床下が土でも、ポリ管を固定する方法

いよいよ、架橋ポリエチレン管(ポリ管)を床下に配管していく。
まずは、ヘッダーから各給水場所までの長さを測定して、
ポリ管をカット。

ここはケチらず、1メートルくらい長めに余裕もってカットする。
パイプカッターも順調に切れるので、
断面を綺麗に意識しながらどんどんカットしていこう!o(*・ロ・*)o

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●

ポリ管は思った以上に言うことを聞かない。
簡単そうで意外と手間取ってしまった。

ポリ管は直管巻きがあって、私が購入したのは30mの巻きのほう
巻きは、かなりのクセがあるんだよなぁぁぁ。

 

特に、16Aのポリ管は硬いっっっ。(ー∀ー;)ウウゥ
巻いているのと逆側にポリ管を反らしてみたりして、
クルクル巻きつくポリ管を、柔軟に伸ばす。

それから、サヤ管にポリ管を入れる作業が なかなかうまくいかなくって・・・(*´ -`)
特に、真っ直ぐじゃないから距離が長いと途中詰まってしまって、
トンネルから抜け出せなくなるカンジ (.. )???
要領が悪くて、なかなかうまくいかず・・・

この作業だけで、腕がパンパンになってしまった。
あ~、疲れたぁぁぁ (>。<;)フゥ-

ポリ管を床下に配置してみた。

床下がコンクリートではなくなので、ポリ管を固定することが出来ない。
水圧でポリ管が暴れないように、何とか固定しておきたいんだけど・・・
何か、いい方法ないかなぁ~ φ(.. )

そうだっ!

この家には、大量のブロックが余っているじゃない。 (*゚∀゚) アルアル
処分するにはお金もかかるので、
床下の防湿シートを敷いて、その上にブロックを置いて利用していた。
それでも、いまだブロックはたくさん余っている。

約10kgのブロックだから、ある程度は水圧に耐えて保持できるんじゃないカナ?
それに、いい具合に穴も空いていることだし。。。\(^o^)/ナイス-ッ

ということで、実際にやってみると・・・
こんな感じ ↓

 

二段重ねもチャレンジ   ↓

ポリ管を固定することが出来た!

動かないといいけどなぁ・・・
床下からブロックが動く音が聞こえてきたりしたら、どうしよう・・・  |д・)エッ
何もしないよりはマシなので、取り敢えずこれで進めていくことにした。

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●

そして、忘れちゃいけない大事なコトがある。

知らないうちに、何者かが侵入してきたものなら それはもう大騒ぎ(((( ;゚д゚)))
なので、ゴミや虫が入らないように、ポリ管の端部分はマスキングテープで穴を覆っておく。
破れたら嫌だから、念入りに。(*・ω・)ノ

これ大事!(・∀・)