【前編】玄関廊下のDIY、床フローリングを貼り替えて足元を明るく!

廊下

 

 

玄関から入るとすぐ廊下が見える。

廊下は、部屋と部屋とを結ぶ通路。

玄関横にトイレがあるので、頻繁に通る場所でもある。

 

わたしの理想では、玄関というよりはエントランスといったおしゃれな入り口を求めている。

古い和風の家に、どうやったってエントランスは難しいのだけれど・・・。

 

まずは、長年歩いてくたびれてしまったこの廊下の修繕から始めようと思う。







玄関廊下の床がフカフカしていたわけ

玄関から入って、部屋にまたがる小さい廊下。

実は、歩くとフカフカしているところがあって・・・Σ(=゚ω゚=;)心配。

どうなっているんだろう。

 

1-1. カーペットの施工方法:グリッパー工法

 

廊下には分厚いカーペットが敷き詰められていて、それを剥(は)いでみる。

カーペットの下には、フェルト生地が敷かれていた。

カーペットもフェルト生地も取り除いた状態。

隅に木材が縁(ふち)取られていて、釘が飛び出ている。 (゚o゚)アブナイッ!?

 

カーペットがズレないようにするグリッパーという工法らしい。。。φ(.. )

グリッパー工法とは

カーペットの施工方法で、クッション性を増すためにカーペットの下に、フェルトなどの下地材を敷き、その上にのせたカーペットを工具で引っ張り、部屋の四隅に打ち付けた、釘の出た板(グリッパー)に引掛けて留める工法。               - 住宅建築専門用語辞典より引用 -

12mm厚くらいかな?

恐らく、生涯カーペットで隠れ続けてきたフローリング。

綺麗に拭けば、状態も良くてまだ使えそうな感じ。

そうは言っても、フカフカしているのは危険。

 

1-2. 古いフローリングを解体して開口する

 

このフローリングを全部、剥がす。

バリッバリッバリッ!!?

バールを使って・・・ 板を剥がしていく。

このバールがないと、仕事がはかどらない。。。

 

 

 

そして、ようやく床下が開口した。

やっぱり!?

 根太が、1本だけズレていた!

 

これだったのか~ (*´ェ`*)

 

 フカフカの原因  釘が折れていた。

 

虫に食われて腐っている様子はなく、一安心。

床下を綺麗に掃除しておく。

新しく根太を追加して、頑丈な床にする

 

ここの廊下は、玄関入ってすぐのところにあるせいか・・・

夏は涼しく、冬はとても寒い(TДT)

 

これまでは、カーペットだったので床上のひんやり感を感じることは無かった。

開口してみると、やっぱり・・・断熱材は入っていない。

少しでも断熱効果UPしておこう。

 

施工のポイント 

  1. 床下の清掃、防湿施工をする。
  2. 根太を追加して、頑丈な床にする。
  3. 断熱材を敷き詰めておく。

 

さっそく、作業開始する!

2-1. 床下の清掃、防湿施工をする

 

廊下は約2.25畳の広さ。

剥き出しになった床下は、綺麗に掃除しておいた。

開口後の床下は、湿気が多くて私の嫌いな虫の死骸がゴロゴロと転がっていた・・・。(。-∀-)

作業の中でも、この時がとっても苦痛になる。

 

清掃作業の注意点

 長い間生息していたカビやダニ、虫などの死骸は、人間の体内に入ると病気の原因になる。
 作業中にもダニに刺されてしまったり、鼻や目にアレルギー反応が起こることが充分にある。
 作業する上で、必ず服装や装備を徹底すること。
 マスク・ゴーグル・防護服・帽子は必須
 免疫力の落ちた人は、特に反応を起こす可能性が高くなる。油断禁物。

 

清掃後、『 防湿シート+調湿材(床下さらり) 』を撒いておく。

 

 

1坪(2畳)1袋が適量。

2.25畳の廊下には少し多めだけど、2袋使用することにした。

 

 

2-2. 根太を追加して、頑丈な床にする

 

元々施工されていた根太は、見たところ腐食したところはなくてまだ使えそう。

そうは言っても、30年以上も湿気を吸っていることを考えると・・・

 

根太のサイズを測ってみる。

元々は45角(450mm)だったと思われる木材が、痩せたせいか42角(420mm)だった。

 

既存の根太を取り外すことはゴミにもなるし、体力消耗する。
 根太を追加することにした。

2-3. 断熱材を敷き詰めて、断熱効果をUPさせる

 

断熱材は40mm厚のものを準備する。

根太のサイズにあわせて、断熱材の厚みを決めた。

断熱材の種類:スタイロフォームとカネライトフォーム

これまでは青のスタイロフォームIB だったけど、

今回はこちら
【カネライトフォーム40ミリ 約910×約1820】スタンダードタイプ・スタイロ・ミラ同等品

カネライトフォーム E-1 40mm厚
400×9100×1820

何故かって??? お値段の関係デス・・・ (* ̄∇ ̄*)

 

青のスタイロ or  白(厳密には薄いピンク)のカネライト

スタイロフォームの特徴 

1. 熱を伝えにくい
2. 水を吸収しない耐水性能
3. 軽くて丈夫
4. 加工が簡単
5. 優れた断熱性能
6. 種類が豊富
7. リサイクル可能
8. 環境対応
9. 高い品質性能

 

カネライトフォームの特徴

1. 優れた断熱性能
2. 吸水・吸湿性がほとんどない
3. 断熱性能の劣化を防ぐ
4. ヒトと地球に優しい

 

実質、どっちがいいか・・・・

どっちも良い!((・∀・)) どちらでも・・・良い? (´・ω・`)ワカリマセン

 

 

根太と断熱材の施工

 

廊下の先はトイレなので、歩行頻度も高いから床を頑丈にしておこう ( ´_ゝ`)ノ

根太を、多めに追加しておいた。。。

念入りに v( ̄∇ ̄)v

隙間が出来ないように、断熱材も入れる。

既存の根太も、新たにビスで止め直してしっかり固定しておいた。

これだけ根太も増やしたし、当分はフカフカする心配もない。

 

合板で床をつくる

 

合板3枚を写真のような向きに並べると、縦向きはピッタリサイズが合う。

横の長さが少し長かったので、幅に合わせて1枚づつ丸ノコでカットした。

 

あとは、200mmピッチで墨出しして、ビス止め作業をする。

新設した根太にビスが当たるように、墨出しラインを引く。

墨出しとは

建築工事において、工事の進行に必要な線・形や寸法を表示することである。
一般に、大工が墨つぼを用いて墨で表示することから、「墨出し」と言われる。

 

ようやく、ビス止めが完成。

 しっかりした頑丈な床に生まれ変わった。(・◇・)ヤッタ!

 

廊下 ( 2.25畳分 )の下処理でかかった費用 

 

材料 サイズ(mm) @単価 数量 金額(円)
●檜材4m 30×45×4,000 774 3本 2,300
●針葉樹合板 910×1,820×12 1,317 3枚 3,951
●断熱材カネライトフォーム40 910×1,820×40 1,600 2枚 3,200
●調湿材(床下さらり) 1坪分10kg 1,200 2袋 2,400
小   計 11,851
8% 852
合   計 12,703


合計 12,703円(税込)

※仕上げ床(フローリングなど)は、含まず。

 後編  フローリング材を貼って、床の仕上げ作業へ

 

おすすめ>>>
  床下DIYにチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

 アマゾンで買い物するならギフト券のチャージがお買い得!!

 チャージするたびに最大2.5%のポイントバック!プライム会員はお得。

 オススメ① 支払いは現金派の方
 オススメ② 予算管理をしたい方
 オススメ③ デジタルコンテンツの利用が多い方に

 

廊下












wata-siroをフォローする
DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
タイトルとURLをコピーしました