第二種電気工事士 技能試験 予想問題

技能試験




第二種電気工事士 技能試験 予想問題

 

予想問題サイトがあることを知った。

「 2016年 第二種電気工事士 予想 」

と検索したら、下期試験の予想出題「○番、○番、○番」と出てくる。

 

検定試験や国家試験の予想屋さんらしき有名サイトを発見!(・◇・)ゞイヨッ!

どういう基準で予想しているのかな・・・

 

過去問から、直近で出題された問題以外のものだったり、

前期試験は○番が出題されたから、下期試験では出題ナシだろう、とか。。。

 

2016年上期試験では、1番と8番が出題。

上期試験では、これまでの出題傾向に変化があったよう。

西日本の地域1番が出題され、東日本の地域8番が出題されたみたい。

 

上期試験で出題された問題は、下期試験では出ないだろうという予想は、
ワタシも同感。

ちなみに、テキストはあくまで2016年のテキストなので

上期も下期も公表問題No.1~No.13の中から出題されることになっている。

 

但し・・・No.8の問題はちょっと注意しておこう。

No.8の問題は、テキストにもあるように2種類の施工方法が載っている。

ジョイントボックスとリモコンリレーの結線において、

・No.8-1:ケーブル3本の施工で出題された場合(上期試験にて出題)
・No.8-2:ケーブル2本の施工で出題された場合

 

同じ問題のNo.8でも、2種類の施工方法が公表問題の中にある。

No.8-2は予想圏内に見ておく必要があるかな。

 

また、筆記試験の合格率の推移から

下期の筆記試験の合格率が例年より低かった為、微調整するんじゃないかな と予想しており・・・

なるほどネ。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

ということは、今年の技能試験はそんなに難しい問題は出題しないのでは !?

【 上期試験(筆記) 合格率 】

●2014年  62.2%
●2015年  62.5%
●2016年  65.2%

 

【 下期試験(筆記) 合格率 】

●2014年  49.5%
●2015年  51.6%
2016年    46.4%

 

そんな感じで、試験まで残り少ない貴重な時間なんだけど・・・

練習より予想に力が入る ( ̄ロ ̄|||)ヤッチマッタナ-

 

てなわけで、ネットの予想屋さんたちの予想問題は、

「3番・7番・8-2番・9番」

試験日が近づいてくると、

やるだけやった(* ̄∇ ̄*)エヘヘ!とは全くならなくて・・・

本当にこんな練習でよかったの??? と不安だらけになっていた・・・(((( ;´Д`)))

そんな貧弱な精神状態なので、

当然、予想屋さんたちの予想問題に 気持ちがどんどん偏ってしまい・・・(‘д` ;)ヤマカケタ

頭の中は、

3番・7番・9番」だった。。。