和室A(寝室)

 

wata-siro
wata-siro

わたしのブログに訪問していただき、
ありがとうございます。
このサイトを書いていますwata-siroです。

 

暗くてジメジメした和室。

 

DIYで、過ごしやすい部屋に生まれ変わらせたい!

 

 

今回チャレンジしたきっかけは、押入れのが抜けてしまっていたからでした。

押入れは湿気が溜まりやすい場所です。

この状態では部屋全体が、湿気カビに侵されてしまっているはずだ!と危機感を持ちました。

 

⇒ 押入れ書斎にDIY!崩壊した押入れの床を解体して、カビ・湿気対策をする

押入れ書斎にDIY!崩壊した押入れの床を解体して、カビ・湿気対策をする
押入れとクローゼットの違いを知っておく 現代風の建物やマンション住まいの家には、押入れがないなんて家が増えている。 押入れよりも、クローゼットが一般的になってきている。 1-1. 収納サイズの違いは奥行き ...

 

押入れは大切なものや衣類等を収納する場所なので、やはり綺麗にしておきたいものです。

たくさんの物を入れ込むと湿気が溜まりやすいので、7割程度にして通気出来るようにしておきます。

 

空間(=余裕)をつくることは、大切なことなんですね。

 







健康的な家にしたければ、古いものは思い切って捨てる!

 

本格的に部屋のリフォームを手掛けるために、思い切って古いものを撤去しました。

 

古いものって・・・!?

まずは、です。

 

⇒ 梅雨対策!畳に潜むカビやダニが健康被害に!?思い切って畳を撤去処分する

梅雨対策!畳に潜むカビやダニが健康被害に!?思い切って畳を撤去処分する
思い切って畳を処分する!体調不良は古い畳のカビやダニのせいかも!? 梅雨の時期が来ると、なんだかジメジメした空気から体調を崩してしまう。 部屋の湿度計をみると、カビ・ダニ注意報のマークが点いていた。 ...

 

私はすべての部屋をフローリンングにすると希望していたので、畳をすべて撤去すること自体に躊躇(ちゅうちょ)することはありませんでした。

 

もうひとつ目立って古いものと言ったら・・・

和室全体を囲んでいるでした。

 

⇒ 劣化した古い壁を漆喰で塗装したら、明るい部屋に生まれ変わった!

劣化した古い壁を漆喰で塗装したら、明るい部屋に生まれ変わった!
古い家の壁は砂壁で、触っただけでボロボロと砂が落ちてくる状態。 壁の色は暗い上にひび割れもしているので、壁を塗装して明るい部屋に生まれ変わらせたい。 この記事のポイント  壁の塗装は、自然素材の漆喰を使う。 壁の色が変わ...

 

壁を壊すことは難易度が高いので、DIYだったら漆喰を塗るという選択をしたことが良かったです。

 

部屋の空気が新鮮に生まれ変わった!!!

 

というのは、事実です。ヽ( ̄▽ ̄)ノホントダヨ

 

漆喰はオススメです。

まずはしっかりと養生して、部屋が汚れないように作業しましょう!

 

素人でも出来た!畳からフローリング部屋へのDIY

 

私がはじめてフローリング部屋へDIYしたのは、和室A(寝室)でした。

正直、素人なりの完成度しかありませんでした。

 

今思えば、こうすればよかったなぁ~とか反省点は多々ありますが・・・(o-_-o)ムムゥ

それは、後の和室B・Cや台所のフローリング貼りに活かされてきます。

 

最初は誰でも、経験しなければ成長しないものなんですね。

だから、まずは失敗を恐れずにやってみること(=Let`s Try)です!

 

失敗は成功のもと

って言いますからね。

 

⇒ 畳からフローリングへDIY、湿気・通気・害虫対策で床下のメンテナンスをする

畳からフローリングへDIY、湿気・通気・害虫対策で床下のメンテナンスをする
≪床下の構造≫ 床下を開放したら、家を守るために害虫予防や湿気対策をしよう! 前回の記事 作業手順 ① 床下を綺麗に掃除する。           ← 今回はココ ② その上に強力防湿シー...

 

 

古い家の問題点は、最初からコンセントが圧倒的に少ないことでした。ヽ(#゚Д゚)ノ タリナイヨ~

フローリングの床に、コンセントのコードがあちこち転がっているのがとても嫌でした。

 

そこで、苦肉の策で考えた方法がこちらでした。

 

⇒【床造り・番外編】部屋にコンセントを増やしたい!そんな場合の応急処置法!

【床造り・番外編】部屋にコンセントを増やしたい!そんな場合の応急処置法!
【番外編】古い家には部屋にコンセントがたったの一つだけ!?床下に延長コードを通して部屋にコンセントを増やす! 家電製品が増えて、部屋のコンセントの数が足りない! 一般的な家のコンセントは、一部屋に最低2か...

 

応急処置なので・・・こんなもんです。(/ω\)ハズカシイ

これを機に、電気工事士の資格を目指すことになりました。

 

 

⇒【床造り】畳をフローリングにするため、床下地を構築する

【床造り】畳をフローリングにするため、床下地を構築する
≪床づくり≫ 畳をフローリングにするため、床下地をつくる 前回の記事 作業手順 ① 床下を綺麗に掃除する。 ② その上に強力防湿シートをまんべんなく敷く。 ③ 更...

 

遂に、寝室が畳からフローリングの部屋になりました。

初心者なりにやってきましたが、新鮮な雰囲気に風変りして、満足しています。(*´ー`)

 

職人さんがやれば、それは文句のない部屋になるでしょう。

だけど素人がやっても、最後には味のある作品が出来ちゃいます!

 

何度でもやり直しは出来ます。

迷っているあなたも、失敗を恐れずにやってみて(=Let`s Try)はいかがですか!

 

 

まとめ

 

今回は私の寝室になる部屋を、DIYでフローリングにしました。

壁も床も明るい色にしたので、今までの暗い部屋が一変しました。

 

押入れも綺麗にしましたが、実は細かい部分は未完成な点も多いです。

(ふすま)や収納部分は、まだまだ改良していこうと思っています。

 

この勢いで、和室B・CもDIYしていきます!

何度もやっていくうちに、多少は腕も磨(みが)いていけるといいのですが。。。

引き続き、がんばりますっ!o(^o^)o

 

最後まで私のブログを読んでくださって、ありがとうございました。

 

もう一度記事を読む

タイトルとURLをコピーしました