フローリング貼りは、最終列さえクリアすれば完成する!

前回のフローリング貼りは、ココまで。

奥の面倒な部分を残していた。(*゚ー゚*)ムムッ
これから、フローリング貼りの神髄(しんずい)というか、気を遣う部分へ突入!

最終列をカットする

どうしても、最終列に半端なサイズの隙間が出来てしまう。
この隙間に入れるフローリング材を用意しなければいけない。

正確な巾ってどうやって測ればいいの・・・かな?(・◇・。)?オシエテホシイ
定規で測るっていう手もあるけど、
それじゃ変な隙間が出来てしまうと思うんだよねぇー。。。

ということで、ネットで検索してみた。φ(.. )ピコピコ

私が参考にさせてもらったサイトは、こちら ↓

RESTA DIY Shop フローリングの貼り方 根太張り施工編
< Step 4  最終の列の幅をカットしよう! >のところ

最初読んだとき、理解出来なかった・・・
どういうこと(。・д・。)ハイッ?

実践してみて、なるほどー!と思ったくらい・・・理解力(; ̄Д ̄)ナイネ。。。

なので、簡単に説明すると
最終列になるフローリングを、手前の2列目の位置にはめ込む。
②サネを切り落とした定規用のフローリング材を壁側に水平に押し付ける。
最終列のフローリングにカットラインを引く。

そして、ラインに沿って丸ノコでカットする。
丸ノコは相変わらず怖いけど、前よりは上達したかなぁー。

こんなロングランカットは初めてだったので、
うまくカットできるか不安だった・・・

ゆっくりやれば、うまくデキタ!(o^▽^)oヤッタネ

サネをはめ込む

カットしたフローリング材を隙間の部分にはめてみる。
ピッタリ!!!
収まった。

よく見ると、最終列とその手前のフローリング材の間・・・
サネのはめ込みが万全ではない状態だから、隙間が出来ている。

当て木やハンマーを使うことはできないし、強引に手ではめ込むなんてことも無理・・・
どうやってはめ込もうか (・Д・`)ドウスル?

そんな時は・・・

バクマ工業 061510102 平バール 300mm

バクマ工業 平バール

 

こうやって、敷居との隙間にバールを入れてグイッと引き寄せれば、
最後のフローリング材も綺麗にはめ込むことに成功!ヽ(*^□^*)/バールサイコー

結局、この状態でビス止めするのだけど
敷居との間には、数ミリ程度の隙間が出来てしまう。

その隙間は、どうにか隠すしかない。

何ヶ所かフローリング用ビスを打ち込んで固定する。
頭が小さいので、思ったほど目立たない。

 

最初はうまく出来るか心配だった、フローリング貼りの最終列。
まぁ、素人なりにうまく貼れたと思う。
家は微妙によがんでいたりするので、その場所で正確に合わせていくことが大事。

ここまでは順調!
すごく、気持ちのいい廊下に変身した感じ。ヽ(*´∇`)ノ

こっち側はね。。。
続きは、トイレ側の廊下へ Go !!

1/11