②除籍謄本を集める

不動産登記







除籍謄本を集める

 

こんなはずじゃなかった (((( ;゚д゚)))

戸籍は現住所の役所で、簡単に取れると思っていた・・・ ( -д-)ノ マッタクチガウ

 

結婚をしたことのない私には、経験が浅すぎた w(゚o゚)w オオー!

戸籍は、住民票に記載されている本籍地の役所で取ることができる。

 

・生まれれば入籍
・結婚すれば入籍
・離婚すれば除籍
・死亡すれば除籍
・本籍地を変更すれば転籍

 

人は本籍から出たり入ったり繰り返している。

婚姻や転籍の回数が多いと、それだけ戸籍は増えてくる。

 

被相続人(死亡した人)の戸籍は、出生から死亡まですべての戸籍を集めなければならない。

ばあちゃんが死亡した本籍地で戸籍を取ると、次から次へと遡って戸籍がでてくるではないか。

戸籍を見ると、いつ どこで だれが どんな理由で 届け出たか が記載されている。

なので、そこに書かれている住所を辿っていくと、最後は出生に行き着く。

 

除籍謄本は全部で9部。。。 コレッテオオイヨネ???

中には改正原戸籍という、コンピュータ化される前の手書きの戸籍もあった。 ヨミズライ・・・

県外や遠方にもあり、さすがに行けないので郵便申請で取り寄せることにした。

それも、昔の住所が市町村合併されたりしてて、宛先を間違い、二度手間もあった。

 

一方、母の書類のほうは、現住所を本籍地にしていたので簡単だった。

【 役所でかかった費用 】

被相続人(死亡した人)のもの
・除籍謄本 750円×9部=6750円
・住民除票 300円
郵便申請でかかった手数料(うち4部)
・定額小為替 100円×4=400円
・郵便切手+返信用封筒切手 およそ600円
相続人のもの
・戸籍謄本 450円
・住民票   200円
不動産に関するもの
・固定資産評価書    300円

 合    計  およそ9,000円 

 

全部揃うまで、約1ヶ月くらいかかったかもしれない。。。

特別多かった気がするけど、予想以上に時間と手間のかかる作業だった。

 

これで、役所で取得する必要書類は揃った。φ(.. )ヤレヤレ

次は、自分で登記申請書を作成する。


 アマゾンで買い物するならギフト券のチャージがお買い得!!

 チャージするたびに最大2.5%のポイントバック!プライム会員はお得。

 オススメ① 支払いは現金派の方
 オススメ② 予算管理をしたい方
 オススメ③ デジタルコンテンツの利用が多い方に

 

不動産登記












wata-siroをフォローする
DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
タイトルとURLをコピーしました