ニッチがある部屋に憧れる

ニッチ壁に魅了する

ネットで、おしゃれな壁の画像を検索していると、ついつい目に留まるのがニッチ
すごく気になっている。(*゚∀゚)イイナ
建築用語でのニッチは、壁に穴を開けて凹ませて飾りなどを置く部分のこと。

この際、ニッチをつくってみたいと思うようになった。(*^・ェ・)ノ ヨシッ!
のっぺらな壁よりは、少し手を加えて台所のアクセントにしてみるのもいいかも。

せっかく壁をつくるところなんだから、
壁に穴を開けるなんて、躊躇(ちゅうちょ)なく出来る。
だって、石膏ボードをカットするってことだから。

もし、新築の家だったら 壁に穴を開ける勇気は、ないかもね。。。(=゚ω゚)ウ-ン
間柱とかにぶち当たってしまったら怖いし・・・
DIYでニッチ壁をつくる人たちのブログをみると、勇ましく感じた。(‘◇’*)ユウキアルナ-

台所の入り口、入ってすぐの壁にはインターホンを設置する予定。
ニッチの中にインターホンがある感じで作ってみようと思う。

材料を揃える

いろんなニッチ作品があるのだけど、コレという決まりはない。
私は簡単にを作って、はめ込む感じにしてみようかな。(^_^)

ホームセンターで木材を購入する。
SPF材
・1×4材(6フィート) 19(厚)×89(幅)×1829(長さ)㎜

まずは、試しに組み立ててみる。

フローリング貼りで使った、スリムビス(38㎜)を使って丁寧にネジ止め。

枠を組み立てて、作ってみた。

こんな感じかな。(・∀・)

大抵、購入した木材は表面がザラザラしているので、つるつる仕上げにしたい。
塗装する場合にも、ヤスリ掛け重要になってくる。

紙やすりで磨くのに コレ↓ を買ってみた。

 
sakazume ハンドサンダー クリップ式
70×200mm HSC-200
1,482円

紙やすりをクリップに挟むだけの簡単装着。
クリップは本当にしっかりしているので、紙やすりが外れることはなかった。
これがあるのとないのとでは、作業効率が全然違う。(o^∇^o)ノ カッテヨカッタ!

木材にニスを塗る

余った木材で試し塗り。
水性用のニス油性用のニスは、仕上がりが全く違う。
室内で使うものなら、水性用のほうがテカリ臭いもなくて自然に仕上がる。

油性用
は最初臭いがきつくて、これは室内に向かないかなと思ったけど、
あれっ? 乾いたら臭いは次第になくなってる。
でも、テカリがどうも気に入らない。(ノд・。) ヤッパリ ダメカナ

結局、水性用のカラーニスで塗った。

仕上がりは気に入っていたので、取付ける時ワクワクしていた。(‘▽’*)ニパッ♪

・・・ !? なんか違う

自分が想像していたニッチと何か違う-(*´Д`*)
ナンデダロウ?
枠が壁から出っ張り過ぎている!

やっぱり納得がいかないので、作り直すことに。

そして、

完成したのがコレ↓

正面から見たニッチ

斜めから見たニッチ

使ったSPF材
・1×2材(6フィート) 19(厚)×38(幅)×1829(長さ)㎜
・1×3材(6フィート) 19(厚)×64(幅)×1829(長さ)㎜ (→下部分に使用)

全部同じ幅の木材を使うのではなくて、下部分1×3材にしてみた。
幅があって小物が置けるくらいのサイズ。
その他部分は、石膏ボードより少しだけはみ出るくらい。

枠の中の木材は、余った12㎜厚の合板を使用。
ここは、石膏ボードを貼るより、ビスが利く木材のほうがいいかも。
枠のサイズより大きめにカットしたものを、下地に貼っている。

壁紙を貼って、完成しないとパッとしないけど・・・
まあ、こんなもんでしょ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

最初に作った失敗した枠は、別の用途を見つけて使うことにしようっと。
洗面所用に鏡を貼り付けて、小物入れとか・・・
使い道はある!!。(* ̄∇ ̄*)

コメントを残す