石膏ボードで壁を作る、最初の一歩

洗面脱衣所の壁

洗面脱衣所の壁は完全に撤去。
骨組みも取り除いてしまったところ。

こんなに明るい場所だったんだ-。(*´∇`*)シラナカッタ
窓が大きいので、台所まで光が届いて明るい。
でも、右側に壁を作るのでこの明るい感じは一時(いっとき)の間だけ !?(*´Д`*)シカタナイ

 

洗面脱衣所は1坪(2畳)分の空間なので、比較的作業しやすいかも。
ここから作業を始めて行こう!(*’-‘*)

私が特に変えたいところは、あの昭和を思い出す水色のタイル壁
水廻りは必ずと言っていいほど、タイル壁が占めている。

普通のリフォームでは、既存のタイル壁を取り壊してしまうのだろうけど・・・
とても大変な上に産業廃棄物が大量に生まれることを考えれば、
そのままにしておいて上から壁を作るほうが簡単かな。

それに、私の一番の目的は防音の部屋にすること。
その為には、壁を厚くしたい!

窓下の壁を作る

手始めに、窓下の壁を作ってみることにした。
洗面脱衣所から始めようと思っていたのに・・・(変更)( -д-)ノ マイッカ・・・
窓側の壁は間柱を重ねて貼り、壁を厚くする。
その間に、断熱材を敷き詰めていく。

厚み30㎜の木材を入れる。

間柱の間に断熱材を入れる。

この上に遮音シートを貼る。
遮音シートはカッターで切れ目を入れると、す~っと綺麗に切れてくれる。(‘▽’*)キモチイイ~


間柱のある場所に、タッカーで打ち付けていく。(。・ω・)ノ゙ バンバン


遮音シートは重さが結構あるので、タッカーを片手に位置合わせしたらすぐに打ち付ける。

そして、約12㎜厚の石膏ボードを貼る。
石膏ボードは重いので、ぶつけるとすぐに欠けやすい。
少しだけ長さを合わせてカットする。


<パイプソーHI 240 木工用>

石膏ボードをカットする為の道具は、大きめのカッターを使うつもりだったけど、
このパイプソーを使うとザクザク切れて、カッターよりも何倍も楽ちんだった。(・∀・)コレコレ


良いものを発見!

石膏ボードビスは平ねじの32㎜(長さ)を、だいたい指を開いた長さに打っていく。
指の開いた長さはおよそ150㎜くらい。
150㎜ピッチでビスを打っていく。

ビスを打つと、しっかりとした壁が出来上がった。

テレビで見るリフォームの番組は、かなり編集して短縮されているのがよくわかる。
細かい作業がカットされて、壁があっという間に出来上がるので、
簡単かもなんて思ったら大間違い。
たったこれだけの壁なのに、フゥ~(; ̄Д ̄) ツカレタ・・・

石膏ボードを一人で運ぶことに苦労する。
だって、重いし 脆(もろ)い!
慣れないうちは手間がかかりそうだなぁー。