水道配管、モルタル壁に配管設置する

シールテープを巻く

 

ステンレスパイプにシールテープを巻いていく。
ネジを締める部分がたくさんあるので、最初に巻いて準備しておく。

シールテープの巻き方は、ちょっと慣れるまで手こずった。( -д-)ノヘタッピ

 

左手にパイプ 右手にシールテープを持って、時計回り巻いていく。
パイプを締める向きと同じ方向に巻く。(時計回り)

最初の1~2山を残した部分から、シールテープを当てて巻くのがポイント!
こうすることで、継手との噛み合わせがスムーズになる。(・∀・)ノホントダ

 

水道配管を取付ける

 

順番通り、組み立ていく。
まずは、風呂側から配管を通す。

 

壁の空間の間隔は140㎜程あるので、パイプは150㎜を使用。

ユニオンを分解して、パイプに繋(つな)げる。

 

シュミレーション通りに、次々とネジを締めていく。

最後に、ポリ管を繋げる継手を取付ける。

ユニオンを追加したことで、しっかりネジ締めが出来るようになった。
パイプと継手の接続は完了。(*´∇`*)ヨシッ

 

水道配管を壁に固定する

 

ユニオンを取付けたことで、T足のサイズが変わってしまった。

最初に測定した壁からの長さは、80㎜だった。
実際に使うのは100㎜の長さ。

インターネットで購した部品は返品できないので、
何か他に利用できることを探そう。φ(.. )

まずは、
壁に穴を開けてプラグを入れ、T足を取付ける。

  

蝶番式立バンドを、パイプとT足に挟む。

 

小型スパナ(サイズ10)を使って、ナットを締める。

 

ナットを完全に締めきったら、しっかり固定されてビクともしなくなった。
これでやっと、取付けることができた。(‘▽’*)♪

 

ちなみに、ポリ管を挿入する際に重ならないよう
縦パイプの長さを、左右異なる長さにしておいた。

一番最初は塩ビ管で配管するつもりで、簡単に出来るものだと油断していた。
この形になるまで、自分なりに悩み、考えたので達成感がある。

しっかりネジ締め出来たので、水漏れの心配はないだろうなぁ-と思う。
あと、ステンレス製に拘(こだわ)ったので、残りの人生で錆びることはないかな。

強いて言うなら・・・モルタル壁が丈夫であって欲しい・・・(* ̄∇ ̄*)

コメントを残す