家を受継ぐということ 1


家の名義変更も終わり、母の家になった。
ところが、母はあまりいい顔をしない。
この家に住みたいか?といったら、NO!
この家には問題が山積みなのだ。
そう、家を受継ぐのは簡単なことではない。

ばあちゃんが一人で36年間暮らしていたこの家には、物が溢れんばかりに積み上げられている。 
(((( ;゚д゚)))
遺品整理って、なんだか響きはやさしいケドネ。。。

この時代の人は物を捨てられないノカナ???

大きな家具が、部屋中ぎっしり敷き詰められて、床は傾いている。
タンスなんて、湿気で随分前から開けられていないのだろう。
服は山のように積み上げられ、しかも虫食いだらけ・・・Σ( ̄ロ ̄|||)
扉と言う扉を開けると、どこからも物が溢れ出てくる。
想像以上のモノが、何十年もそこにあったのだろう。

地震があったら、物で押し潰されてしまっていただろうナ。。。コワイ
そんな危険な状態を、どうして今までそのままにしていたのか?
自分のものを捨てられたくないし、触ってほしくないという心理。親子でも関係ない。。。
でも、ちょっと異常なんだよネ (つд⊂)
もう嫌 ってなる、母の気持ちも頷ける。

床は、一歩間違えると抜けるな~ って場所が所々ある。
家の中は、埃とカビにまみれた臭いが充満し、
アレルギー性鼻炎の私は くしゃみやら鼻水がトマラナイ・・・ 。゚(゚´Д`゚)゜。

それに、実は 一番重大な問題が・・・!!!
以前から気になっていた外壁。
屋根下のモルタル壁にヒビが入って、雨が降る度に落ちかけている ( ̄▽ ̄;)!!
ヤバイよ~。こればっかりはどうにもならない。
家が、コワレカケテイル・・・

これが現実、とても住める状態じゃない。。。
これからどうする???

この団地の周辺でも、空き家問題が深刻化している。
ばあちゃんは、一番最後に空いていた土地に家を建てたらしい。
だから、それ以前に建てられた家がほとんど。
マンモス団地に、空き家は増えている。

1/11