水道配管図が、意外と簡単に手に入る!

役所へ行ってきた。
この家の水道配管が、どんなふうに繋がっているのか知りたかったから。。。

わたし 「家の水道配管図を知りたいのですが・・・」
水道課の人 「この紙に必要事項を書いてください。」

そう言って渡された用紙に、名前・住所・取得理由を書いて提出。
それから、すぐに印刷された2枚のB4用紙を渡してくれた。
意外と簡単に、手に入るもんなんだなぁ。。。(´- `*)

内容は、
給水工事設計積算書
平面図及び配管透視図

なんともわかりにくい・・・ ( ̄0 ̄;)ナニコレ
現代の素晴らしいPC技術とはかけ離れた、手書きの粗い図面。

よく観察して、なんとなく読み解いていく。。。
屋外の止水栓から、トイレ、洗面脱衣所、洗濯機、風呂場、台所、庭の立水栓と、配管が通っている。
それも、途中よくわからない線があったりで・・・超難解。(((( ;゚д゚))) コレッテ、ドウイウコト?
何度も辿っていくと、なんとな~く 配管経路がわかってきた。

役所の水道課の人に聞いておいた。

・止水栓(水道メーター)から家側へ繋がる配管は、自己の私有物
もし、水漏れなど故障・破損があった場合は、すべて自己負担で費用がかかる。


・止水栓(水道メーター)から道路側へ繋がる配管は、水道局の所有
定期的に水道メーターは交換するようになっているらしい。水道局の管理。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

家中の、水道配管を交換するとなったら、自己負担というのは当然わかるけど・・・
相当の費用が掛かるんだろうな。。。(●´ω`●)

ばあちゃんは、いつもお湯を沸かすとき、
炭(備長炭)
を入れたヤカンで、お湯を沸かしていた。
確かに、炭を入れることでカルキ抜きおいしい水になるとか聞いたことはある。
さすがに、赤錆までは除去してくれていたかな・・・ (*・ω・)