和室B・Cでかかった費用

今回、和室B・C(12畳分)に使った木材(根太と合板)は、
ネットでみつけた近くの材木店で調達することにした。

(((配達当日))) 
同世代くらいの、とても体格の良いお兄さんで・・・材木店の店主らしい。
ひとりであっという間に、木材を全部家の中まで運んでくれた。 (*゚∀゚)スゴイ

ちょうど押入れの床下が空いていて、防湿シートを敷き、調湿材(床下さらり)を撒いている状態だった。
家の中をぐるりと見渡して、床下を覗くと・・・

店主 「これって、どこの業者がやったんですか?」
私   「いえ、自分でやったんですよ。。。」
店主 「それならいいんですけど、悪徳業者がいますからね・・・ 気をつけてください。」
    「シロアリ大丈夫そうですね。ほらココ!駆除剤が塗られているみたいですよ。」
    「床開けたら、意外とシロアリにやられている現場、見てますから・・・よかったですね~。」

そう言われると、安心した。(*’-‘*)

そこまでは、良かったんだけど・・・
何も聞いていないのに、店主の話が止まらなくて・・・ (・ε・)ペラペラ
最初は、「なるほど~」って 聞いていた私。
仕舞いには外に出て、家の外壁やら屋根のことをあれやこれやと言っていた。
近所に聞こえる大きな声で喋るので、とにかく何を言っていたか良く覚えていない・・・(; ̄Д ̄)
そして、ようやくお帰りに。。。(。・ω・)ノ゙(。・ω・)ノ゙ ドウモ~

こんな素人の私にも、木材を使ってみて気がつくことがある。
この木いいな~(香りがいい、木目が綺麗、触り心地が良い、反りがない)。
これは、失敗だった(ボロボロしてる、強度がない、変形している)・・・とか。

木が家を支えてくれているんだって思うと、やっぱり良い木に出会いたい。。。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

【 和 室 B ・C (12畳分)でかかった費用 】

材料 サイズ(mm) @単価 数量 金額(円)
●杉材3m 30×45×3,000 250 25本 6250
●杉材4m 30×45×4,000 300 30本 9000
●針葉樹合板 910×1,820×12 1050 12枚 12600
●断熱材スタイロフォームIB 910×1,820×30 1296 6枚 7776
●隙間用木材 100×60×12 40 4本 160
●コーススレッド 4.2×75 358 2箱 716
●BOSCH ドリルビット 3.4 513 1本 513
●調湿材(床下さらり) 1坪分10kg 1200 12袋 14400
○配達料金 0
小   計 51,415
8% 4,113
合   計 55,528

合計 55,528円(税込)

※仕上げ床(フローリングなど)は、含まず。

1/11