DIYでTV設備を新設する!古い一軒家のTV設備は時代遅れ!?

LAN・TV配線

古いTVアンテナケーブルは電波の受信感度が悪くなる!?

 

2011年7月に地上デジタルテレビ放送(地デジ)が完全移行された。

それまでのアナログ放送が終了し、地上テレビジョン放送はデジタル放送に移行した。

それに伴って、地上デジタルチューナーを設置するか、もしくは地デジを受信するためのアンテナを変更しなければならなくなった。

 

アンテナのチェック

× VHFアンテナ(アナログ放送)  地上デジタルチューナーを設置すれば視聴可
〇 UHFアンテナ(デジタル放送)  魚の骨のような形

 

 

屋根の上のアンテナを見てみる。

地上デジタル放送用のUHFアンテナだ。。。

 

あんな細いアンテナが立っているのを見ると、台風が来るたびに心配になる。

いつか倒れて、飛んでいってしまわないかなぁ・・・

 

DIYでも出来る!家の中のネット環境を一から整備する方法
【LAN新設】素人でも意外と簡単に出来たLAN配線とLANコンセント インターネットは必需なので、LAN配線を新設する。 LAN配線が床上にあると、つまづいたり、引っ掛かったり・・・よく線が切れる。 ...

 

この記事のポイント
 古いままのテレビ電波受信設備では感度が悪いので、現代に合った設備に備えておく!

 







昭和の家のTV設備はもう古い!?

 

 

家のリフォームをしてると、どこもかしこも古くて時代遅れなのを感じる。

例えば、電気のスイッチやコンセント部分は松下電器の表記。(今はPanasonicに)

 

テレビはさすがに買い替えているけど、ブラウン管時代から使っているアンテナケーブルが繋がれている。

家を建てた当時から変わらず、同じアンテナケーブルが使われている。。。(*^・ェ・)

 

アンテナケーブルは壁の中に納められているので、交換するのは現実的には難しいなぁ。

1-1. 古いTVアンテナケーブル 5C-2V

 

テレビのアンテナケーブルをよく見ると、5C-2VEと表記されている。

 

この数字を見ただけでは、なんのことだか・・・( ̄∇ ̄) ワカラナイ

 

とても参考になったのがこちらのサイト

『 ボクにもわかる地上デジタル -同軸ケーブル- 』

 

ボクにもわかる地上デジタル - 地デジ設計編 - 同軸ケーブル(アンテナケーブル)
テレビ用の特性インピーダンス75Ωの同軸ケ&#12540...

 

 

古い一戸建ての住宅では、UHFアンテナに対応していないケーブルが使われているらしい。

そのケーブルのひとつが、5C-2Vって・・・

まさに、この家で使われている。

 

 5C-2Vは高い周波数での損失が多く、地デジ周波数の伝送も困難となるほど減衰が多い。

 

施工当時の電波状況から数十年が経年した今、周波数の変化などで電波の受信が安定していないってことか。( ..)φメモ

 

対処法として、ブースターを設置するって書いてある。。。

 電波の受信が弱い時の対処法   ブースターを設置すれば安定する

 

(・∀・)アレ???

これは一体・・・何?

この謎の箱 の正体は・・・ブースターなの!?

1-2. ブースターの正体とは

 

家の中で、テレビは3ヶ所設置されていた。

 

ある時、台所に置いてあったこの謎の箱のスイッチを切ったことを忘れて、他の部屋のテレビを付けたらジージー画面になった。Σ( ̄ロ ̄|||) ミレナイ

他の部屋のテレビが映らなくなったので、パニックに。

 

このブースターもかなり古い感じだし。。。

壊れたのかな???

 

よく分かっていないまま、ケーブルを刺したり抜いたり・・・

 

でも、ブースターの知識が全く無い私の勘違いだった!

 

ブースター(分離型)

 ブースターは屋根上のアンテナと直接繋がれていて、弱い電波を増幅するための増幅器の役割がある。
 台所にあった機器はブースターの電源部といって、増幅器とセットで使用する(分離型)

 

 ブースターを動作させるためには、一般的にはコンセントから電源を供給する。

 

ここで、詳しく 

受信ブースターとは

アンテナで受信した電波を増幅する機器である。

受信ブースターは電波が弱い場合アンテナと受信機が離れている場合1本のアンテナから複数の受信機へ信号を分配する場合などにアンテナと受信機との間に挿入して信号を正常に受信するために使用される。

ブースターはあくまでもアンテナの補助装置であり、根本的に受信状況を改善する場合には、アンテナ自体の高感度化が必要となる。   -Wikipediaより抜粋-

 

分離型のブースターは、増幅器電源部のセットで使用する

 

電源

受信ブースターを動作させるための電力を供給する必要があり、増幅器部分と電源供給部分が分離するもの一体のものがある。

一般的に地上波放送用では、コンセントから増幅器に電源を供給する。

増幅部・電源部分離型では屋内に設置した電源部にコンセントからの電源を接続し、電源部からアンテナ線を通してアンテナ直下のブースターに電力を供給している。    -Wikipediaより抜粋-

 

 

 

『 電波塔から自宅のテレビに電波が届くまでの図解説 』

 

電波の流れ

  1. 電波塔からアンテナに電波が届く。
  2. アンテナからブースター(増幅器)
  3. 屋根裏など見えない場所にある分配器
  4. 分配器は、各部屋のTV端子ブースター(電源部)とに繋がっている。
  5. ブースター(電源部)電源が入ったらブースターが稼働し、TVに電波が届く。

 

 だから、コンセントを外したりスイッチを切断してしまったら、繋がっているすべてのテレビが見られなくなったのだ。(*_ _)…

 

ブースターの電源部のコンセントを入れて、スイッチをONにすると、再びテレビが映るようになった。(*’▽’)/

 

 追 記  
 その後、この家のブースターの増幅器を見る機会が訪れる。
それは、屋根上のアンテナが倒れてしまったから。恐れていた心配の種現実になってしまった!!

TVアンテナケーブルを新設する

 

 

将来のことも考えて、この古い5C-2VEアンテナケーブルとは別に、新しいアンテナケーブルを新設しておく。

私が屋根上や屋根裏に昇って、壁の中のケーブルを交換するというのは、難易度が高いと思う。(。-_-。)ムリデショ

 

そこで、別の方法を考えてみる。

アンテナケーブルは、壁の中にだけ配線すると決まってはいない。

 

 各部屋の床を開口している時に、LANケーブルと同時にアンテナケーブルも床下配線しておいた。

 

和室B(床の間)は、最初からアンテナケーブルの配線がなかった。

なので、この部屋でもテレビが視聴できる環境にしておく。

 

   

 

配線関係の中継場所台所に決めていたので、それぞれの部屋から台所へと配線している。

2-1. 準備するもの

 

TVアンテナケーブルには種類がある。

古い5C-2Vアンテナケーブルは、地上デジタルのみ視聴することが出来る。

新設するケーブルや部品は、BS/CSにも対応できるものを選んでおく。

 頭に『S』があるものが BS/CS対応になっている。

 

 同軸ケーブル S-5C-FB 30m 両端未加工 ホワイト

 F型アンテナ接栓

 F形中継接栓

 分配器

 

2-2. TVアンテナケーブルと分配器の接続方法


 

分配器の接続

TVアンテナケーブルは屋根上のアンテナからブースター(増幅部)を通って、分配器へと接続する。

これをメインケーブルとする。

① 分配器のINと書いてある入力端子には、メインケーブル(主幹)をつなぐ。

OUTと書いてある1~6までの出力端子には、ブースター電源部・各部屋のTV端子をつなげる。

 

 

こんなにたくさん端子が必要か疑問だけど・・・ (;¬д¬)

4分配器あれば充分だったかも。。。

 

最初はメインケーブル(主幹)がどれか、またその存在自体を知らなかった。

でも、理解していくうちに、ブースター(電源部)とつながっている台所のTVアンテナケーブルに何か意味のある気がしてきて・・・これが、メインケーブルだとわかった。(・∀・)

 

念のため、他の部屋にブースター(電源部)を持っていって繋げてみたけど・・・

メインケーブルではないのにブースター(電源部)と接続しても、当然TVは映らなかった。。。

φ(.. ) 何事もやってみよう!

 

 将来、今あるUHFアンテナを撤去することになって新しくアンテナ設置した場合は、新設したメインケーブル(主幹)分配器INにつなぎ替えればよい。

 

TVアンテナのしくみがわかれば、自宅の配線がどうなっているのか理解できるようになる。

 メインケーブル(主幹)と分配器、そしてブースター(電源部)を順番に接続して電源を入れる。

 

同軸ケーブルの加工

F型アンテナ接栓をケーブルに取り付ける方法。

以下のサイト を見れば詳しく書いてあるので参考にさせてもらった。

 

DIY テレビアンテナ線の配線

 

取り付けには少し慣れも要るので、こんな便利工具がある。

F型接栓を同軸ケーブルに取り付ける便利工具

 

各部屋の壁にテレビ端子を差し込むコンセントを取付ける。

 

※ホームセンターでは、1個売り 70円(税抜)もあり。

 

TVコンセントの取付け、完成!

 

 

 新しいアンテナケーブルはBS/CS対応になって、床下配線ができた。

 古いTV設備を新調できたので、安定した電波を受信出来れば良い。

2-3. 配線ケーブルをすっきりまとめたい!

 

台所は中継場所になっているので、配線が多すぎてゴチャゴチャにならないように・・・

3連用のコンセント枠を使って、こんなものを作ってみた。(。・ω・)ノ゙

ホームセンターで黒と白の通線チップを見つけたので、色違いで取付けた。

 

 

配線を通す場所を決めておく。

 ①(和室A)・②(和室B)・③(和室C)・④(台所)の各部屋へ

黒色  TVアンテナケーブル
白色  LANケーブル

 

ケーブルをそれぞれの場所に通す。

 

 

 それぞれのケーブルがどこへ繋がっているか、自分で分かりやすくしておく。

2-4. 屋根上のアンテナの転倒が怖い

 

新しい家の屋根を見ると、アンテナが立っていない。ヾ( ̄0 ̄;ノあれっ???

今は、屋根の上にアンテナを取付けないの?

 

古い一戸建ての屋根上をみると、見事に同じ方向に魚が泳いでいる。

UHFアンテナ(魚の骨みたいなアンテナ!?)がそびえ立っている。

 

アンテナがなくてもテレビ見れているのかなぁ~って疑問に思ったことがある。

 

そう、今は室内アンテナケーブルテレビとか・・・

屋根上じゃなくても屋根裏外壁にアンテナを設置しているみたい。

 

NTTフレッツ光に入れば、ひかりテレビというのがある。

屋根上のアンテナは不要。

 

台風の時、屋根の上のアンテナが飛んでいかないかいつも心配になる。

だって、何かあった時は自分でなんとかしなきゃいけないから。

屋根上に昇るなんて、出来ないし。。。

ホント、悩みの種。( -д-)

 

今のところはUHFアンテナで問題はないのだけど、もう少しアンテナについて調べてみよう。

 

次回の記事 
 なんと台風前にアンテナが転倒!屋根上のUHFアンテナは限界か!?

まとめ

 TV設備は意外と古いまま使われているので、時代に合ったTV設備にすれば電波の受信が安定する。
 電波塔から自宅のテレビに電波が届くまでの流れを理解すれば、DIYでTV配線は可能!
 TVだけでなくインターネットで視聴する選択肢が増えた今、アンテナの設置も多様化している。

 

おすすめ>>>

  「DIYでTVアンテナ配線」にチャレンジしようと思っているあなたに『おすすめアイテム』です。

 

 

・同軸ケーブル S-5C-FB

 

・F型アンテナ接栓

 

・F型接栓を同軸ケーブルに取り付ける便利工具

 

・F形中継接栓

 

・分配器

 

※ホームセンターでは、1個売り 70円(税抜)もあり。

 

 

 アマゾンで買い物するならギフト券のチャージがお買い得!!

 チャージするたびに最大2.5%のポイントバック!プライム会員はお得。

 オススメ① 支払いは現金派の方
 オススメ② 予算管理をしたい方
 オススメ③ デジタルコンテンツの利用が多い方に

 

LAN・TV配線












wata-siroをフォローする
DIY&リフォーム 〜わたしの城ができるまで〜
タイトルとURLをコピーしました