浴室側・混合水栓の給水配管をやり直す

水道配管







バクマ工業のポリ管、ハードロックシステム(ワンタッチ接続)を使う

 

浴室へと続く給水配管は、失敗となってしまい・・・もう一度、考え直してみた。( -_・)?

水漏れが発生した部分は、ユニオン繋ぎ目部分。

水道を開栓するまでは自信がなかった、というのが正直なところ・・・(*´д`)ジツハネ…

 

でも、逆に確実なことが分かった。

①ヘッダー部分からの水漏れは無し
②「架橋ポリ管+ワンタッチ継手」の接続をした部分からの水漏れは無し

 バクマ工業のハードロックシステム

 

適切な施工(パイプを真っ直ぐにカットする)さえ守っていれば、

このハードロックシステムは水漏れしないってことがわかった。(・∀・)

 

素人DIYには、簡単な施工がイチバンなんだ!

失敗した水道配管を改め、別の施工方法を考える

 

ユニオンからの水漏れで、一気に気持ちが切り替わった。

確実に、水漏れしない方法でやり直そう!

いままで考えたのは、ステンレス鋼管を使うやり方。

 

失敗 1

水道配管、配管してみる その2
前回のおさらい ⇒ 水道配管、試しに配管してみる その1 失敗!水道配管、試しに配管してみたけど・・・ これで目途が立ったと思っていたけど、 やっぱり・・・ダメだった。 (_ _|||)ダメカ・・・...

 

失敗 2

ユニオンで締まる水道配管、失敗を乗り越え今度こそモルタル壁に配管設置する
ステンレスパイプにシールテープを巻くコツ ステンレスパイプにシールテープを巻いていく。 ネジを締める部分がたくさんあるので、最初に巻いて準備しておく。 シールテープの巻き方は、ちょっと慣れるまで手こずった。( -д-)...

 

どちらも結果的に、取り付けが出来ない、水漏れが発生する、など致命的欠陥に陥ってしまった。

 

やっぱり、確実なのはワンタッチ接続による継手を使うこと。

もう、これしかない!

 

実は、一番初めに考えていた施工方法がある。

床上ソケット45°

固定するためのビス穴が3つある。

床に使う継手だから、普通は木材にビス止めして固定するもの。

 

 

これをこのモルタル壁に使った場合。

どうしても、ステンレスパイプの長さが少し長くて、壁との間に隙間があいてしまう。

それに、この3つの穴で確実に壁に固定出来るか・・・不安だった。

だから、その先を考えずにこのアイデアは無くなってしまった。

最初にこれを考えていた時、なぜ突その先を突き進めなかったんだろう?

ステンレス鋼管はもう不要!施工をやり直す

 

どうしても開いてしまう15㎜程度の隙間を埋めるために、板を取付けてみることにした。

板は、厚みが15㎜のものって言ったら・・・

硬くて、防水処理された、西南桜フローリング材がぴったり合う!(*´罒`*)ナイスゥ-

これはフローリング貼りで余った端材から、ちょうどいい長さにカットして使う。

 

板を壁にビス留めする。

もう、壁にプラグを入れる作業は慣れていたので、手際が良くなっていた。

 

全部で5ヶ所

 

板に、直径30㎜を2か所開ける。

これは、ステンレスパイプが通る穴になる。

 

 

穴に合わせてビス留めしたら、ビシッと固定出来た!

5ヶ所もビスで固定すればビクともしない。

混合水栓は2つあるので、同じものを2個作成する。

 

それから、継手の床上ソケット45°を板に取付けると・・・

 

ジャン!

フローリング材の木部に、ビス留めしている。

継手はしっかりと固定することが出来た!!!(´^o^`)フウッ

 

これで成功なんじゃない???

継手にポリ管を挿入しているので、水漏れは無いはず。

 

通水テストが完了しないと、何とも言えないけど・・・

これまでの過程から、成功への自信度が確実に上がっていた。

だってワンタッチ接続にしたんだから、水漏れしないハズでしょ・・・(*^_^*) ダイジョウブ

失敗の代償、何度もトライした水道部品はもう使わない

 

水道配管の部品はステンレス製を使っていたし、数量が4ヶ所分必要だった。

ステンレス鋼管、継手、T足、ユニオン、が無駄になってしまった上に・・・

新たに別途購入した継手など、費用が嵩(かさ)んでしまった。

水道DIYは、本当に金食い虫だ。。。

 

虫は嫌い。。。(๑*д*๑)ホントイヤ

 アマゾンで買い物するならギフト券のチャージがお買い得!!

 チャージするたびに最大2.5%のポイントバック!プライム会員はお得。

 オススメ① 支払いは現金派の方
 オススメ② 予算管理をしたい方
 オススメ③ デジタルコンテンツの利用が多い方に

 

水道配管












wata-siroをフォローする
DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
タイトルとURLをコピーしました