無垢のフローリング材がいいなぁーと思うんだけど…

フローリングの準備
床に敷く、フローリング材(15㎜厚)を決めておかなければいけない。

≪ 必要なフローリング材 ≫ 

場所 広さ
台所 5坪 (10畳)
洗面脱衣所 1坪 (2畳)
廊下 1.125坪 (2.25畳)
合計 7.125坪 (14.25畳)

少し余裕を考えてフローリング材を購入するのが掟(おきて)らしいので、
この分だと、8坪分は最低でも必要になるのかな。

合板か、無垢か? 迷う
フローリング材はピンからキリまであって迷うなぁ-。
あんまり予算もないし・・・ お財布事情は厳しくなってきた。(*´ -`)
ホームセンターで売っているのは、ベニヤ板を何枚も貼り合わせた合板フローリング材
1箱(1坪あたり)4,000~5,000円くらいのB級品
う~ん、う~んφ(.. )ナヤム
イメージしても、心がトキメカナイ。。。

このB級品フローリング材だったら、 1坪5,000円として・・・ 8坪分40,000円かぁ-
決め手は、お金の問題になってくるんだけど。。。
とっても悩む。(‘д` ;)ドウシヨー

せっかくなら、無垢のフローリング材に憧(あこが)れるなぁ。。。
合板フローリング材とは違って、無垢のフローリング材は天然木100%
見た目は重厚感があって、自然な味わいを感じられる。(≡ω≡.)イイネ
ただ、値段は倍以上になるんだよね~。

そんな時、私の背中をポンッと押してくれた、父。

父:「せっかくここまでやって来たんだから、値段が高くなってもフローリングは無垢にしなさい。」
チマチマ悩んでいる私を見兼ねて、助言してくれた。

私:「そんなこと言ったって、お金かかるし・・・。無垢は高いよ!」

父:「床を貼り換えることがこの先あるかわからないし、合板フローリングじゃ結局長持ちしない。」
「これ以上他のことにお金を掛けないで、無垢のフローリングにしたほうが家のリフォームをやってきた甲斐があるんじゃないか?」

と、 まぁこんなことを言っていた。

今住んでいる家の床は合板フローリング材を使っていて、
実際にだいぶ草臥(くたび)れてきている。
確かに、味わいが全く感じられなくなっているもんなぁ-。
手入れを怠(おこた)っているのもあるけど・・・

それに、今まで家中の床下を全部開けてやり替えてきたんだし、仕上げのフローリングは満足したものにしたい!
という気持ちをぐっと押し殺しているのも事実。。。

私:「じゃあ、とりあえず無垢のフローリング材を調べてみるよ。」
そう言って、本当は心が無垢のフローリング材のほうに完全に向いてしまっていた。

何かを選ぶときに迷ったら高いほうを選ぶほうが間違いない、という考えの父。
私は慎重なほうなので、とことん納得するまで悩んで決める。
そんな私の性格を知っているから、今回はすぅーっと気持ちが楽になった気がした。

これもいいな~、あれもいいな~、
なんてウキウキしながらインターネットで探してみる・・・(*゚▽゚*)ワクワク

おぉっ 意外と安いのもある- なんて調子良かったのに、
よく見ると単位が半坪あたり○○円だったりして、ガッカリ。。。Σ(‘◇’*)エェッ!?

無垢のフローリング材の記載は、半坪(1畳)=1箱(10枚)の値段になっている。
8坪分だったら、全部で16箱になるってこと。

もちろん、フローリング施工も自分で行うので、160枚をひたすら貼ることになるんだなぁ-
なんて恐ろしい想像をしながら選んでいた。(゚∇゚ ;)ソンナニアルノ?

画面で見たものは写真写りがバラバラで、正直よくわからない。(つд⊂)ゴシゴシ
結局 無垢のフローリングを販売しているお店(ネットショップ)で、無料サンプルを送ってもらうことにした。