庭の土

昔 このあたりは、家の前に何もなかった。
記憶があるのは、大きなため池があったり、 畑の土地があったり。
大きな空が見えていた。

それが、ここ10年くらいで 大きく変わってしまった。
目の前は、新しい家がところ狭しと並んで、
少し遠くを見れば、大きな商業施設がど~んと建っている。
子供の頃の思い出の場所とはかけ離れ、自然はなくなり、窮屈になってしまった。

畑仕事や花を育てることが好きだったばあちゃんは、自分で土つくりをしていた。
目の前に家が建つことになって、畑仕事は出来なくなり、
畑の肥沃な土を 小さな庭に移した為、行く場所がなくて どんどん高さを増していた。

でも、この土 余りに盛りすぎて、崩れ落ちそうな・・・!?Σ(‘◇’*)
普通のブロックを積み上げて、所々 鉄線で支えているような 簡易柵。
何度か、危機を回避した痕跡もあった。
厚い板で支えている。。。 コレダケ!?

やはり、この場所もなんとかしないと、通り道が 塞がれてしまう。。。
ちょっといじれば、ミミズが顔を出す。 ヽ(゚Д゚;)ノ!! ギャー
私は虫が苦手だから。。。

ここで野菜を作れば、立派なものが収穫できるのかな・・・
とにかく、土をどうにかしなきゃいけない。