必要な道具を揃える。

準備するもの

 石膏ボード
 石膏ボード用ビス(木下地用)
 木材(胴縁)
 ビス
 端材(受け)
 カッターナイフ or パイプカッター

 

胴縁(骨組み)をつくる

 

柱と柱の間に、石膏ボードを貼るための骨組みを作っていく。

 

壁つくり Point 2

 石膏ボードを貼る位置は、柱の内側か or 外側かを決める。

 

柱をむき出しにして石膏ボードを柱の内側に貼るか、それとも柱を全面隠すように外側に貼るか。

どっちがいいのかなぁ- φ(.. )カンガエル

試しにフローリング材と木材を置いてみる。

実際に置いてみたら・・・

洗面所側のフローリング材を面(つら)合わせしたら、その答えが出た。

 柱と柱の内側に石膏ボードを貼ることにした。

 柱の外側に石膏ボードを貼った場合、フローリング材を加工しなければならなくなる。

 

石膏ボードが入るための隙間(石膏ボードの厚み=12.5mm)を開けて、胴縁を設置する。

 

壁つくり Point 3

 胴縁をつくるために、受けを設置する。

 

 木材を、柱に直接ビス止めするのが難しい!

斜めにビスを打ち付ける技術が未熟なもので。。。(TДT)コンナモンサ-

 

端材をカットして受けを作ることにした。

左右が同じ高さになるように受けを設置して、木材を固定する。

胴縁が出来た。

床下で何度もやっていた、根太の根太掛けみたいなこと。

 

大工職人さんだったら、受けなんて使わないで直接打ち付けるだろう。

でも、素人の私にはうまくできなかった。

 柱にビスを固定できても、胴縁が平行に仕上がらない。

 

苦肉の策で、この受けを作ってからその上に木材を乗せて固定すると、あら簡単!(o^∇^o)ノ イイカンジ

手間はかかったけど、丈夫で平行な胴縁が出来た。

 

この場所は、据付(すえつ)けの棚を作るかもしれないので、しっかりビスが利くようにしておきたい。

 ちなみに、家を囲む周りの壁には断熱材を入れるけど、間仕切りの壁には断熱材は入っていない。

石膏ボードを貼る


石膏ボードは、カッターナイフで簡単に切ることが出来る。

粉塵が舞うので、ゴーグルやマスクがあると良い。

最初はカッターナイフを使用していたけど、パイプソーを使うと更に使いやすいのでオススメ。

 

そして、石膏ボードを貼ってみるとこんな感じに!

洗面所側は、柱が見えるように柱の内側に貼っている。

フローリング材を貼った場合に、床との境に隙間ができないように施工できた。

 

台所側はこんな状態。

 

脆(もろ)い壁にならないように、下地を強化しておきたい。

 

 

石膏ボードではビスが利かないので、下地の位置を知っておくのは大事。

本来なら、

間柱は、303mmまたは455mm間隔

と、決められたピッチにしておくんだけど・・・

 

素人の私がやると、中途半端な430mmになっていた。(*・ε・*)ナンデダロ・・・?

 

下地探しのどこ太を使うという手もある。

 

 

石膏ボードを加工せずに貼ろうとしたら、難しかった。

無理にはめようとすれば、ボロボロ壊れていくのが石膏ボード。

実測して細かく調整をした。

スイッチ配線の場所決め

 

壁つくり Point 4

 スイッチを取付けるための配線と場所を決めておく。

 

以前は、台所側に洗面所と風呂の照明スイッチが付いていた。

スイッチは、部屋に入る手前に設置されている場合と、入ってすぐの場合とがある。

 

今回は、入ってすぐの場所にスイッチを設置したい。

石膏ボードには、ビスを打つ時のために、柱がある位置に目印をつけておく。

次回  洗面所のフローリング貼りを開始!スイッチも取付ける!?

 

まとめ

 水廻りは湿気がつきもの。
 湿気対策と根太を強化して、長年安心して過ごせるように丈夫な床をつくることが出来た。
 動線を変えて、毎日が過ごしやすい環境を整えることで、効率よく生活が出来るようになる。

 

おすすめ>>>
  洗面所DIY ! にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

関連記事>>>

古い家の洗面所の悪臭原因は?床下を開けて、劣化した配管を新しくする!
...
ワンタッチで接続する、ガス給湯器を自分で設置してみる 水道配管編
...
DIY水道配管、振動ドリルでモルタル外壁に穴を開ける
...
タイトルとURLをコピーしました