遺品整理で出た不用品を処分!軽トラックをレンタルして自己搬入する

遺品整理
この記事は約8分で読めます。

前回の記事

【バイセルで着物査定】祖母の遺品整理を経験した私が、親の生前整理をすすめる理由
...

 

 wata-siroです。

遺品整理は、自分ですると費用が抑えられるので、かなりの節約になります。

でも、実際やってみるとかなり重労働なんですよね。

時間も労働力も消耗して、体力が回復するのにも時間が掛かります。

 

遺品整理をする場合、すべて自分でやろうとするのは、おすすめできません。

多少の費用が掛かっても、業者依頼する範囲を決めて行うことが重要です。

 

今回は、軽トラックをレンタルして2日間(別日)にわけてゴミ収集所へ自己搬入したので、その内容をご紹介します。

この記事のポイント 
 軽トラックをレンタルして、不用品を自己搬入する。超ハードな労働で、総額32,495円の処分経費が掛かった。




不用品処分するために軽トラックをレンタルして自己搬入する

ゴミ収集所

 

不用品処分するためには、まず準備が必要。

段取りが悪いと、思たように進まないことが多い。

なので、処分するものを分別して運びやすくしておく。

1-1.指定された場所(自治体指定場所)へ直接持ち込む方法

チェックリスト

 

不用品処分の準備手順
  • STEP1
    搬入時間の確認
  • STEP2
    搬入受付の確認
  • STEP3
    処理手数料の確認
  • STEP4
    準備する小道具
  • STEP5
    家電リサイクル法(家電4品目)による対象品は持ち込み不可
  • STEP6
    自治体で処分できないもの

 

⑴搬入時間の確認

自治体によって自己搬入先の開門時間など異なるため、事前に調べておく。

午前中と午後を挟んで、お昼休みがあることも念頭に入れる。

前日までに目的地までの場所・距離・時間を確認して、効率よく運べるようにする。

 

⑵搬入受付

自治体によって異なる場合があるが、受付で用紙に以下の項目を記入する。

・名前 ・住所(※) ・電話番号 ・搬入車のナンバー
※ 搬入する自治体の住民であるか、もしくは搬入するゴミが自治体の家のものであること。

 

⑶処理手数料の確認

10kg ⇒ 〇〇円

現金で支払うので、お金を準備&持参することを忘れずに。

 

⑷準備する小道具

・ロープ(紐ひも)・・・トラックから落ちないように縛るロープを準備しておく。

・手袋or軍手・・・ケガ防止や作業の効率化のために準備しておく。

・タオル・・・思った以上に重労働なので、汗を拭くためにも準備しておく。

・ゴミ袋・・・ゴミが散乱したり、袋が破れたりするので準備しておく。

・マスク・・・ゴミ処理場内では想像以上に臭いが強いので、あると便利。

・合板・・・大量に処分する場合、軽トラのサイドに合板を入れておくと運搬回数も減り、落下防止にもなる。

 

⑸家電リサイクル法(家電4品目)による対象品は持ち込み不可

リサイクル料金がそれぞれにかかる。

・エアコン
・冷蔵庫(冷凍庫)
・テレビ
・洗濯機(乾燥機)

⇒ 不用品回収業者に依頼するか、家電量販店など指定の引き取り場所に直接持ち込み

 

⑹自治体で処分できないもの(受け入れ不可)

消火器、コンクリート、プロパンガスボンベ、畳、塗料、土・砂利、車・バイクの部品、バッテリー、タイヤ、灯油・ガソリン、農薬・劇薬など

⇒ 不用品回収業者か、産業廃棄物・処理業者に依頼する、または直接持ち込む。

 

1-2.タイムズレンタカーで軽トラックを借りる

レンタカー

 

不用品を運ぶ為に、軽トラックを借りることにした。

レンタカーの会社は複数あったけど、その中でもタイムズレンタカーで借りることに。
 タイムズのレンタカー

インターネットで予約して、簡単に手配できる。

なんて便利なんだ。。。

初めてのレンタルで、感激 (・◇・)ゞ

 

軽トラックは、初運転 (*´ -`)(´- `*) ドキドキ

禁煙車で、車内も想像以上にきれいで清潔。

店員によれば、まだ納車して間もないらしい。

走行距離が、まだ1万キロ以内の新しい車。

 

オートマなので、難しいことは一つもない。

動きはスムーズで 快適!

軽なのに、馬力もあるし。。。運転がラクラク (☆゚∀゚)

 タイムズクラブ会員なら最大25%OFF「タイムズカーレンタル」


不用品の自己搬入【 重労働を覚悟する 】

準備

 

遺品整理で片付けして出た不用品は、次から次にゴミ袋に詰めていった。

そのため家の中は、ゴミ袋が山積みになっている。。。

 

このゴミ袋を処分しないと、片付ける場所が確保できないので、

とにかく捨てる!!!

 

家から車で約15分のところに可燃ごみの中継所があって、不用品の自己搬入ができる。

自己搬入1回にかかる時間⇒ 往復30分+受付5分+作業10分=約45分

 

⇒ 搬入時間が午前8時から午後3時半まで。(昼休憩12時~13時)

 

この間に、効率よく運ぶには・・・ 最大5往復!!!

午前中に出来れば3往復して、午後から2往復する。

 

よし、頑張るぞ w(゚o゚)w オオー!

2-1.不用品の自己搬入【 1回目 】

不用品処分

自己搬入 1回目

朝 8時半

軽トラックをレンタルする。

可燃ゴミ   可燃ごみのゴミ料金 10kg ⇒ 150円(税別)

一回目 10:00
重量  170kg 2,750円

二回目 10:50
重量  140kg 2,260円

三回目 11:50
重量  200kg 3,240円

<< 昼休憩 >>

四回目 13:15
重量  110kg 1,780円

五回目 14:20
重量    80kg 1,290円

総重量     700kg
合計金額   11,320円(税込)

 

レンタカー代
・6時間   5,313円
・ガソリン代 821円 (ガソリン満タンにして返却)

 

1回目の費用 17,454円

 

2-2.不用品の自己搬入【 2回目 】

不用品処分

今回は、粗大ゴミの自己搬入2回目。

自己搬入 2回目

朝 8:30

軽トラックをレンタルする

この日は、不燃ごみ可燃ごみを自己搬入する。

どちらも全く違う場所にあるので、午前2回、午後2回に分けて運ぶことにする。

不燃ごみ

一回目 10:00
※すべて 指定ゴミ袋に入れて、運搬のため、計量は無し。
・不燃ごみ袋 (大)648円(10枚入り) 約30枚 使用 1,944円
・缶・ビン  (大)648円(10枚入り) 約10枚 使用  648円

合計金額   2,592円(ゴミ袋代金)

 

可燃ゴミ 

二回目 11:10
重量  130kg 2,100円

三回目 14:10
重量  190kg 3,070円

四回目 15:00
重量  110kg 1,780円

 

【 可燃ごみ 】
総重量      430kg
合計金額    6,880円

 

レンタカー代
・6時間    4,813円 (前回使用のポイントGetで500円割引あり)
・ガソリン代  756円 (ガソリン満タンにして返却)

 

2回目の費用   15,041円

 

2-3. 不用品の自己搬入【 総費用 】

 

不用品の自己搬入でかかった費用を計算してみた。

 

・1回目  17,454円

・2回目  15,041円

総 計     32,495円

 

この作業は2日連続すればレンタカーの経費が少し安くなるけど、かなりの重労働だったので連日の作業は出来なかった。

そのため、レンタカーの軽トラックは別日で利用している。

つまり、2日連続でレンタルする場合は、これより割安になる

但し、家の中はごった返していて、泊まれる状況ではなかったので仕方ない。

 遺品整理は、業者に依頼したほうが健康でいられる

 

遺品整理によって不用品を処分するには、時間体力お金が必要になる。

今回、2回にわたって不用品の自己搬入をしたけど、その後もまだまだ不用品は出てきた。

家の中の物だけではなく、屋外にも大量の不用品があって終わりが見えない。。。

 

気候(時期)にも注意が必要

古い家の押し入れや畳には、ダニやノミなどの虫が大量に眠っている可能性が高い。

暑いからといって薄着で作業したり油断していると、恐ろしいくらいに刺されてしまう。

痒みと痛みで、日常生活をまともに送れなくなってしまった。

私と家族が経験したので、二度とあんなことはしたくないと思う。

 

重労働であることを認識する

荷物を運んだり、積荷することに慣れていないとぎっくり腰になる事もある。

それでなくても、筋肉痛で体がガタガタになってしまう。

荷物は、ほとんどが重いものだと思った方がいい。

 

人間の体力にも限界がある。

無理をしすぎて、しばらく動けなくなったり怪我をしてしまうこともある。

不用品処分  ECOらいく

【国認定】パソコン無料回収・処分・廃棄 【リネットジャパン】

 

関連記事>>>

処分費無料で大量の庭土を処分する方法!初心者でもジモティーなら可能だった!
庭に使う材料や道具は、楽しみが優先してその時は高くても大量に買ってしまい、不要になって処分するにも結構お金が掛かってしまいます。 今回は、不要になった大量の土を無料で処分した経験をお話しします。 地元で直接手渡しできて、不要品を取引できるジモティーに投稿してみました。あんなにあった土嚢袋の山が1日で処分出来ました。

 

まとめ

  自分で遺品整理をする場合はそれなりの覚悟が必要。
  お金に余裕があるなら、迷わず遺品整理業などの業者に依頼するほうが健康的でいられる。

  ECOらいく