素人DIY 檜フローリング貼りに夢中になる

和室B・C部屋を檜(ひのき)で埋め尽くしたい!

 

和室B・Cはどちらも6畳間で、襖(ふすま)を取り外せば敷居を挟んで合計12畳になる。

前回は下地処理が完成したところで終わっていたので、これからフローリング材を貼っていく。

→ 辛いビス止めの末、出来上がった頑丈な床

 

昔ながらの和室は、壁も 床も 天井も どんよりしていて、全体的に暗い

今時の暗い部屋が落ち着く っていうのは、オシャレでインテリアな空間だったりするから、この和室はそれとは全く違う。

なるべく明るい部屋にしたいと、フローリング材は檜(ひのき)を選んだ。

表面が白っぽい檜は、部屋を明るくしてくれるっ(ハズ。。。)

 

檜フローリング 一等 B級品 節あり

1930mm×15mm×105mm 1坪(16枚入り)

6畳二間の12畳分のうち、1畳分だけは台所で使った西南桜のフローリング材を使おうと思う。

檜は柔らかい素材なんだけど、西南桜は固くて防水性がある。

なので、ある部分に使おうと思っているんだけど・・・それは後ほど。

 

 

同じサイズのフローリングを大量にカットして準備する

 

今回も大活躍するのは、このスライド丸鋸(まるのこ)!

フローリング貼りに、スライド丸鋸があるとかなりの時間短縮が出来てしまう。

しかも、カット面がとても綺麗なので、私みたいな素人がやる場合、仕上がりにも影響が大きく出てくる。

12畳分のフローリング貼りを行う前に、或る決まったパターンで貼っていくことにした。

10畳の台所のフローリングは、乱張りで貼ってみて、次は一定のパターンで貼ろうと思っていた。

長さを決める方が、単純作業になるので仕事が捗(はかど)るから。

無駄にならないように、考えてフローリング材をカットしていく。

スライド丸鋸を使うと3枚重ねてカットできる為、長さを決めたらズレに気を付けながらどんどんカットしていく。

切れ目部分には、軽くヤスリを掛けておく。

  

 

そして、私のフローリング貼りに欠かせないミニビス

今までは、2.0×38mmサイズを使用。

今回は、 2.0×32mmサイズに変更。

サイズ変更の理由は、長いと折れやすいから。

折れてしまったら、後処理に手間がかかって時間のロスとなる。

 

中央の敷居から貼り進めて、同じパーターンで貼っていくと・・・

 

最初は調子よかったけど、だんだん足腰の疲れが・・・イテテ

風呂で使う介護用の椅子に腰かけながら、進めていくことに。

椅子を使うと、だいぶ楽(笑)

同じパターンで貼り進める。

パターンが出来てくると、なんか綺麗に見えてきた。

先が見えてくると、嬉しくなるし、やりがいもある。

まだまだ、どんどん貼り続けたい気持ちを抑(おさ)えて、ドクターSTOP~!

先はまだまだ長い。

 

つづく