トイレ前の廊下を丈夫にしたい

ここの廊下は、玄関入ってすぐのところにあるせいか・・・
夏は涼しく、冬はとても寒い(TДT)

断熱材はもちろん入っていなかった。
この場所の根太は42角(420mm)だったので、断熱材も40mm厚のものを準備。

これまでは青のスタイロフォームIB だったけど、
今回はこちら↓
【カネライトフォーム40ミリ 約910×約1820】スタンダードタイプ・スタイロ・ミラ同等品
カネライトフォーム E-1 40mm厚
400×9100×1820
1600円(税抜)

何故かって??? お値段の関係デス・・・ (* ̄∇ ̄*)
青のスタイロ or  白(厳密には薄いピンク)のカネライト

【 スタイロフォームの特徴 】
1. 熱を伝えにくい
2. 水を吸収しない耐水性能
3. 軽くて丈夫
4. 加工が簡単
5. 優れた断熱性能
6. 種類が豊富
7. リサイクル可能
8. 環境対応
9. 高い品質性能

【 カネライトフォームの特徴 】

1. 優れた断熱性能
2. 吸水・吸湿性がほとんどない
断熱性能の劣化を防ぐ
3. ヒトと地球に優しい

実質、どっちがいいとか・・・・ ワカリマセン(´・ω・`)
どっちも良い!((・∀・))

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

作業開始!
廊下は約2.25畳の広さしかないし、作業はもう随分 手馴れてしまった。
床下は、いつものように・・・
綺麗に掃除した後、『 防湿シート+調湿材(床下さらり) 』を撒いておく。

廊下の先はトイレなので、歩行頻度も高いから・・・床を頑丈にしておこう ( ´_ゝ`)ノ
根太を、多めに追加しておいた。。。念入りに v( ̄∇ ̄)v

合板3枚を↓のような向きに並べると、縦向きはピッタリサイズが合う。
横の長さが少し長かったので、それぞれ1枚づつ合板を丸ノコでカットした。

 

あとは、200mmピッチで墨だしして、ビス止め作業。
ビス止め完成すると、床がホントにしっかりして頑丈に生まれ変わる。。。(・◇・)ゞヤッタ!

廊下の作業も、とりあえずココまで。
この上は、どんな床にするか考えなきゃ(*゚∀゚)っ