第二種電気工事士 技能試験 複線図の書き方

第二種電気工事士 技能試験 複線図の書き方

筆記試験と技能試験のテキスト2冊、最初に買っておくべきだった。

自分で複線図を書いていくうちに実感していた。
複線図の書き方がわからなくて、苦手だった理由がわかった。

「 デコ 」
「 スコ 」
「 デス 」

これだっ!

筆記の第6章で学んだはずの基本が、おろそかになっていたから。
((これさえ覚えたら、複線図は簡単に書けるようになる。(o^∇^o)ノ ダイジョウブ ))
な~んて 言っておきながら、しっかり理解していなかった。

①接地側の電源から、電灯とコンセントにつなぐ。
デ(電灯)+コ(コンセント) 

②非接地側の電源から、スイッチとコンセントにつなぐ。
ス(スイッチ)+コ(コンセント)

③最後に電灯とスイッチをつなぐ。
デ(電灯)+ス(スイッチ)

この順番を守って、書いていくだけ!
な~んだ、複線図って思った程 難しくないんじゃないの!?
今だから言える・・・言い訳 ( -д-)ノ( -д-)ノ
この決まりさえしっかり最初に頭に入れておけば、
難しいと悩むこともなかった・・・ハズ。( -д-)

技能試験対策をすこし早めに進めていたら、
筆記試験の複線図の問題は、スラスラいけたんじゃないかなって。。。
これで、苦手意識も解消!
結果オーライかな。v( ̄∇ ̄)v

とにかく、何度もデコ・スコ・デス ((暗唱))

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

2016年度の候補問題NO.1~NO.13 (13問)
この問題の複線図を書けるように特訓開始!

 

最初は、テキストの付録についてきた公表問題 複線図の練習帳を活用する。
複線図の書き方が、漢字練習帳みたいになぞって練習できるようになっている。

おっとその前に・・・
コピーしなきゃ(。・ω・)ノ゙
何度も練習しないといけないからね。

「デコ・スコ・デス」と呪文を唱えながら・・・複線図を書いていく。

①電源の白から、デコ(電灯とコンセント)に繋げる。

②電源の黒から、スコ(スイッチとコンセント)に繋げる。

③デス(電灯とスイッチ)を繋げる。

あっという間に、完成!

繰り返し練習。。。φ(.. ) デコ・スコ・デス・・・