第二種電気工事士 技能試験 ランプレセプタクル編 

ランプレセプタクル編

最初に・・・
ホームセンターでランプレセプタクルを購入する時、2種類あって迷ってしまった。
ねじが2つあるタイプと4つのタイプ。
迷った結果、4つのタイプを選ぶと言う選択をしてしまう・・・(TДT)ガーン
技能試験で使われるのは、2つのタイプ。。。
失敗してしまったけど、仕方ないのでそのまま使うことに。。。(-ε-)ブーブー

ランプレセプタクルと露出形コンセントを結線する場合、
極性がある。
なので、どっちが黒線or白線かをちゃんと確認する。

ランプレセプタクルの場合
中央に盛り上がって繋がっているところをへそ側っていって、黒線を結線する。
側面を見た場合、穴が開いているほうのこと。
反対側に必ず白線を繋ぐ。

 

輪づくりの練習

まず、内装被覆を剥いた後、心線が残る。
この心線を輪づくりしていく。
そして、ランプレセプタクルにVVF1.6-2Cを結線していく。
かずわん先生のDVDを見て、やってみたものの・・・
意外と難しい(((( ;゚д゚)))

あれっ???
何度やってもうまくいかない・・・Σ( ̄ロ ̄|||)ナンデ?

輪の部分が、ネジの位置にピタッと決まらない。
だから、ネジが締まらない。
無理矢理、指で折り曲げたりしてネジ締めようとすると、浮いたりして・・・
ネジを締めると、内装被覆をかんでしまう なんてことも。。。

何度も何度も練習。
試行錯誤して、ようやくコツがわかった v( ̄∇ ̄)v

気をつけるポイント

①台座の下からケーブルを通す際に、必ず極性を意識して通す。
例えば、右側が白線だったら、2心ケーブルの右は白かどうかを確認。
これに気がつかないまま輪づくりしてしまったら、右巻きが出来なくなる。
(たとえ修正したとしても、心線が折れやすくなる。)

②ケーブルの内装被覆を剥いた後、心線をペンチで輪づくりする。
この時に、内装被覆をネジが噛まないようにする為(重大欠陥)、
気持ち長め(約5mm)に残して直角に折り曲げる。
テキストでは約3mmって書いてあるけど、
重大欠陥を防ぐ為に私の場合は約5mmで!

③ネジ締めは、ショートドライバーがとっても使いやすい。
ベッセル(VESSEL) スーパークッションドライバー プラス2×15 No.720
ランプレセプタクル結線の目標時間は約2分。
手が覚えるまで、練習を繰り返すことφ(.. )
慣れてくると・・・
ぴったりネジ締めが出来てきて、楽しくなる (* ̄∇ ̄*)サイコー

 

1/11