水道配管、配管してみる その2

水道配管

前回のおさらい

⇒ 水道配管、試しに配管してみる その1

水道配管、試しに配管してみる その1
水道配管を試しに配管して(=組み立てて)みる 最初に、 風呂の貫通穴から通す配管部品を試しに組み合わせてみる。 試し配管 ユニット取り出し金具とステンレスパイプを接続する。 これを、壁の穴に通す...

 




失敗!水道配管、試しに配管してみたけど・・・

 

これで目途が立ったと思っていたけど、

やっぱり・・・ダメだった。 (_ _|||)ダメカ・・・

 

(仮締め状態)

 

何がダメかというと。

締めた位置が、任意の位置にならないといけない。

上のエルボを締めた後、縦のパイプを締めてみたら、下のエルボが右方向に向かなくて困った。

うまく説明できないけど・・・ (´・ω・`)

角度を調整できないという点。

 

もう一つ、

これだとパイプをしっかり締めることが出来ない

 

 

水道配管用の道具は、このモンキーレンチ&パイプレンチをWダブルで使う。

 

 

パイプは丸いので、引っ掛かる部分がないと滑(すべ)ってクルクル回転する。

 

そういえば、洗面台を解体するときにふと思ったことがある。

配管部品が幾重に繋(つな)がっていて、なんでこんなに部品が要るの?

 

あの時疑問に感じたことが、急に蘇(よみがえ)ってきた。

よくわからないままだったけど・・・

そういうことか!? と、閃(ひらめ)いた。

 

ネジを締めるためには、別の継手が必要なんだ!(ゝ∀・)

 

水道配管は継手が命

 

課題を持ち帰り、モノタロウのカタログを開く。

 

 

何時間か悩んで、決めたのがユニオンという部品。

 

モノタロウでカタログ見ておきながら、 『 配管部品.com 』 で購入。

この店のほうが、配管部品は安いから。

 

ユニオンは、配管途中の外ネジ同士を接続する。

 

今あるエルボと繋げるためには、ニップルという部品も必要になる。

 

ユニオンは、想像していたより大きかった。Σ(‘◇’*)デカイ!?

 

ユニオンは分解できて、左右それぞれメネジになっている。

中に、青くて硬いパッキン(ノンアスベスト)が1枚。

熱に強いため、給湯として使う場合はこの青いパッキンを使う。

 

 

(※青いパッキンは、購入した時に付属しています。)

シュミレーションでユニオンとニップルを追加して配管を接続してみる

 

配管接続シュミレーション

今度こそ、現場で失敗しないようにシュミレーションしておく。

これが、最初の単純な配管接続 ↓

 

 

そして、新たに考えた配管接続 ↓

 

 

これだと、ネジをしっかり締める事が出来ると思った。

 

それに、継手が出来たことで角度の調整が可能になった。

 

よしっ、これでいけるハズ!(*゚∀゚)っ

 

はやく現場で取付けたい-!(家なんだけど・・・)

コメント