第二種電気工事士 筆記試験 過去問題

第二種電気工事士







第二種電気工事士 筆記試験 過去問題

 

テキストをやり終え、過去問題を解く。

意外と出来ていないことに、恐怖を覚える ( ̄ロ ̄|||)

良くあること・・・

 

ノートに書いてきたことは、書くことで満足しきってるだけはダメ。

せっかく書いたのなら、自分のものにしなきゃね。

 

 

この赤本はテキストの姉妹本なので、

間違った時は記載されているテキストのページへ戻って 基本に戻る。

それを繰り返すことで、自然と自分のものになってくる。。。(゚∇゚ ;)エッ!?

 

それから、もうひとつ用意するもの。

じゃ~~~ん!

3M ポストイット 付箋

間違った問題に、すべて張り付けていく。

赤本が付箋だらけで、恥ずかしいくらいペラペラになるけどネ。。。( ̄▽ ̄;)

自信もって解けるようになったら、剥がしてOK!

 

それから、重要ポイント 丸暗記ノートの存在はデカイ!

コレ ↓ ((何度も出演))

この中のP2~P4までに、配線図記号がずらりと記載されている。

名称と図記号があって、名称の部分だけ隠してコピーする。

図記号だけ見て、名称がパッと言えるように訓練。φ(.. )

 

過去問題を解いていくとわかるように、図記号がたくさん出てくる。

それが何を意味するのか知らないと、問題が解けないから。。。

これを早いうちにやっておくと、スムーズに学習できる。

 

私の場合、テキストや赤本に書き込みやラインマーカーはやらない。

すべて重要なことが書いてあるし、ラインだらけになってしまいそうで・・・(*’-‘*)

気になるときは、付箋に書いて貼っておく。

覚えた時には、それが当たり前になっているから。。。

 

筆記試験まで、ガンバロウ !(*・ω・)ノ

 

タイトルとURLをコピーしました