台所の床下を開口 する

台所の床は、フローリング材の上に、ビニール製クッションフロア材が敷いてある。
全部剥がして、床下を開口する。
この作業は、1日がかりの労働。 (*・.・)ノ キアイ注入~

解体のときは、決まってマスクは二重帽子メガネも装着する。
特に、マスクは鼻が隠れるようにしないと、鼻の中は真っ黒になってしまう。
息をするのも大変で、死に物狂い・・・(o-_-)

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

最初は、根太を切らないように電動ドリルで床に穴を開けていく。
これは、丸ノコの刃を入れるための穴。
根太と根太の間に、穴を開ける。
そこから、丸ノコで大引きのあたりまでカットしてみた。

 

床下は、他の部屋の時と同じくで・・・
表面は、やや湿った感じがある。
とにかく床を開口していこう!

丸ノコですいすい カットしていくつもりだったんだけど・・・
うまいこといかないな~ヾ(- -;)

台所はビニールのクッションフロア材が全体に貼り付けてある。
これがクセモノ・・・

丸ノコは、正しく使わないと大変 危険な道具 にもなるので・・・
手間がかかってしまうけど、まずこのシートを剥がしていく。

ボンドで貼り付けているので、なかなか剥がれない。。。( ̄o ̄)フゥ-
ダイソーの100円均一でみつけたヘラがあったので、
そのヘラでこすって剥がすことに。
なかなか役に立って良かった。Good!

フローリングは、経年劣化で剥がれ易くなっている。
フローリング材を丸ノコでカットして、バリバリ剥がしていく。
丸ノコは使い慣れてきてはいるけど、今でもまだ怖いって思う。
だから、丸ノコを使う時はいつも気をつけている。

リョービ(RYOBI) 丸ノコ MW-46A 610509A

≪ 丸ノコの注意事項 ≫
・丸ノコを使わない時は、必ずコンセントから抜いておく。
・刃の切れが悪くなってきたら、新しい刃に交換。(なるべくこまめに交換)
キックバック防止の為に
・必ず平らな場所で、真っ直ぐにゆっくり切ること。
・切り始めの時は、刃を木材に当てない。
・カットする木材を固定する。

この間、TV特番で 救急24時 みたいなのがあって、
日曜大工で丸ノコ使っていた人が指を切断・・・
救急搬送するとこをちょうど見てしまって、 ゾゾッとした。(; ̄□ ̄;)コワイ・・・
他人事じゃないもんなぁぁぁ~(*¨) ….

電動工具の中でも、丸ノコは本当に危険だし、疲れている時は使わない。
油断しないで、安全に使おうと心に誓うのでした。。。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚.。

10畳分の大量のフローリングのゴミ。
全部ロープで縛って、ゴミ袋に入れる・・・
あっという間に、日も暮れていた。。。( -д-)ツカレタヨ~

 

1/11