【図解説】検査コースの流れと操作手順|ユーザー車検【普通車編】

アイキャッチ画像普通車
この記事は約11分で読めます。

これまでユーザー車検を10回ほど受けた経験のある、アラフォー女のwata-siroです。

ユーザー車検の内容は、法令など改正された場合は除きますが、毎回ほぼ同じです。

決まった検査をするので、一度経験したらまた次回も手順通りやればできます。

あなたのクルマが検査項目をクリアできる条件であれば、誰が検査しても同じです。

wata-siro
wata-siro

つまり、あなたもユーザー車検は出来ます!

今回は、はじめてでもできるように検査の流れと操作手順について、詳しく解説してきます。

検査コースの流れと操作手順

wata-siro
wata-siro

はじめてのユーザー車検では、検査コースの流れや実際に操作する内容や手順など、あらかじめ確認しておくことが大切です。

検査コース内では、どんなことをするのですか?

wata-siro
wata-siro

検査コース内では、大きく3つのブロックに分かれています。

まずは、検査コースの流れを見てください。

検査コースの流れ

第1ブロックは検査コース外の検査になるので、今回は第2ブロックから第4ブロックの流れについて解説していきます。

第1ブロックの同一性の確認・外観検査の内容は、こちらの記事で解説しています。

【図解】ユーザー車検前のセルフチェック16項目|点検内容を詳しく解説
ユーザー車検前に確認すべき点検内容は、まさにクルマの基本的な操作ばかりです。 クルマに乗るのなら、自分のクルマの基本的な操作や消耗品の交換など、できるようにしておくことをおすすめします。 この記事では、セルフチェックする点検16項目がわかります。

第2ブロックは項目が多くて、忙しそうですね。

wata-siro
wata-siro

検査では、電光表示器に指示内容が表示されますので、指示に従って操作をしてください。落ち着いて操作すれば大丈夫です。

私がはじめてユーザー車検を受検したとき、クルマの基本操作や名前をはっきり理解していなかったので、どうすればいいのかわからなくてパニックになってしまいました。

なので、まずは普段クルマに乗っていて、知っているようで知らない基本用語と動作について、きちんと理解しておいてください。

基本用語は、わかったつもりでいることが多いです。

もう一度、ちゃんと理解しておく必要があるかもしれません。

1-1.基本用語と操作

wata-siro
wata-siro

まずは、検査コース内で知っておくべき基本用語とその操作について、解説します。

パッシング

パッシングは、瞬間的にハイビームを点灯、またはロービームヘッドライトのロービームとハイビームを交互に切り替える操作を数回程度行うことで、他のドライバーとのコミュニケーションを図るときに使われます。

特に、対向右折車にドライバーが先にどうぞと進路を譲る場合に見られる、ライトをピカピカさせている行為がパッシングです。

パッシング
パッシング

駐車(パーキング)ブレーキ

クルマの停止時や、車を停止できなくなったときの非常用ブレーキとしても使用されます。

パーキングブレーキがかかっている状態では、ブレーキ警告灯が点灯し解除すれば消灯します。

※赤色表示が消灯しない場合は、ブレーキ関連の異常を知らせています。

ブレーキ警告灯

車種によって装備の違いがあり装備名も異なるので、自分のクルマを確認してください。

①レバー式サイドブレーキ/ハンドブレーキ

レバー式サイドブレーキ

②足踏み式パーキングブレーキ

電子式パーキングブレーキ

③電子式パーキングブレーキ

電子式パーキングブレーキ

フットブレーキ

検査コース内で行われるブレーキ検査では、フットブレーキと駐車ブレーキの2通り検査があります。

フットブレーキは、中央に位置する幅の大きいペダルです。

フットブレーキ

足踏み式パーキングブレーキと区別しましょう。

ニュートラル

ギアが嚙み合わず、動力が伝達されない状態です。

エンジンの故障などで停止してクルマが動かないとき、ギアを「N」にして車体を押すなど緊急移動やレッカー移動時に使用します。

ニュートラル

なるほど、パッシングという言葉自体使わないので、知っておくべきですね。

同じブレーキでも、クルマによってブレーキの種類が違うんですね。

wata-siro
wata-siro

ブレーキの検査は、駐車ブレーキとフットブレーキの2種類があります。

ちゃんと区別できるようにしてください。

1-2.検査コースの流れと操作手順

wata-siro
wata-siro

マルチテスタ(自動方式総合検査用機器)は、一つの検査機器ですべての検査が行われる検査です。

第1ブロック

第1ブロック|同一性・外観検査

検査コースに進入する準備

同一性の確認・外観検査は、検査コース外で行われます。

はじめてユーザー車検を行う場合や、補助(サポート)が必要な場合はハザードを点滅させておきましょう。

直前になると検査官が待機してくれます。

また、音声が聞き取りにくいので、窓を左右とも開閉しておきましょう。

第1ブロック

検査コースに入場する順番がきたら、待機位置で停止します。

運転席(右側)の窓から前輪タイヤをのぞいてみて、進行するライン(線)に対してまっすぐになるように、ハンドル操作をしておきましょう。

クルマが進行方向に対してななめにならないよう、直線に修正しておきます。

すぐそばに進入電光表示器があるので、「進入」と表示されたらゆっくり進入します。

そのまま進んで、サイドスリップ検査が始まります。

第2ブロック|サイドスリップ検査・スピード検査・ヘッドライト検査・ブレーキ検査

第2ブロック
(A)サイドスリップ検査
サイドスリップテスタ

サイドスリップ検査は、サイドスリップテスタの上を通過すれば検査は終わりです。

あっというまに終わってしまいます。

ハンドルを切らずに、歩く程度の速さでまっすぐに前進してください。

もしハンドルを動かして横滑り量が1mあたり5mmを超えた場合は、不合格になってしまいます。

少しフットブレーキも使いながら、ゆっくり走行すると安定します。

サイドスリップ検査

前進

そのままゆっくり前進しますが、まっすぐを保ったまま、前輪タイヤをブレーキスピードメーターテスタの上に乗りあげます。

前輪停止位置

前輪タイヤが、中央部分の前輪停止位置にくるようにしてください。

しっくりはまる位置があります。

運転席からタイヤが見える鏡が設置されているので、確認できます。

ずれている場合は、軽くアクセルを踏んで修正してください。

正しく乗り上げが完了したら、すぐに次の検査が始まります。

あわてずに、電光表示器や音声案内に注意しておきましょう。

(S)スピードメーター検査

ブレーキスピードメーターテスタが作動を始めると、車体が少しだけ沈みます。

電光表示器に従って、アクセルを踏みます。

スピードメーターの表示が、40km/hまで加速したところでパッシングします。

40キロパッシング

40km/hまで加速したところと記載していますが、42~43km/hくらいまで加速してパッシングするのがコツです。

『基本用語と動作』で説明しましたが、パッシングは瞬間的にハイビーム(上向き)点灯させることです。

この検査の場合は、数回点灯させる必要はなく、少し長めにレバーを手前に引いてください。

パッシング

検査結果がすぐに表示されます。

ゆっくりブレーキを踏んで、ギアを「N」ニュートラルにして駐車ブレーキを引いておきましょう。

検査コース内で、誤った操作や事故を防ぐための安全操作です。

続いて、ヘッドライト検査が始まります。

ヘッドライトを点灯します。

スピードメーター検査
(H)ヘッドライト検査
ヘッドライトテスタ

ヘッドライト検査は、クルマの前方にヘッドライトテスタが移動します。

さきほども説明しましたが、誤った操作でヘッドライトテスタに突っ込んだりしないように、ギアを「N」にして駐車ブレーキを引いておくことが大事です。

すぐに、ヘッドライトを点灯しておきましょう。

※スモールライトやハイビームではなく、ヘッドライト点灯しましょう。

ヘッドライト点灯
基準の変更
  • 平成27年9月1日までは、検査コース内で『ハイビーム検査』が行われていました。
  • 新しい基準で設計された車の普及率が9割に達したことをきっかけに、光軸検査の基準は『ロービーム検査』に切り替わっています。

ヘッドライトテスタが移動をはじめますので、少し待機します。

左灯・右灯の検査結果がすぐに表示されます。

ヘッドライトを消して、駐車ブレーキを下しておきます。

すぐに、ブレーキ検査が始まります。

ヘッドライト検査
(B)ブレーキ検査

ブレーキ検査なので、駐車ブレーキを引いた状態では検査できません。

必ず、駐車ブレーキを下しておきましょう。

電光表示器をよく見て、指示に従って操作します。

ブレーキ検査

フットブレーキを踏む➡離す

駐車ブレーキを引く➡離す

どちらも、通常の操作よりやや強め・長めに操作してください。

検査結果が出たら、ゆっくり前進します。

この時、ギアは「N」のままなので、あわてずに「D」に操作して進んでください。

ブレーキ検査

第3ブロック|下廻り検査

第3ブロック
(P)下廻り検査
下廻り検査

下廻り検査では、穴の開いた検査設備になっており、検査官がこの中で検査を行います。

凸凹でこぼこした点検ピット上の停止線まで、前輪タイヤを乗り上げて停止します。

電光表示灯に指示が出ますので、指示に従って操作します。

ギアを「N」ニュートラルにして、エンジンを停止します。

途中、コンコンと車体を叩く音(打音検査)が聞こえてきます。

ここから、具体的な指示がでますのでテンポよく操作してください。

①ハンドルを左右に切ります。

この時、下で検査官がブーツの破れ・破損・オイル漏れなどないか検査しています。

②握っているハンドルを離すよう指示が出ます。

少し車体が揺れますが、すぐ終わります。

③「フットブレーキを踏む」と指示が出ます。

しっかり長めに踏みましょう。

「フットブレーキを離す」と指示が出ます。

④次に、「駐車ブレーキを引く」と指示が出ます。

しっかり長めに引きましょう。

「駐車ブレーキを離す」と指示が出ます。

下廻り検査の結果が出たら、前進して安全確認をして停車し、記録器に検査表を挿入します。

下廻りの不備があった場合は、どこが原因かを聞いて整備し直さなければなりません。

しっかり理由を聞いておきましょう。

下廻り検査

第4ブロック|排気ガス検査

第4ブロック
(X)排気ガス検査
第4ブロック

排気ガス検査は、クルマから降りて測定器(ブローブ)をマフラーに差し込みます。

しばらく挿入したままで、電光表示器に「ブローブをはずす」と表示されたら、元のあった場所に戻しておきます。

※測定器をマフラーに入れても、専用のマットに乗らないと反応してくれないコースも存在しますので、確認しましょう。

関連記事 >>>【2021年ユーザー車検】排気ガス検査の再検査|理由と対処法

記録器に検査表を挿入します。

注意

※排気ガス検査は、各検査場で検査する場所(ブロック)が異なります。

簡単な操作なのであまり気にすることではありませんが、下車する際は安全確認をしましょう。エンジンはかけたままで、必ずギアをパーキングにして、駐車ブレーキを引いておきます。

排気ガス検査

総合判定|検査後の手続き

総合判定

最後のブロック検査が終了したら、クルマを安全に停車させて下車します。

総合判定の検査官ボックスの検査官に、すべての検査書類一式を渡します。

すべての検査に合格した場合は、最終の検査印を押してもらい検査書類一式を再度受け取って、事務所の窓口に行きます。

車検証発行

検査書類一式を渡す決められた窓口があるので、確認してください。

番号札で呼ばれるので、混んでいなければ5~10分程度で、新しい車検証と標章をもらいます。

受取ったら忘れないように、前面窓に標章を貼っておきましょう。

ホイールカバーを外して検査した場合は、軍手などをしてカバーも装着しておきましょう。

以上で、ユーザー車検は終わりです。

動画で流れを確認しておくと、更にスムーズになると思います。

不合格になった場合の対処法

再検査になった場合の手順は、別の記事にまとめていますのでご覧ください。

「×」不合格の対処法
  • 基準に満たしていないと不合格になるのは当たり前です。割り切ってすぐに気持ちを切り替えましょう。
  • 不合格になったら、その日に検査場の近くの予備検査(=テスター屋)に駆けつければ調整してもらえます。➡ユーザー車検前に予備検査した場合は、無料で整備を引き受けてくれるので予備検査はセットで受けておきましょう。
ユーザー車検が不合格だった場合の対処法|予備検査は毎回受けよう
検査コースにきている人は、ベテランで車検に慣れている人が多いです。はじめてのユーザー車検で不合格になったとき、動揺してしまううでしょう。でも、大丈夫です。検査場の近くにある、予備検査を受けてください。最強のお守りになるはずです。
【勘違い危険】限定自動車検査証は車検切れを回避できない理由
何のために限定自動車検査証を発行するのか、一番大きな意味は、不合格になった項目だけ再検査すればよいという点です。合格した検査を何度も行うのは無駄ですよね。車検に合格してない状態でも15日間公道を走行できますが、車検の有効期間が延長されるわけありません。

まとめ|【図解説】検査コースの流れと操作手順

まとめ
wata-siro
wata-siro

いかがでしたか?検査コースの流れはこんな感じです。

電光表示灯と音声案内があるので、指示通りに進めれば何とかなりそうな気がしました。

はじめての場合はやっぱり不安なので、補助(サポート)をお願いしてやってみます!

wata-siro
wata-siro

はい、最初はみんなはじめてなので補助(サポート)をしてもらいながら、やってみてくださいね。

では、今回のまとめです。

検査コースの流れ
検査コースの流れ

wata-siro
wata-siro

検査コース前の申請書類の書き方や、受付までの流れについての2021年最新記事はこちらをご覧ください。

【 関連記事 】
\ こちらの記事も参考にしてみてくださいね! /
【図解】2021年申請書の記載方法|はじめてのユーザー車検【 普通車編 】
2021年4月にユーザー車検を受検してきましたアラフォー女のwata-siroです。2年前(前回)との変更点や申請書類を受付てもらうまでの流れがすべてわかります。ユーザー車検(普通車)の申請書類の書き方を詳しく解説します。これをマスターすれば、はじめてのあなたも心配いらずです。

車検のネット予約

安くすませたいけど時間が足りないあなたに!ネットで予約できる車検です。
全国約220店舗『ホリデー車検』車検完了まで約30分~1時間

全国約220店舗で展開する『立会い車検システム』です。

現在、全国で250のお店があり、今まで延べ200万人以上のお客様にご利用いただいております。

【セールスポイント】
★車検完了まで約30分~1時間で、
★整備箇所はお客様ご自身の目で確認していただいたうえで整備に取りかかります
★料金も明確で安心です。

◎受付スタッフや担当の整備士が内容と料金を車の状態に合わせて、わかりやすく説明してくれます。

◎よく分からないところはご遠慮なくご相談ください。

楽天Car車検|楽天スーパーポイントが貯まる!最大3000ポイント

楽天車検で車検をお得に、安心に。

【セールスポイント】
★加盟店数ナンバー1の車検の予約・比較サイト。
★楽天スーパーポイントが貯まる。随時キャンペーン開催。最大3000ポイント。
★口コミや価格や総合満足度ランキングなどの比較要素が多数。

全国対応『EPARK車検』見積り・予約申込み

EPARK車検は、全国の安心で格安な車検を簡単に検索&比較、予約&見積り依頼が出来る車検サイトです。

【セールスポイント】
★情報量No.1⇒ 全国1922店舗、掲載店舗数NO.1 (2016年2月5日現在)
★圧倒的な安さ⇒ 整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF! 特典も満載!
★安心⇒ 整備付き車検のみを提供、どの店舗も国家資格整備士常駐