一人暮らしが選ぶ、給湯器の種類

水道配管の経路をイメージ設計してみる。

まずは、最初に給湯器を選ぶ。
給湯器を選ぶのって、よく考えないと後悔するかもしれない。

家族で住んでいると、
誰かがお風呂に入って、もう一人が洗いものして、別の誰かが手を洗っていたら・・・
間違いなく水圧が低くなって、ちょろちょろ水しか使えなくてイライラしてくる。(≧ヘ≦) オーイ

だから家族の生活リズムに合わせて、
設置する給湯器の種類を、よく考えておく必要がある。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■

給湯器の種類

●設備
給湯器には、貯湯式瞬間式というのがある。
貯湯式は、電気やガスをあまり使わない深夜の時間帯に、お湯を沸かして貯めておくシステム。
瞬間式は、今まさに使うときにお湯を沸かすシステム。

大家族で毎日大量にお湯を使うのであれば、貯湯式にメリットがある。
エコジョーズやエコキュート、エネファームなどよく聞くけれど、初期投資が大きいので、一人暮らしにはもともと縁のないもの。。。( ̄▽ ̄;)

●追い焚き
追い焚き出来るタイプ か 追い焚き出来ないタイプの選択。
今住んでいる家の給湯器は、追い焚き機能がない。
ないほうがむしろ良いと思っている。

昔(かれこれ20年くらい昔)、追い焚きのお風呂だったんだけど・・・
その頃は機能が充実していなかったし、タイマーとかないから、
沸かしすぎてゴボゴボ垢(アカ)が出てきたりしていた。
あれは、最悪だったなぁ・・・(((( ;゚д゚)))

現代の追い焚きは、お掃除機能がついていたりするらしいから、大丈夫だろうけど。
その頃のマイナスイメージが強くて、追い焚き機能は敬遠がち。(’A`|||)

追い焚きがないタイプは、温くなったお湯を継ぎ足す形になる。
だから、毎回清潔なお湯に入れる。
そもそも、一人暮らしで追い炊きが必要かな・・・( -д-)ノ イヤイヤ

夏も浴槽に浸かりたいけど、シャワーだけなんて日もあると思う。
お湯を入れたのにぬるくなった場合は、最悪シャワーで我慢すれば良い。( ̄∇ ̄)モチロン

ということで、追い焚きがないタイプにしようと思う。

●給湯器のサイズ
給湯器には号数というのがあって、号数が大きくなると一度に大量のお湯を沸かせる。

一人暮らしは、誰にもお湯を横取りされる心配はないので、
小さいタイプの16号で問題ないと思う。(*´ェ`*)ウン

●熱源
お湯を使うためには、ガス・電気・石油と主要な3つがある。
太陽光発電を取付けて、オール電化を導入するなんて話、ちょっと前はよく耳にしていた。
オール電化は火事にならないし、ガスが全く必要ない生活になる。

そもそも、オール電化を選べる選択肢は、私にはないのだけど。。。( ゚∀゚)アハハ

燃料が一番安い石油(灯油)も、あるにはあるけど・・・却下。
→台所が家全体の中継場所なわけ

ということで、必然的にガス(都市ガス)を選択する。


●設置タイプ

屋内設置なのか、それとも屋外設置か。
この家の既存の石油(灯油)給湯器は、この場所にある。

ここはポリカ波板で囲まれた小屋みたいになっていて、
窓はあるけど、完全に屋内となってしまう。

波板等で囲まれている場所の設置は、新鮮な空気が不足して不完全燃焼を起こす可能性があるということで、
給湯器を設置する条件としては、禁止になっている。

だから、その場所にどうしても設置するなら、煙突をつけて屋外に排気するようにしなければいけない。

この既存設備は、全部撤去してしまうつもりだけど、
新しく設置する給湯器をどこに設置したらいいのか・・・悩む。

排気用の煙突をつけるなら、この小屋の中でいいけど、余計な費用が掛かってしまう。

ここには、置けないなぁ・・・( ̄▽ ̄;)

 

<給湯器の条件>
設備 追い焚き サイズ 熱源 設置
一人暮らし用 瞬間式 なし 16号 都市ガス 屋外壁掛け

そして、選んだ給湯器はこちら。

≪あす楽対応≫【送料無料】 ノーリツ給湯器16号 GQ-1639WS 都市ガス・LPG選択可能 給湯専用タイプ 屋外壁掛型(PS標準設置型)
≪あす楽対応≫【送料無料】 ノーリツ給湯器16号 GQ-1639WS 都市ガス・LPG選択可能 給湯専用タイプ 屋外壁掛型(PS標準設置型)

・16号
・都市ガス
・給湯専用
・屋外壁掛型

純粋な給湯器だけど、リモコンがあればオートストップ機能あり!
湯量を設定しておけば、自動ストップしてくれるのはありがたい。(・∀・)

ということで、私が選ぶ給湯器はこれに決定!