バリアフリーを目標に、床をつくっていく

床下の作業が完了したので、次は床をつくっていく。
元々あった畳の厚みに合わせて、敷居がある。
畳の厚み=床の高さ
和室Aと同様、2重床にしていく。
理想はバリアフリー(・◇・)ゞ
段差の無い部屋にしたいんだ。。。(・∀・)
→床下の構造 その2(計画編)

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

畳の下にあった下地板は、まだ充分使えるしっかりした木材。
もちろん、再利用する。

この下地板、バラバラにならない様に、番号を振っておいた。
順番通りじゃないと、この部屋に収まらなくなるから・・・(*^・ェ・)
以前は、ただ置いているだけだった、下地板。。。
下の根太に合わせて、ちゃんと墨出ししておいた。
今回は、しっかりビス止めをする。 ← コレって地味で手間がかかるΣ(・ω・ノ)ノ

抜かりなく ビス止め終了~~~。( -д-)ノふぅっ
続いて、下地板の上に根太を設置。
根太は30mm×45mm角×部屋の長さに合わせてカット
303mmの等間隔に並べる。
→床造り その2 

ネットで調べたら、接着剤を使うって書いてあるけど・・・
私は使わない。
やり直しが効かないから。。。自信ないし・・・(; ̄Д ̄)
その分、しっかりビスで止めていく。

2部屋分、なんとか無事に済んだ~。( ̄∇ ̄) ヨシッ !
それにしても、腕がパンパン。
イタタタッ・・・ 背中つった。。。(´д`;)

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

ここらで、材料調達。。。
材料は、まとめて購入。
もちろん、配達してもらったので大助かり (o^∇^o)ノ オセワサマデス。。。
断熱材(スタイロフォームIB)と針葉樹合板。
6畳×2部屋(12畳分)なので、それぞれ12枚必要。

部屋が狭いので、
準備が整ったら、断熱材を敷き詰めてイキマス。ε=ε=(((( ・◇・)))

その2 へ続く。