快適な家づくりを勉強しよう!

木造住宅のつくりについて知りたくなった。
少しは勉強しなきゃと思って、図書館へ行ってみた。
あるある、木造住宅の専門書やリフォームの本。(・∀・)コレコレ
特に、リノベーションと流行(はや)りの題名の本は比較的新しい。
持って行ったエコバックの紐(ひも)が切れてしまいそうなくらい借りて帰った。
結果、ほとんどインテリアの娯楽(ごらく)本だけど・・・ヾ( ̄0 ̄;ノ ツイ。

木造住宅の劣化を防ぐ

木造住宅の劣化を防ぐには、水分湿気のことを考えること。
例えば屋根からの水は完全に遮断し、湿気は排出することが必要になってくる。
一番怖いのは、水分が大好きな白蟻(シロアリ)が木を食い荒らすこと。
木材が水分で腐食することは、大変危険。

図書館に行って探してきたのは、
在来工法の家づくりの本。

後悔しない「快適な家づくり」の知恵袋 [ 省エネ建材・住宅普及協議会 ]
後悔しない「快適な家づくり」の知恵袋
[ 省エネ建材・住宅普及協議会 ]

この本、結構利用者が多いみたい。
最後のページに借りた日のゴム印が押してあるけど、もう一杯になっている。
実際に読んでみて、為になることがたくさん書いてあった。

床下の対策

今のところ、床下は完全に断熱施工したところ。
床下の地盤からは毎日水蒸気が発生しているらしい。
(1階が15坪の建物なら、1日約18Lくらいの水蒸気が発生。)

防湿シートを敷いて、調湿材を撒いても、完璧にこれだけの水蒸気を防ぐことは不可能なので、
床下通気口から換気ができるように、周辺に物を置かないなどの措置をしている。
基礎部分の近くで植物や野菜を育てたりすると、湿気が大量に発生する。
だから、床下通気口付近では何もしないのが一番。

元々、断熱材など一切入っていないこの家。
冬は死ぬほど寒いので、絶対に断熱材を入れておこうと決めていた。

断熱施工は部屋全体を囲むように断熱しないと、効果がないらしい。
これから取り掛かるの断熱施工では、どんなことに気をつければいいのか
少し勉強しておこうと思った。φ(.. )

壁体内結露(内部結露)

在来工法のこの家では、結露はほとんど起きない。
なぜなら、隙間(すきま)だらけで常に自然換気している状態だから。
その分、冬は冷気が筒抜けで部屋の中は寒くてたまらない。

湿気は高いほうから低いほうへ流れるので、冬は室内から壁内に入る。
湿気が壁内で滞(とどこお)ってせき止められたら、
湿度が上がり冷やされると水滴に変わる。(内部結露
つまり、カビが発生したり木材が腐ってしまうってこと。

こうならないためにどうしたらよいか・・・? (´・ω・`)ウーン

通気層の設置

これから壁をつくっていく過程で必要なコト、それは通気層の確保
外壁材の間に出来た空間を通気層という。
通気層は空気の通り道で、壁の中に入った湿気を外に出す役目を果たしている。

今まで断熱材の無い壁だったけど、通気層があって自然換気は出来ていた。
もし、この壁の中に断熱材を入れてしまったら通気層がなくなって
湿気が溜(た)まってしまうのではないかな・・・ ( ̄▽ ̄;)!!ヤバイ

そこで、考えたのが既存の通気層を触(さわ)らず、塞(ふさ)がないこと。
部屋の内側に枠組みを層追加して、そこに断熱材を敷き詰めていく。
部屋が少し狭くなるし手間はかかるけど、通気層を確保することはとても大事だから。

壁を開けたら天井裏が少し見える部分があって、これが通気層なんだなぁ-と思った。
ちょっとだけ大きな梁が見えて、感激した!Σ(‘◇’*)!?スゴイ大きい
天井裏って、広いし高い。
私が立てるくらいの高さがあるんじゃないかと思う。

断熱施工完成させるためには、この天井裏にも行ってみないといけない。
完全に断熱材を敷き詰めておかなければ、断熱効果が得られないカラ。
涼しい気候になったら、ちょっと怖いけど、 (゚д゚;)ムシガ・・・
行ってみよう!

窓の断熱

窓は最も断熱・気密性が悪く遮音性も低い
古い家のサッシ窓だから、当然性能は低い
二重窓にしたら少しは効果あるのかな?
実験してみたい。

空気の入れ替え(換気)

24時間換気システム義務化されていなかった頃の古い家。
この家は、空気の入り口(給気口)と出口(排気口)があって、自然換気を行っている。
台所には換気扇が設置されているので、唯一動力排気している場所。

換気扇を24時間動かしても大した電気代にならない。
→身近な電化製品の検証 その2 (*・ω・)ノ

何より快適な家の為には、パイプファンを取付ける意味がある。
あとは、窓を開けてマメに換気すること。

シックハウス症候群

塗料や接着剤・防腐剤などを使うと、人間の体に有害な見えないものが発生する。
常温で蒸発する有機化合物のこと。
なるだけ、自然素材で地球に優しいものを使いたい。
私の鼻はアレルギー持ちの敏感鼻なので、内装に使うものは有害なものを避けたい。

快適な家で過ごすと、心も体も健康になる。(☆゚∀゚)ウレシイ
カビ臭くて訪れるたびに鼻がムズムズしてくしゃみが止まらなかったこの家も、
今ではそれがなくなった。
鼻センサーがちゃんと反応してる。

いよいよ壁を作っていくけど、壁の通気層を確保して作っていこう!(*・ω・)ノ