業者リフォーム選びの鉄則!!時間がない時こそ、比較サイトで複数見積りを利用する

業者リフォーム
この記事は約15分で読めます。

DIYリフォームをやってきてわかった!!後悔しない業者選びとは!?時間がない時は、リフォーム比較サイトで複数見積りを利用する

 

wata-siro
wata-siro

わたしのブログに訪問していただき、 ありがとうございます。 この記事を書いていますwata-siroです。

 

このブログサイトに紹介していますが、わたしは家のDIYリフォームを続けてきました。

数々行ってきたDIYリフォームですが、やっぱり自分ではどうにもならなかったことや、人の力を借りることで学んだこともたくさんありました。

私の場合、あまりおカネをかけたくないので基本的に低価格中心DIYリフォームを続けています。

 

新築で建てた家は時代と共に老朽化します。

 長年使ってきた水廻りが汚れて気になってきた
 昔は良かったけど、家族構成が変わって部屋やドアの使い勝手が悪くなった
 屋根や外壁の汚れが目立ってきた

など様々な事情があると思います。

いまこの記事を読んでくださっている方は、

 自分で出来るならDIYでチャレンジしてみたいけど・・・失敗しないかな?
 リフォームにはまとまったお金がかかるから、出来れば安くやって欲しい!
 リフォーム依頼したいけど、業者選びに困っている。。。
 今すぐなんとかしないと困るんだけど・・・

こんなふうに悩んでいるのではないでしょうか?

 

 

まとまったお金が必要になるリフォームですが、

出来るだけコストをかけないで済むようにしたい!

と思うのは共通の願いでもあります。

 

 

これからも長年住み続けていく家なのですから、暮らしやすい家にしたいですよね。

ところが、今すぐに必要だからと慌てて決断してしまうと、とんでもない後悔をしてしまうこともあります。

これからお話しすることは、あなたがこれからリフォームするために失敗しない道しるべとなれば嬉しいです。

この記事のポイント 
 この記事では、リフォーム業者を選ぶ際にどんなことに気を付けておくべきか、時間が無くて業者に依頼する際のポイントなど、今悩んでいる方に少しでも参考になればいいなと、体験談を交えてお伝えしていきたいと思います。

 

無料一括見積り リショップナビ

\ リフォームお祝い金、最大30,000円もらえる! /

今すぐ『 無料一括見積り リショップナビ 』の利用手順を知りたい 




はじめに

 

私がリフォームを検討する場合、こだわっているポイントは費用です。

何度もお伝えしているように、低価格がモットーです。

リフォーム業者に依頼しようとはじめて見積りをお願いした時、すぐに業者がきて見積金額を提示してくれました。

その見積金額を見た時、

リフォームってこんなにお金かかるの!???

と、とても驚きました。

 

また、亡き祖母が生前に業者リフォームをやった領収証が残っていたのですが、

こんなにお金かけてきているのに、なんでこの家ボロボロなんだろう???

と、どこか業者リフォームに対する不信感もありました。

もともと古い家なのに、高額な費用をかけるくらいなら、立派じゃなくてもいいから自分でDIYリフォームしたほうがいいなと思いました。

その時は、道具もないし知識経験があったわけではありません。

でも、家をリフォームするとなると、かなりの高額費用が掛かってしまうことが目に見えていました。

こっちも・・・あっちも・・・ ボロボロで、とても住める家じゃなかったからです。

どう考えても自分で何とかするしか、方法が見つかりませんでした。

 

DIYリフォームをするか、業者リフォームをするか、どちらがいいのか?

 

それは、あなたに合ったほうを選択することです。

では、まずはそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

DIYリフォームのメリット・デメリットは?

 

Q1、DIYリフォームって誰でもできるもの?

A、はい。

DIYリフォームは、誰でもできる超簡単なDIYから、本格的な熟練者が行うDIYまで幅広いものなんです。

だから、最初は慣れない道具を使ったり作業をするんですけど、経験を積み重ねていけばだんだん出来るようになります。

何よりモノ作りは楽しいです。

 

Q2、DIYリフォームはどのくらいコストがかかるもの?

A、実際にかかる費用は、材料費道具にかかる費用だけです。

DIYはDo It Yourself (=ドゥ イット ユアセルフ)といって、自分自身でものを作ったり修理したりすることです。

つまり、他者に任せるのではなく自分がやることによって、作業コストが抑えられるのです。

 

Q3、だったらみんなDIYすればいいんじゃないの?

A、自分でやることは、慣れていない人にとって時間労力が掛かります。

それに、電気工具など取り扱いに気を付けないと、怪我をしたり危険なことが起こる可能性があります。

 

DIYリフォームのメリット&デメリット

メリット 
  • 誰でも気軽に始められる
  • 業者費用よりコストダウンできる
  • DIYは楽しい
デメリット 
  • 時間がかかる
  • 労力がかかる
  • 危険のリスクがある

 

業者リフォームのメリット・デメリットは?

 

Q1、リフォーム業者はどうやって探したらいいの?

A、リフォーム業者を探す場合の方法をいくつかご紹介します。

  1. 広告やチラシをみて地元で探す
  2. インターネットから検索して探す
  3. 営業マンの訪問
  4. 住宅ショールームに出向く
  5. 知人の紹介

 

業者に依頼する場合、

自宅から近い地元の業者を選ぶ傾向

が強いみたいです。

 

地元業者に依頼した場合、

 移動距離が短くなり、コストダウンできる(費用削減)
 地元なのですぐに駆け付けられ、対応が早い(納期短縮)
 顔なじみになった場合、困った時に頼みやすい(リピート依頼)
 担当者や職人さんの対応・態度が不安

 

一方、大手の有名な業者に依頼した場合、

 保証制度やメンテナンスなど、アフターサービスがしっかりしている
 インターネットで評判(口コミ)が充実しており、イメージしやすく、安心して任せやすい
 広告費・下請け依頼などの余分なコストがかかっており、地元業者に比べコストが高い
 営業マンから下請け作業員への伝達ミスが発生しやすい

 

リフォーム業者を探す場合、ネットで検索するとホームページの口コミ施工例などがすぐに見つかるようになっています。

消費者にとっては、リフォームのイメージが具体的で選択肢が広がっています。

 

大手業者のみならず、地元業者においてもインターネットの情報が消費者の中心になりつつあります。

それでも、ポスティング広告知人の紹介など身近なツールを利用する人もまだ多く、リフォーム業者を探す選択の幅は様々です。

 

Q2、業者リフォームするときの基準は?

A、実際に業者を探すとなったら、何を重視しますか?

  1. 会社の技術力・提案力
  2. 明確な費用の提示
  3. 保証(アフターサービス)
  4. 会社の口コミ

 

あなたがリフォームをしようと思っている理由は何ですか?

間取りを変えたい、汚れた外壁を綺麗にしたい、古くなった部屋を模様替えしたい、こんなことを思って理想のイメージが膨らんでいるのかもしれませんね。

 

でも、実際にはどんなふうに生まれ変わるのか知りたいと思います。

具体的な提案をしてくれたり、満足できるリフォームになるか、費用は予算範囲内に納まるか、完成後に納得できない場合は対応してくれるのか、気になりますよね。

 

個人と業者の契約は慎重にしなければ、トラブルのもとになります。

 

100%理想の家にすることは難しくても、これだけは譲れないことや妥協できることなど、あなたがリフォームをする際に何を重視したいのか、明確にしておくことがとても大事です。

 

 

業者リフォームのメリット&デメリット

メリット 
  • お金さえあればリフォームできる
  • 短期間(DIYより)で希望した家に変わる
  • 自分の労力が要らない
デメリット 
  • コストが高い
  • 業者探しが大変
  • 業者に気を使う

【体験談】悪徳業者の詐欺手口の心得

 

あなたがリフォームしたいと思っている時に、リフォーム業者の営業マンが訪問してきたとします。

それも、今回限りのお得なキャンペーンなんです!と言って。

 

気になっていたリフォームについて話を聞いてくれて・・・

しかも、あれもこれも綺麗にしてくれてお得だと言われると、満足した気分になります。

 

タイムリーな偶然でしょうか?

 

私が実際に体験した、リフォーム詐欺の手口を紹介します。

 

404 NOT FOUND | DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
同い年の古い平屋に ゆっくりゆっくりだけど心穏やかに生きていく為 自分でリフォームしています

 

訪問営業マンは、古くてリフォームが必要な家を探し回って、下調べしています。

突然の訪問や無料点検と言って話をしてくるので、注意が必要です。

タイムリーだと勘違いしてしまうのは、もしかしたら心に余裕がない時かもしれません。

 訪問営業で急いで契約することは、絶対に辞めましょう!

 

訪問営業マンは名刺をくれますが、実在する会社かどうかも疑問です。

今はネットですぐに検索できますが、インターネット利用度の低い高齢者を狙っています。

身元が不確かな事が多いので、リフォーム業者は自分で探す方が絶対に確実なのです。

 

話を聞くとなかなか断りにくいという方は、最初から話を聞かないようにすることです。

詐欺営業マンは、契約に結び付けるための話のプロです。訓練しています。

 

自分は絶対に大丈夫と過信していませんか?

 リフォーム業者は、面倒でも自分で探しましょう!

時間がない時は比較サイトで業者選びをする

 

DIYリフォームは自分では無理だなぁ~と思ったら、あなたにとって最良な業者を探すしかありませんよね。

おカネはきっちり出すのですから、後悔しないようにしっかり業者を選びましょう。

住みやすい家に生まれ変わるように、自分の理想的な家を目指してください。

① 時間がない人にオススメなリフォーム比較サイト

 

最良な業者を選ぶために、インターネットでは数多くのリフォーム業者が存在します。

選べる選択肢が多いことは良いことなのですが、どの業者が良いのか悩みますよね。

誰かに相談したいなぁと思っても、あなたにしかわからないことやお金にまつわることなので、なんとなく遠慮してしまいます。

結局先送りにしてしまっては、前に進みません。

 

でも、今やらなきゃ困る!ってときこそ、落ち着いて立ち止まってください。

急いで業者を決めてしまわないようにしましょう。

 時間がない時に失敗しがちなこと  急いで業者を決めてしまう

 

納得せずに業者を選んでしまったら、リフォームの内容に満足できないときに後悔してしまいます。

自分で納得して決めたことは、結果が同じであったとしても満足感は高まります。

 

業者リフォームでやることは、

  1. お金を出す
  2. 業者を選ぶ

この2つだけなんです。

 

とはいえ、この2つは簡単には手に入らないものでもあります。

最良な業者を選ぶことは難しいかもしれませんが、あなたにとって有益な価値観お金で買うわけです。

 

時間がないあなたにも、最低限行うべき業者選びの方法をおすすめします。

 時間がない時  リフォーム比較サイトを利用する

 

② リフォーム比較サイトとは

 

リフォーム比較サイトは、いわゆる業者比較の見積りサイトです。

同じ条件で、複数のリフォーム業者からの見積りを取ることが出来ます。

 

 

リショップナビ

  リショップナビ『無料一括見積もり』はコチラから 

 

タウンライフリフォーム

  タウンライフリフォーム『無料一括見積もり』はコチラから 

 

ホームプロ

  ホームプロ『無料一括見積もり』はコチラから 

 

リフォーム比較プロ

  リフォーム比較プロ『無料一括見積もり』はコチラから 

 

③ リフォーム比較サイトをおすすめする理由

 

リフォーム業者に依頼する場合、複数の見積りを取ります。

ですが、実際はこの見積りをとる作業だけで、かなりの労力時間が必要になってきます。

 

リフォーム見積りの手順
  • STEP1
    コンタクト
    業者を探して連絡をとる
  • STEP2
    現地調査
    自宅訪問してもらう
  • STEP3
    見積りの完成
    約1週間後に見積りが完成
  • STEP4
    見積りの検討
    再見積もり依頼 or 断る
  • STEP5
    リフォーム依頼
    何度か打ち合わせ後、依頼する

 

これらを一つの業者に対して行うわけです。

あなたは複数回行っていく自信がありますか?

業者との見積りは、本当に気を使いますし疲れます。

 

手間がかかりる上に、あっという間に1か月が過ぎてしまうこともあります。

最初の見積りで妥協して、業者に依頼してしまうケースも多いのが現実なのです。

 

リフォーム見積りをしないとどうなるか?

 

何度も言いますが、

 個人と業者の契約は慎重にしなければ、トラブルのもとになります

 

リフォーム内容を変更することがあれば、そのために費用がかかることもあります。

後々トラブルになってしまっても、口約束というのは証拠になりません。

作業履歴やメモなど書面にして手元に残すようにしましょう。

また、決定した事項が見積もりに入っているかどうか、あわせて確認が大切です。

 

万が一満足しない結果になったとしても、証拠があれば権利を主張することは出来ます。

見積書というのは契約の証拠になるのです。

 

 

見積りが大切な作業だということがわかったと思います。

まずは、このリフォーム比較サイトを利用してみることをオススメします。

どんなリフォームにどのくらいの費用がかかるのか、予算範囲内でできることをあらかじめ下調べしておくのも必要なことです。

リフォーム選びの鉄則   リフォーム比較サイトで一括見積りをとる

 無料一括見積り リショップナビ

リフォーム比較サイトの利用手順:リショップナビ

 

時間がない人にはリショップナビがオススメ!!

 

リフォーム比較サイトのリショップナビについて

 

時間が無くて早くリフォーム業者を見つけたい人には、リショップナビがおすすめです。

これから紹介する利用手順の通り進めば、リフォーム専門スタッフが丁寧に電話で相談を受けてくれます。

 

インターネットで、シートに色々と記入したりするのは結構面倒ですよね。

細かい事や心配事など電話で話した方が早いという方には、是非こちらのリショップナビで進めてみてください。

 

審査済みの会社を最大5社紹介してくれます。

 スピーディーにリフォーム業者を見つけたいなら、リショップナビがおすすめ

利 用 手 順

 

 では、実際にリショップナビを使用して業者選びをしていきましょう。

 

1.リショップナビの ホームページ  へアクセスします。

 

2.中央にある無料一括見積開始ボタンをクリックします。

 

 

次のような画面が出てきます。

3.リフォームを検討している物件の種類を

一戸建て集合住宅店舗

の中から選びクリックします。

 

 

4.選んだら、次へ > をクリックします。

 

 

次のような画面が出てきます。

 

 

住所を記入していきましょう。

5.郵便番号をハイフンなしで入力します。

郵便番号を入力すると自動的に都道府県と住所(市区町村)が入力されます。

 

 

6.住所を記入してください。

 

7.ここまで記入が終わったら、次へ> をクリックします。

 

 

次のような画面が出てきます。

 

 

連絡先を入力していきます。

8.あなたのお名前を入力します。

 

 

9.連絡先の電話番号をハイフンなしで入力します。

 

 

10.ここまで記入が終わったら、無料見積りを取る> をクリックします。

 

 

次のような画面が出てきます。

 

先程入力した連絡先の電話番号に、リショップナビ運営事務局から確認の電話がかかってきます。

(※21時以降のお申込みは翌日10時以降のご連絡となります。)

お電話に出られない方には、フォームで入力して頂いた携帯電話番号宛に、ご確認のSMS(ショートメッセージ)をお送りしますので、こちらにご返信いただければと思います。

SMS(ショートメッセージ)が届いていない場合は、こちらから再度携帯電話番号をご入力ください。

        ~ リショップナビ 送信完了画面 ~

 

 

 

電話に出られない場合は、SMS(ショートメッセージ)で連絡が可能です。

SMSが携帯電話に届いていない場合、再度携帯電話番号を入力してみましょう。

但し、携帯電話での連絡に限ります。(※固定電話はSMSが出来ない為、不可です。)

 

リショップナビ運営事務局から確認の電話を待ちましょう。

 

無料一括見積り リショップナビ

\ リフォーム専用スタッフが丁寧に電話で相談!メールもOK!/

 

おすすめ>>>

  「DIYリフォーム」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめ関連記事』です。

 

家のDIY&リフォームをしていて、業者依頼した内容と費用を公開!
リフォーム業者を選ぶとき、どうやって選んだらいいのか分からなくて困ったことありませんか?高い買い物をするときは慎重になりますよね。私の場合、低価格が基本。人は危機迫ると色々考えるものです。もし、同じように業者選びに困っているとしたら、何か参考になるかもしれません。これから、私が業者選びをした方法をご紹介していきます。