第二種電気工事士 筆記試験 当日

第二種電気工事士 筆記試験 当日

試験開始は13時。
12時を少し過ぎた頃には到着し、会場入りした。
ここ最近見たことないくらいの、ヒトだらけ w(*゚o゚*)w ワオ
想像していたけど・・・・会場全体がオトコだらけ。(; ̄Д ̄)
広い会場だったので、ホッとした。。。

自分の席を探すのにウロウロしていた。探すのがタイヘン (.. )
長机の両端に2人が受験するようになっていて、なんと隣は女性。
こんなにオトコだらけなのに、奇跡じゃないかな・・・(゚∇゚ 😉 大袈裟!?

試験時刻が迫ると、心拍数が上がってきた。
試験時間は2時間。
たっぷり時間はあるんだし、と自分に言い聞かせて深呼吸。

13時
試験官:「はじめてください。」
開始の合図と共に、問題用紙をめくった。

((( 問題を解く )))

14時
途中、退室する人が増え始めた。モウ オワッタノ???
私は、終わりの合図があるまで、退室するつもりはなかった。
残り10分頃には、何度も見直しをしていた。
自己採点できるように、問題用紙にも回答した番号がわかるようにしておいた。
問題用紙と、解答用紙の回答番号が違っていないか・・・もう一度確認。
結構自信のない問題が多くて、不安になっていた。( ̄ロ ̄|||)
大丈夫かなぁ~。。。

15時
試験官:「はい、解答をやめてください。鉛筆を置いて下さい。」

解答用紙を持って、試験官のところへ持っていく。
退室するときの紙をもらって、会場を出るときに引き換えて出る。
半分以上の受験者が、時間を待たずして会場を出ていた。

あ~~~~、終わった(*゚▽゚*) ホッ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

少し疲れも出ていた。寝不足で・・・

前日、祖母(父方)が亡くなった。
実は数ヶ月前から弱っていて、入院していたんだけど。。。
まさか!?

夜9時を過ぎた頃。
風呂に入って、早く寝てしまおう って思っていたら・・・訃報が。
急いで、高速を使って車で駆けつけた。
対面した時は、何ともいえない気持ちになった。
色んな想いが駆け巡る・・・(ρ゚∩゚) グスン

一方で、
もしかしたら、今回の受験は無理かもしれないな~なんて思っていた。
試験時間が、午後でよかった! 
夜中に帰宅して、数時間眠った。
ちょっとぼんやりしてたけど、時間に遅れることなく受験できた。

人生なんて、いつ何が起こるかわからない。
生きている今を、一生懸命でいようと思った。(*’-‘*)

1/11