バス用ビス止めプラグで、浴槽の穴を閉鎖してみる

水道配管







昔懐かしの昭和の浴槽が、まだここにある

 

これが、以前のこの家の浴槽

 

 

この家の風呂は、はっきり言って昭和時代の面影そのもの。

子供の頃に遊びに来ていたばあちゃんちの風呂は、深くて、冷たくて、寒かった。

あの頃のまま、ここに存在している。

 

この浴槽に入ることになるんだなぁ・・・私。(; ̄Д ̄)

 

普段ユニットバスに慣れているせいか、複雑な気分。

床はタイルだし、窓は大きいし、ヒートショック起こしそう・・・

 

風呂場だけ、どうしてもリフォームの壁が高い。

自分でユニットバスにDIY! なんて出来ないし。

だったら、業者に頼んでユニットバスにしたいけど、高額費用がかかるから・・・(´д`;)ムリ

 

ステンレス製の浴槽は錆びることはないし、磨けばピカピカになるかもしれない。

当分、おしゃれなお風呂タイムは無理かな。。。( ̄▽ ̄;)シカタナイ・・・

 

 

役目を終えた穴が2つ、風呂の追い焚き用の穴をビス止めプラグで塞ぐ


以前、風呂のお湯は 石油給湯+ガス追い焚き でやっていた。

これからは、追い焚き無しの給湯器を使う。

一人暮らしが選ぶ、給湯器の種類とサイズ
1人暮らし用に充分間に合う、給湯器の種類とサイズを検討してみる 水道配管の経路をイメージ設計してみる。 まずは、最初に給湯器を選ぶ。 給湯器を選ぶのって、よく考えないと後悔するかもしれない。 家族で住んで...

 

風呂場の裏には、据え置き型の給湯器(追い焚き用)が設置されていた。

 

 屋外側(以前の様子)

 

追い焚き用の給湯器は取り外して処分した。

金属類のゴミを処分する、ついでに・・・テラス修復。
金属類のゴミを処分する 勝手口のテラスの中は、 昔使っていた石油給湯器や灯油タンク、追い焚き給湯器でその場所を占めていた。 新しく使う給湯器はガスに決めたので、これらは全部必要ない。 つまり、ゴミになった。(*'-'*) ...

 

今はこんな状態に ↓

 

 

この筒(つつ)は基礎部分のコンクリートにしっかり固定されているので、
取り外すことは難しそう。

風呂側から見ると、筒に繋(つな)がっている、追い焚き用の穴が2つある。

このままだと、浴槽に入れたお湯が全部外へ流れて行ってしまう。

なので、この穴を2つ共、閉鎖する。

そこで使うのがこれ ↓

  

 

 

取付け方は、難しくはなかった。

プラスドライバーでビスを緩(ゆる)めたら、金具を穴の向こう側に×(バツ)になるように入れる。
後は、ドライバーでネジを締めていくと、ピタッとパッキンがステンレスにくっついて締まる。

 

本当にこれだけでちゃんと防水出来るのか、心配性の私はちょっと疑ってしまう。

ゴムパッキンが厚くて幅広になっているから、きっと大丈夫なんだろう。。。(だといいな。)

 

 

青いビニールカバーは、まだ剥(は)がさないでおこう。(* ̄∇ ̄*)

 

 

これで、完了!

ゴムパッキンなので、劣化してきたらまた交換しよう。

水漏れしませんよーに。。。(☆゚∀゚)オネガイ

 アマゾンで買い物するならギフト券のチャージがお買い得!!

 チャージするたびに最大2.5%のポイントバック!プライム会員はお得。

 オススメ① 支払いは現金派の方
 オススメ② 予算管理をしたい方
 オススメ③ デジタルコンテンツの利用が多い方に

 

水道配管












wata-siroをフォローする
DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
タイトルとURLをコピーしました